FC2ブログ
2018-12-28

破戒僧の悔恨

葉つきみかんさんにささぐ

先にこちらをお読みくださいませ。
「破戒僧と一輪の菫」
http://shionnoidashiginu.blog.fc2.com/blog-entry-267.html


木漏れ日が降り注ぐ、春の日。
澄憲は邸の裏手で、菫が咲いているのを見つけた。
菫はあの女性を思い起こさせる。
澄憲は一本一本丁寧に菫を摘んだ。

「菫が満開でした。どうです? 綺麗でしょう」
澄憲が高松女院に菫の花束を差し出す。
「可憐なあなたさまに、ぴったりの花だと思いましてね」
澄憲が少年のような顔をして、屈託なく笑う。
「まあ、そんな小さい花を持ってきて。花といえば桜か牡丹でしょうに」
側近の女房である丹波が口を挟む。
「おやめなさい」
女院がとがめる。
「私のためにとってきてくれたのですね。うれしい」
目に涙をためて女院は呟く。
澄憲は満面で笑みを浮かべた。
(こんな花で喜ぶのか。随分とちょろいものだなあ)
内心ではこう思っていたのだが。
女院を落とすからには、螺鈿細工の筥や、金銀の扇が必要にもなるかもしれないと覚悟していたが、どうもそうではないらしい。
澄憲は拍子抜けしていた。
それでも気を取り直して、こんなことを言う。
「菫の根の方には甘い蜜が隠れているのですよ。なめてみてください」
「こうですか?」
女院が菫の根を吸い始める。
「そうです、そうです」
澄憲も女院と同じように花の蜜を吸い始める。
「甘いですね」
澄憲が熱っぽい目で女院を見つめる。
「まるであなたのようだ」
「まあ、そんな」
女院は視線を斜めに落とした。
照れているようだ。
澄憲が女院の頬に手をやる。
唇をなぞった後で指を口の中に差し入れる。
女院は指を甘噛みして、ささやかな抵抗をする。
二人は見つめ合い、やがて女院は前方に崩れ落ちた。
澄憲がその身をかき抱く。
丹波は澄憲の大胆さに呆れながらも、他の女房たちに下がるように指示した。
(女院さまが幸せならば、私は何も言えない)
丹波の胸中は複雑だった。
僧でありながら妻妾のたくさんいる澄憲が、女院に本気だとはとても思えなかったのだ。
(でも、偽りの心であってもそれで女院さまが幸せを感じることが出来るのなら、それでいいのかもしれない
今までが不幸すぎたのだもの)

高松女院は帝の中宮でありながら、夫である二条天皇にほとんど顧みられることのなかった女性であった。
二条天皇にしてみれば、敵意を抱いていた二代前の帝・近衛天皇の妹である高松女院には、どうしても愛情が向かなかったのかもしれない。
だが、だからといって前の天皇の后を再入内までさせて自分のそばに置くというのは、酷であろう。
しかもその天皇が他でもない近衛天皇、ともなれば、女院が煩悶するのも無理はない。
丹波は女院の側にありながら、何も出来ない自分が歯がゆかった。
そこに現れたのが女院の護持僧である澄憲だった。
いけ好かない男ではあるが、説法には目を見張るものがある。
女の扱いにも。
丹波は二人のことを黙認していたが、澄憲と女院の逢引きを止めるべきだったのでは、と後悔することもあった。
(露見することがないといいのだけれど。いいえ、私が露見させないわ)
丹波は一人気を引き締めるのだった。

二人の間は露見することはなかった。
いや、事実を言えば、露見する前に終わった。
二人の関係が絶えたのではない。
高松女院が亡くなったのだ。

女院は澄憲との間の二人目の子を身ごもっていたが、病をえて床についていた。
澄憲は女院の死に立ち会った。
しどろもどろしている澄憲を丹波が叱責し、立ち会わせた。
女院の死に様は、澄憲の魂を揺すぶった。
澄憲は女を「個」としてみない男だった。
女を等しく愛するが、その実誰も愛していないような、女の目に映った自分を愛するような、そんな男だった。
それを、女院が変えた。
自らの死と引き換えにして。

澄憲は女院との約束を守り、女院との間に生まれた子を寺で拾ったと偽って自分のそばに置いた。
海恵と名付けたその子供が物心つく頃に、隠し通すのが辛くなり、自分は本当の父親だ、と打ち明けた。
海恵は屈託のない顔で、「そうだと思っていました」と澄憲に笑いかけた。
口元に、高松女院の面影があった。
澄憲は涙した。
その日以来、二人きりのときだけは澄憲と海恵は親子でいることが出来た。

「父上。私の母上は、どんな人だったのですか?」
海恵が尋ねる。
「可憐で、愛らしくて、とても純粋なひとだった」
「じゅんすい?」
「お前にはまだ難しいか。そうだな、菫の花に感動できるひと、のことかな」
澄憲は菫の花束を持って行ったことを思いだしていた。
(僧侶であった私より、あの御方の方がよっぽど真摯に生きていた。あのひとは、真水のような純粋な魂の持ち主だった。私のような濁り水が合わさってしまって誠に申し訳が立たない)
澄憲の頬に、水が一滴流れた。
それを海恵が小さな手で拭おうとする。
それが愛らしくて、澄憲はまた涙を流す。
(いつか償えるだろうか。邪な気持ちであの御方に接してしまったことを。
いつか許せるだろうか。あの御方を救った気持ちになっていた、浅はかな自分を)
「父上?」
海恵が心配そうに澄憲を見ていた。
「ごめんよ。なんでもないんだ」
(それでも、今はこの小さな存在を守り、慈しみ育てることが、私の役目なのだ。償いや謝罪は、後回しだ。たとえそれに何年、何十年かかろうとも、私はあきらめない)

日が陰ろうという頃、粗末な寺の裏手に二つの小さな影があった。
その影は寄り添うように重なって一つになり、やがて消えた。
夜は全てを隠してくれる。
男の思い出も、涙も、子の苦しみも。
スポンサーサイト
2018-12-04

ウェディングレポート

十月某日、結婚式を執り行いました。

平安好きとしては、挙式は神前式、というのは譲れませんでした(笑)。
雅楽の生演奏もありました。
厳かすぎて緊張しましたよ~。


こちらは庭園での前撮りです。


着物が重かった!
刺繍がとても素敵でこちらの衣装にしたのですが、転ばないかずっとひやひやしてました。

こちらも前撮り。




会場コーディネートにもこだわりました。
ピンクと白を基調にして、でも子供っぽいカンジではなくて大人可愛く、みたいに言ったり。
テーブルにはマカロンやドラジェなどの小さなお菓子や、アンティークの写真たてを飾って、とか。
お花はガーベラやトルコキキョウが好きなので、それを濃淡のついたピンクでまとめてもらいました。

高砂。




各テーブルにはこのフォトフレームの他に小さなボックスを重ねたのを置いてもらったりもしました。


演出の一つとして、餅つきを行いました。
ゲストの方たちにもついてもらって、盛り上がりました。
楽しんでいただけたみたいで嬉しかったです。


ケーキカット。
私も夫も本が好きなので、ブック型です。


キャンドルサービスで使用したキャンドル。


当日使ったブーケ。
会場の装花がピンク系なので、オレンジ系でお願いしました。


二次会は白いワンピースを着ました。
こちらは控室にて。



準備にあんなに時間がかかったのに、終わるのはあっという間でした。
でも楽しかった!
両親にも喜んでもらえたし、結婚式を挙げてよかったです(*^^*)
2018-11-16

本元(ほんもと)長谷雄草子

ツイッターの紀長谷雄さんにささぐ

平安時代初期。
ある日の朱雀門の一角。

「長谷雄ー」
大江千里は紀長谷雄の姿をみとめると、手をぶんぶん振り回す動作をした。
ここにいるぞ、ということであろう。
「そんなに大仰にしなくてもわかるよ。恥ずかしいな」
長谷雄は困り顔だ。
「そんなこと言ったって、君は本を読みながら歩くから、私に気づかないことも多いじゃないか」
「今日は読んでないだろ」
「それもそうか。ついいつものくせで」
千里は頭をかいた。
「やれやれ」
長谷雄は小さくため息をつく。
「しっ」
千里が口元で人差し指を立てて囁く。
「なんだ?」
「また来てるぞ」
千里の視線の先には、門の柱の下で佇む女の姿があった。
「誰かを待っているのかな」
千里が小声で話す。
「こんな早朝にいつもいるなんて、幽霊なんじゃないのか」
長谷雄の返事はつれない。
「そうかな。確かに幽霊みたいに肌は白いけれど。綺麗な人だよな」
「そうか?」
長谷雄がそっと目を凝らすと、女はかすかにほほ笑んだ、かのように見えた。
「あれ、私に微笑みかけてくれたのかな」
千里の声は弾んでいる。
「気のせいだろ?」
長谷雄は動揺を隠しながら、努めて冷静に言う。
「いや、あれは絶対私に微笑みかけてくれたんだって」
「いやいや、お前の勘違いだよ」
「なにをーー? はっ、さては君もあの女の人のことが気になるんだな」
「そっ、そそんなことないよ」
「狼狽してるーー」
千里がにやつく。
「よし、なら勝負をしないか。勝負に勝った方があの女性をものにする権利が与えられる」
「勝負?」
千里の思わぬ発言に、長谷雄が聞き返す。
「あの女性に話しかけるのを、何日我慢できるか、だ」
「そんなことしたら、二人していつまでも話しかけられないじゃないか」
「上限を設定するんだよ。そうだな、百日間にしよう。百日二人とも我慢出来たら、そのときは今度の試験の結果で勝敗を決めるんだ」
「なるほど。それはいいかもしれないな」
長谷雄がうなずく。
「さて、もうこんな時間だ。朝日が昇ろうとしてしまっている。走るよ」
「お、おう」
二人は駆け始めた。

長谷雄と千里は文章生である。
家が近いこともあり、毎朝一緒に大学寮に通っていた。
朱雀門は、その途中にある門であった。

長谷雄はその日、朝の女のことをずっと考えていた。
(あれは絶対に私に微笑みかけてくれたんだ。
きっとあの女性は私に気があるんだ。
艶やかな黒髪の、美しい女性だった。
なぜ、あんなところに毎日立っているんだろう)
長谷尾は悶々とした。
それは一か月、二か月が過ぎても変わらなかった。
そしてとうとう二か月半ほど、八十日が過ぎて長谷雄は女に話しかけた。
我慢が出来なくなったのだ。
「どうして、こんなところに佇んでいるのですか?」
「人を、探しているのです」
「人を? どんな人です?」
「優しくて、頼りがいがありそうで、上背(うわぜい)の高い、そうあなたさまのような」
そう言って女は上目遣いで長谷雄を見た。
そしてそのままにっこりと微笑んだ。
まだ若い長谷雄は気恥ずかしくなってしまい、顔をそむける。
「そんな人は、どこにでもいます」
「そうかもしれません。でも私に話しかけてくれたのは、あなただけです」
一瞬千里の顔が頭をよぎった。
今日は早くに行くから、と昨日伝えておいた。
「ここではなんですから、私の家へ行きませんか?」
「えっ……」
「おいしい唐菓子があるのです。ねっ?」
長谷雄は大学寮のことも忘れて女についていった。

女に案内されて着いたのは、あばら家だった。
家は傾いていて、庭は荒れ放題である。
あばら家の中に入ると、長谷雄は女を抱き寄せ、押し倒した。
「あら、私そんなつもりじゃ……」
女はそう言いかけたが、長谷雄の耳には入ってこなかった。
長谷雄は夢のようだ、と思った。

長谷雄はしばらくのあいだ女のもとに足しげく通っていたが、次第に足が遠のき始めた。
女体に溺れていたのが冷めてきた、というのもあるが、女が結婚の話を持ち出すようにもなってきたのだ。
「私は文章生の身。結婚なんてとても」
と言っても女は聞かない。
はじめはそれとなくだったが、この頃でははっきりと口に出して言うようになってきた。
長谷雄は次第にうっとうしくなってしまい、女のもとに通うのをやめた。

しばらくしてから、長谷雄は千里に怒られた。
どこからか、女と長谷雄のことを聞いたらしい。
「悪かったよ」
「勝負に負けたのに、褒美だけもらうような真似をして。ずるいにもほどがあるぞ」
千里は眉をつり上げている。
「悪かったって。しかしあれだな。抱く前はこんなに尊い女はいない、と思えたのに、抱いてしまったらそんな思いは徐々に薄れていってしまった。生身の女ってのは、そんなもんなのかな。なんだか空しいよ」
「百日間我慢すれば、また違ったんじゃないか? 神聖な気持ちをずっと保つことが出来たかもしれんよ」
「そこまで計算していたのか?」
「まさか! 区切りの良い数字だから百日と言っただけだよ」
「そうだよな」
長谷雄が笑った。


数年後。
長谷雄は同年ながら素晴らしい才を持つ菅原道真の門下に入り、学問を究めていた。
和歌に精を出すようになった千里とは、次第に疎遠になった。

ある日、長谷雄は師匠の道真にこの一件を話した。
「それは良い体験をしましたね」
「良い体験?」
「そうです。人生経験に勝る学問の材料はありません」
「そうですか。そういう考え方もありますね」
「朱雀門の下に佇んでいた女性は、きっとお金に困っていたのでしょう。自分を養ってくれる人間を探していた」
「それならもっとお金のありそうな人間を探せばよいのに」
「お金のある人間というのは、たいてい用心深いですからね。それなら世間知らずの君のような文章生の方が都合が良いと考えたのでしょう」
「そうだったのですか」
「今まで気づかなかったのですか?」
道真は少し笑って言う。
「はい、恥ずかしながら」
「あなたはまだまだですね」
そのとき、勝手口の方から声がした。
「あなた、お話はそれぐらいにして手伝って下さい」
道真の北の方の宣来子だ。
「はいはい」
道真が立ち上がり始める。
「あれは私の師の娘でね、それもあってどうにも頭が上がらないのですよ。でも意外と楽ですよ。女の尻に敷かれるというのも。あなたも枯れそうな大輪の花よりも、力強く咲く野花を。非日常よりもありふれた毎日を提供してくれる、堅実な妻を娶りなさい。それがきっと、あなたの学問の援け(たすけ)ともなる」
「はい、わかりました」
長谷雄は道真の邸を後にした。

数か月後、長谷雄は正妻を娶った。

また長谷雄は後年、この若い頃の体験から長谷雄草子のもととなる物語を作成したという。


*****

長谷雄草子の内容は、ご自分で調べてくださいませ♪
面白いお話ですよ(^_^)

長谷雄の相方?役は大江千里さんでなくてもよかったのですが、この時代の人の名前が上手くつけられなくて名前をお借りしました。千里さんの生没年が不詳なのをいいことに(^^;)
2018-09-14

「背越しの君」

やっちさんにささぐ

蝉の鳴く音が絶え、夏が終わろういう頃。
飛鳥の都の一角で、こんな会話が聞かれた。

「私は筑紫太宰に下る」
自邸に帰って来た美努王(みぬおう)は、唐突に宣言した。
「あなた、本気なのですの?」
妻の三千代(みちよ)が心配そうに尋ねる。
「当たり前だ。私は今の朝廷のやり方にはついていけない。筑紫太宰に下れというのも、ようは左遷であろう」
「そうは言っても……」
「なに、心配することはない。そなたは後から子供たちを連れて私のもとに来てくれればいい。それまでの間、私は十分な仕送りをする」
「……はい」
(十分な仕送り、ね。邸の出納帳すら見ようとしないこの人に、その費用がはたして賄えるのかしら。今だって私が何とか切り盛りして家計をまわしているというのに。周囲の人たちからは『皇親政治の雄』などと祭りあげられているけれど、なんだか危なっかしいわ。私には、この人の門地の高さと人の良さに人々が付け入っているように思えてならない)
「どうしたんだ。黙り込んで」
「いいえ、なんでもありませんわ」
三千代は首をふって偽りの笑みを浮かべた。
「寂しい思いをさせるね」
美努王が三千代を抱き寄せる。
(本当に優しい人だけれど、それだけ、という気もしているわ)
三千代は呆れたような、疲れたような表情をしているが、美努王からは見えない。

美努王は敏達天皇の後裔で、皇族が中心となって政治を執り行うべきだ、という皇親派の中心人物であった。
そのため、律令を定めて君臣一体となって朝政を取り仕切ろうという考えには反対していた。
後宮で働く三千代には、それが時代遅れの考えに思えてならない。
(皇族である鵜野皇后(持統天皇)その人が律令を定めて君臣合体の政治を目指しているというのに。もどかしいったらありゃしない)
三千代は豪族の出身で、少女の頃に朝廷に出仕し、そこで美努王に見初められた。
皇族の妻が出仕するなどもってのほか、という美努王をなだめすかして、結婚後も朝廷に仕えている。
(高貴な人の妻、というのが私には性に合わないのかもしれない)
三千代はそんな思いを抱きつつも、どうすることも出来ずにいた。

美努王の、「こちらへ来てほしい」という催促の手紙を月に何度も受け取っていた頃、三千代にはある出会いがあった。
「ほう、あなたが三千代殿ですか」
偉丈夫の男は意味ありげな視線を三千代に送る。
「それが、なにか?」
(変な人。官人は私をだいたい『美努王の細君』とでも呼ぶのに。でも、そう呼ばれるのはいやじゃないわ。誰かの妻という肩書ではなく、私自身を見てもらっている気がするからかしら)
「いえ、噂で想像していたよりも、ずっと美しい人だと思いましてね」
そう言って男は少し照れたような表情をする。
三千代の方もまんざらでもない。
「噂、とは?」
「阿閉皇女(元明天皇)に仕えている美努王の妻は、なかなかのやり手だと。我が物顔で後宮を取り仕切っている、どうも可愛げがない、というものですよ」
「あら、失礼な方ね」
「失礼なのは噂の主ですよ」
「それをそのまま本人に伝えるのもどうかと思うわ」
「これは失礼。あなたにどうしても私の味方になってほしいと思ったものですから」
「味方? あなたは何を企んでいるの?」
「企みとは、また失礼な」
「それはお互い様だわ」
男の手が三千代の肩にまわる。
三千代もまたほんの少しだけ男に近づく。
二人は言葉を交わすうちにどんどん近づいて行った。
「ねえ、あなたの企みを聞かせて」
「いいでしょう。あなたが、私を受け入れてくれるなら」
そう言って男は三千代を抱き寄せた。
「いいわ」
三千代が男の頭をなでる。
どちらからというでもなく、二人はくちづけを交わした。
「名前を、教えていませんでしたね」
顔を離した男が、三千代の耳元で囁く。
「私の名は……」
男を制して三千代が口を開く。
「藤原不比等さま、でしょう」
「そうです」
不比等は涼しい顔をしていた。
「なぜ私だと?」
「ここ後宮でこんな不埒な真似の出来る方を、私は他に知りません」
「また失礼な」
三千代はくすくす笑いながら、再度不比等の背に腕を回す。
「ねえ、あなたの野望を聞かせて?」
「いいでしょう。でも、ここではとても、ね」
不比等は辺りを見回した。
二人のようすにくぎ付けになっていた官女たちは、慌てて目をそらした。
三千代と不比等は、そろって笑い声をあげた。

不比等と三千代の関係は、一気に広まった。
その声は、三千代からの離縁してほしいという便りより早く美努王に届いたという。


*****
リクエストは藤原不比等でしたが、他者から見た「不比等」が書きたくて三千代目線になりました~。
奈良時代、難しかったですー(>_<)
2018-09-07

左大臣家のお家事情

薑さんに捧ぐ

「源氏物語」より


その日左大臣は正妻腹の子供たちと邸で談笑していた。
そこに左大臣の北の方がやってくる。
「あなた、少しお話が」
「なんだい? 上。話ならここでも」
「いえ、ここではちょっと……」
北の方は子供たちの方に目をやる。
「わかった。そちらへ行こう」
二人は邸の一角の局に入った。
「それで、話というのは?」
「兄のことなのですの」
「兄。桐壺帝がどうかしたのか?」
北の方は今上帝の妹で、左大臣に臣籍降嫁した内親王だった。
「兄が先年一介の更衣になみなみならぬ愛情を注いでいたのは、あなたも覚えているでしょう」
「もちろん。周囲の人間が頭を悩ませていたからね。あなたも含めて」
「そうなのですの。その兄が、今あることで頭を抱えているのですの」
「あること、とは?」
「その更衣の生んだ皇子、光君の添い臥(そいぶし)の姫のことですわ」
「添い臥? 光君に添い臥の姫をやりたいと考えている者なら、いくらでもいそうじゃないか。帝に取り入る絶好の機会なのだから」
「それが……。兄は添い臥の姫を差し出してくれた公卿に、光君の後見も頼みたいと、そういう心づもりなのですの」
「帝がそう言ったのかい?」
「いえ、直接言われたわけではなくて。なんというか、遠回しに」
「あの御方は少し面倒くさいところがあるからなあ。と、これは口が滑った」
「いいのですよ。ここには私とあなたしかおりませんし」
「そうは言っても、私とあなたの間には葵しか娘はいないからなあ。葵は将来の帝の后に、と考えているから、私には他の者を推挙するぐらいしか出来そうもない」
「あなた、そんなこと仰らずに。葵には私からも言って聞かせますから」
「ううむ、そうは言っても……」
「お願いします」
北の方が床に指をつき始めた。
「あなたが、そこまで言うのなら」
左大臣は宮家から娶った北の方には弱いところがあった。

後日、娘の葵にこのことを伝えた。
「そなたを、今上帝の第二皇子の光君にやろうと思う」
言われた葵の上は、きょとんとした顔をしている。
(無理もない。この子には、物心ついたころから、そなたを帝の后にするのが私の夢だ、と語っていたのだから)
左大臣は少し気まずい思いをしながらも、一気にまくしたてる。
「光君は帝の秘蔵っ子でね。とても父宮に可愛がられているんだ。容姿端麗で、頭もよく、管絃の道にも優れているときている。夫君としては申し分のない御方だ。宮中は光君の噂で持ち切りだ」
「でも、その方が天皇になる望みは薄いのでしょう?」
「うぐ。いや、そうとも言い切れない。何かが起これば……」
「何かなんて、起こってほしくないわ。お父様が巻き込まれないはずがないもの」
(我が娘ながら、頭のいい子だ)
「ねえ、どうして東宮のもとではだめなの? 私は帝の后になるのではなかったの?」
「それが、今上帝のたっての頼みなのだ。ここで恩を売っておけば、我が家の繁栄は間違いなしだ」
半分やけになって左大臣は言ってのけた。
「お父様は私が妃になって皇子を生むより、お兄様が出世する方に賭けたのね」
「いや、それはその……」
左大臣はたじろぐ。
「それはそうよね。皇子を生めるかもわからない女の身の私より、自身の才覚で道を切り開ける男の身のお兄さまに賭けるほうが、ずっと安心よね。わかりました。私は光君の妻になります。でも、それならそれで私にも考えがありますので」
そう言って葵は目の前の簾を下ろした。
(我が子ながら、なんて気が強いんだ。こんなようすではこの先が心配だ)
その後、葵の母親でである北の方が宥めすかしても、葵の機嫌は治らなかった。


また数日後。
左大臣は今上帝に、正妻腹の娘を光君に差し上げたいと内々に申し上げた。
桐壺の帝が返事をする。
「お前にその気があるのなら、考えないこともないよ」
(立派な帝ではあるけれど、こういうところは本当に面倒くさいなあ。こっちは娘に何とか云って聞かせて、ようやっと手はずを整えたのに。やれやれ)
帝は左大臣の胸の内を読み取ろうとはせず、ただただ喜んでいた。

この左大臣の「願い出」は、左大臣家に途方もない繁栄をもたらすのだが、それはまだ先のはなし。


*****
リクエストは「源氏物語の左大臣家とか光源氏と葵の上とかその辺をお願いしたいです!」とのことでした。

ちょっと現代ナイズさせすぎちゃいました。葵上。
でも、要はそう言うことなのかなあともいます。
左大臣の思惑。
娘の葵上に完全に読まれてましたね(^^;)

続きっぽい終わり方にしましたが、特に続きません(笑)!
プロフィール

ゆきめ

Author:ゆきめ
ブログタイトル:しおんのいだしぎぬ。

日々のこと、趣味について語りたいと思います。
心理学、西洋占星術、歴史(主に院政期)など。
よろしければおつきあいくださいませ☆

2012年11月6日ウェブリブログから移行しました。記事の上にある参照数とブログ気持ち玉はウェブリブログのときのものをそのまま載せたものです。

公募小説の投稿などは「遠野紗雪」という名前を使っています。
note、「小説家になろう」サイトにも投稿しています。

このブログ内の文章の無断転載等はおやめ下さい。

コメント本文にURLを記載したい場合は、URLかメールアドレスのところにでも張って、その旨をお書きください(スパムコメント防止のため)。
お手数おかけしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター