FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-09-14

「背越しの君」

やっちさんにささぐ

蝉の鳴く音が絶え、夏が終わろういう頃。
飛鳥の都の一角で、こんな会話が聞かれた。

「私は筑紫太宰に下る」
自邸に帰って来た美努王(みぬおう)は、唐突に宣言した。
「あなた、本気なのですの?」
妻の三千代(みちよ)が心配そうに尋ねる。
「当たり前だ。私は今の朝廷のやり方にはついていけない。筑紫太宰に下れというのも、ようは左遷であろう」
「そうは言っても……」
「なに、心配することはない。そなたは後から子供たちを連れて私のもとに来てくれればいい。それまでの間、私は十分な仕送りをする」
「……はい」
(十分な仕送り、ね。邸の出納帳すら見ようとしないこの人に、その費用がはたして賄えるのかしら。今だって私が何とか切り盛りして家計をまわしているというのに。周囲の人たちからは『皇親政治の雄』などと祭りあげられているけれど、なんだか危なっかしいわ。私には、この人の門地の高さと人の良さに人々が付け入っているように思えてならない)
「どうしたんだ。黙り込んで」
「いいえ、なんでもありませんわ」
三千代は首をふって偽りの笑みを浮かべた。
「寂しい思いをさせるね」
美努王が三千代を抱き寄せる。
(本当に優しい人だけれど、それだけ、という気もしているわ)
三千代は呆れたような、疲れたような表情をしているが、美努王からは見えない。

美努王は敏達天皇の後裔で、皇族が中心となって政治を執り行うべきだ、という皇親派の中心人物であった。
そのため、律令を定めて君臣一体となって朝政を取り仕切ろうという考えには反対していた。
後宮で働く三千代には、それが時代遅れの考えに思えてならない。
(皇族である鵜野皇后(持統天皇)その人が律令を定めて君臣合体の政治を目指しているというのに。もどかしいったらありゃしない)
三千代は豪族の出身で、少女の頃に朝廷に出仕し、そこで美努王に見初められた。
皇族の妻が出仕するなどもってのほか、という美努王をなだめすかして、結婚後も朝廷に仕えている。
(高貴な人の妻、というのが私には性に合わないのかもしれない)
三千代はそんな思いを抱きつつも、どうすることも出来ずにいた。

美努王の、「こちらへ来てほしい」という催促の手紙を月に何度も受け取っていた頃、三千代にはある出会いがあった。
「ほう、あなたが三千代殿ですか」
偉丈夫の男は意味ありげな視線を三千代に送る。
「それが、なにか?」
(変な人。官人は私をだいたい『美努王の細君』とでも呼ぶのに。でも、そう呼ばれるのはいやじゃないわ。誰かの妻という肩書ではなく、私自身を見てもらっている気がするからかしら)
「いえ、噂で想像していたよりも、ずっと美しい人だと思いましてね」
そう言って男は少し照れたような表情をする。
三千代の方もまんざらでもない。
「噂、とは?」
「阿閉皇女(元明天皇)に仕えている美努王の妻は、なかなかのやり手だと。我が物顔で後宮を取り仕切っている、どうも可愛げがない、というものですよ」
「あら、失礼な方ね」
「失礼なのは噂の主ですよ」
「それをそのまま本人に伝えるのもどうかと思うわ」
「これは失礼。あなたにどうしても私の味方になってほしいと思ったものですから」
「味方? あなたは何を企んでいるの?」
「企みとは、また失礼な」
「それはお互い様だわ」
男の手が三千代の肩にまわる。
三千代もまたほんの少しだけ男に近づく。
二人は言葉を交わすうちにどんどん近づいて行った。
「ねえ、あなたの企みを聞かせて」
「いいでしょう。あなたが、私を受け入れてくれるなら」
そう言って男は三千代を抱き寄せた。
「いいわ」
三千代が男の頭をなでる。
どちらからというでもなく、二人はくちづけを交わした。
「名前を、教えていませんでしたね」
顔を離した男が、三千代の耳元で囁く。
「私の名は……」
男を制して三千代が口を開く。
「藤原不比等さま、でしょう」
「そうです」
不比等は涼しい顔をしていた。
「なぜ私だと?」
「ここ後宮でこんな不埒な真似の出来る方を、私は他に知りません」
「また失礼な」
三千代はくすくす笑いながら、再度不比等の背に腕を回す。
「ねえ、あなたの野望を聞かせて?」
「いいでしょう。でも、ここではとても、ね」
不比等は辺りを見回した。
二人のようすにくぎ付けになっていた官女たちは、慌てて目をそらした。
三千代と不比等は、そろって笑い声をあげた。

不比等と三千代の関係は、一気に広まった。
その声は、三千代からの離縁してほしいという便りより早く美努王に届いたという。


*****
リクエストは藤原不比等でしたが、他者から見た「不比等」が書きたくて三千代目線になりました~。
奈良時代、難しかったですー(>_<)
スポンサーサイト
2018-09-07

左大臣家のお家事情

薑さんに捧ぐ

「源氏物語」より


その日左大臣は正妻腹の子供たちと邸で談笑していた。
そこに左大臣の北の方がやってくる。
「あなた、少しお話が」
「なんだい? 上。話ならここでも」
「いえ、ここではちょっと……」
北の方は子供たちの方に目をやる。
「わかった。そちらへ行こう」
二人は邸の一角の局に入った。
「それで、話というのは?」
「兄のことなのですの」
「兄。桐壺帝がどうかしたのか?」
北の方は今上帝の妹で、左大臣に臣籍降嫁した内親王だった。
「兄が先年一介の更衣になみなみならぬ愛情を注いでいたのは、あなたも覚えているでしょう」
「もちろん。周囲の人間が頭を悩ませていたからね。あなたも含めて」
「そうなのですの。その兄が、今あることで頭を抱えているのですの」
「あること、とは?」
「その更衣の生んだ皇子、光君の添い臥(そいぶし)の姫のことですわ」
「添い臥? 光君に添い臥の姫をやりたいと考えている者なら、いくらでもいそうじゃないか。帝に取り入る絶好の機会なのだから」
「それが……。兄は添い臥の姫を差し出してくれた公卿に、光君の後見も頼みたいと、そういう心づもりなのですの」
「帝がそう言ったのかい?」
「いえ、直接言われたわけではなくて。なんというか、遠回しに」
「あの御方は少し面倒くさいところがあるからなあ。と、これは口が滑った」
「いいのですよ。ここには私とあなたしかおりませんし」
「そうは言っても、私とあなたの間には葵しか娘はいないからなあ。葵は将来の帝の后に、と考えているから、私には他の者を推挙するぐらいしか出来そうもない」
「あなた、そんなこと仰らずに。葵には私からも言って聞かせますから」
「ううむ、そうは言っても……」
「お願いします」
北の方が床に指をつき始めた。
「あなたが、そこまで言うのなら」
左大臣は宮家から娶った北の方には弱いところがあった。

後日、娘の葵にこのことを伝えた。
「そなたを、今上帝の第二皇子の光君にやろうと思う」
言われた葵の上は、きょとんとした顔をしている。
(無理もない。この子には、物心ついたころから、そなたを帝の后にするのが私の夢だ、と語っていたのだから)
左大臣は少し気まずい思いをしながらも、一気にまくしたてる。
「光君は帝の秘蔵っ子でね。とても父宮に可愛がられているんだ。容姿端麗で、頭もよく、管絃の道にも優れているときている。夫君としては申し分のない御方だ。宮中は光君の噂で持ち切りだ」
「でも、その方が天皇になる望みは薄いのでしょう?」
「うぐ。いや、そうとも言い切れない。何かが起これば……」
「何かなんて、起こってほしくないわ。お父様が巻き込まれないはずがないもの」
(我が娘ながら、頭のいい子だ)
「ねえ、どうして東宮のもとではだめなの? 私は帝の后になるのではなかったの?」
「それが、今上帝のたっての頼みなのだ。ここで恩を売っておけば、我が家の繁栄は間違いなしだ」
半分やけになって左大臣は言ってのけた。
「お父様は私が妃になって皇子を生むより、お兄様が出世する方に賭けたのね」
「いや、それはその……」
左大臣はたじろぐ。
「それはそうよね。皇子を生めるかもわからない女の身の私より、自身の才覚で道を切り開ける男の身のお兄さまに賭けるほうが、ずっと安心よね。わかりました。私は光君の妻になります。でも、それならそれで私にも考えがありますので」
そう言って葵は目の前の簾を下ろした。
(我が子ながら、なんて気が強いんだ。こんなようすではこの先が心配だ)
その後、葵の母親でである北の方が宥めすかしても、葵の機嫌は治らなかった。


また数日後。
左大臣は今上帝に、正妻腹の娘を光君に差し上げたいと内々に申し上げた。
桐壺の帝が返事をする。
「お前にその気があるのなら、考えないこともないよ」
(立派な帝ではあるけれど、こういうところは本当に面倒くさいなあ。こっちは娘に何とか云って聞かせて、ようやっと手はずを整えたのに。やれやれ)
帝は左大臣の胸の内を読み取ろうとはせず、ただただ喜んでいた。

この左大臣の「願い出」は、左大臣家に途方もない繁栄をもたらすのだが、それはまだ先のはなし。


*****
リクエストは「源氏物語の左大臣家とか光源氏と葵の上とかその辺をお願いしたいです!」とのことでした。

ちょっと現代ナイズさせすぎちゃいました。葵上。
でも、要はそう言うことなのかなあともいます。
左大臣の思惑。
娘の葵上に完全に読まれてましたね(^^;)

続きっぽい終わり方にしましたが、特に続きません(笑)!
2018-07-26

「行成と敦康」

咲耶子さんに捧ぐ

寛仁元年(1017年)八月――。

「敦明親王が、東宮を辞退するらしいな」
「もう、お耳に入られていましたか」
「当たり前だろう」
式部卿宮(しきぶきょうのみや)敦康親王の声は朗々としていて、澱みがない。
けれどそこに浮かれた調子は一切なかった。
いついかなるときも冷静さを失わない、宮さまらしい。
行成の思案を、敦康親王は見透かしていたようである。
「私が浮かれているとでも思ったか?」
そこには戯言、のような響きがあった。
決して「詰問」ではなかった。
それが行成には堪える。
「いえ、そんなことは。全くもって、ありません」
冷や汗をかきながらも、行成は返答する。
「邸の人間は、気もそぞろだ。私が次の東宮になるのではないか、と浮かれている者も多い。そんなこと、あるはずがないのにな」
(宮さまは、わかっておられる。何もかも。居てもたってもいられず、駆けつけてしまったが、私はいったい何をしに来たのだろう)
「そなたがここに来た理由はわかっている。私がおかしな真似をしないか、偵察しに来たのだろう」
「いえ、そんなつもりでこちらに参上したわけではありません」
「そうか?」
「わたしはただ、宮さまのことが心配で……」
「心配、か。それは果たして『私の』心配なのかな。中納言殿」
朝廷の、いや道長の犬だということを強調したいのだろうか。
敦康親王は言(こと)の葉(は)の最後に「中納言殿」をつけた。
敦康親王が行成の目をじっと見つめる。
行成は、目を逸らさない。
自分の誠意を示すために。
その思いが通じたのだろうか。
「家司殿。意地悪を言って悪かった。少し気が立っていたのだ」
敦康親王の表情が和らいだものになる。
行成はほっとする。
「気が立ってしまわれるのも無理はありません。口さがない輩もたくさんいることですし」
「本当にそうなのだ。あることないこと触れまわる者ばかりで、な」
敦康親王が衣装の首元をゆるめてくつろぎ始める。
「家司殿は、よくやってくれているよ。いつも感謝している」
「御言葉勿体(もったい)のうございます」
行成は深々と礼をする。
「つい、甘えてしまうんだな。私の悪い癖だ」
「そんな……。悪い癖だなんて。私は嬉しいですよ。宮さまのような立派な方に頼りにされて」
「いやいや、そんなことはない。私は周囲の人間に甘えてばかり。家司殿にも、養母上にも。それに……」
敦康親王は何かを言いかけてやめた。
行成は「道長殿」と言いかけたのだろう、と思った。
「世の中にはもっと甘えておられる方がたくさんいます。そう、例えば……」
「敦明親王、か」
行成は言葉に詰まった。
敦康親王の表情は真顔に戻っている。
「あの御方は、どうしていつもああなのだろうな。せっかく父帝(三条天皇)が帝位への道すじを用意したというのに、それをご自分で放棄されて。周囲の人間の配慮も、気にも留めない。ご自由なことで、全く羨ましいよ」
「はい……」
「家司殿」
「なんでしょうか?」
「そなたはいつか言っていたな。敦明親王の御顔を拝謁したとき、そこに竜顔はなかった、と」
「そんなこと、申しましたでしょうか……」
行成の声がか細いものになる。
「そなたに聞きたい。私の顔には、竜顔が見えるか?」
行成は言葉に詰まった。
なんと声をかけてよいのかわからない。
行成は沈黙するばかりだった。
「私には、人相を見る力はありませんので」
絞り出すようにそう言って、行成はこの場を去ろうとした。
「そうか……。困らせるようなことを言って悪かった」
(あなたさまは父天皇に似て、竜顔の相をお持ちです。それが帝位につけないのは、周囲の人間の不徳の致すところ。
そう言えたなら、どんなにいいだろう。
だがそれを言って、なんになる。
その場しのぎのなぐさめの言葉をかけて、同情をして、それで宮さまは何を得るというのだ)
行成は狡さを持ち合わせてはいなかった。
それは敦康親王も同じだった。
そんな二人だからここまでやってこれたこともあるし、やってこれなかったこともあった。

このやりとりから約二年後、敦康親王はこの世を去った。
世人は才にあふれ、人徳があり、その上謙虚でもあったこの不遇の皇子の死を悼んだ。


行成の胸には、この日のことが去来したかもしれない。


*****
リクエストは四納言だったのですが、学術文庫の「権記」のあとがきを読んでいたらこのお話が書きたくなって書きました。
「敦明の皇太子辞退に際して、行成は何度も敦康の許を訪れているが、これは何を相談するために行ったのであろうか」という一文です。
ちょっと急ごしらえで作ったので、書き込み不足ですね。
説明不足でわかりにくいかもしれません。
すみません。
歴史を知っている人向け、かな。
2018-07-15

今鏡マンスリー「藤原師長」

年下の兄は、出来た人だった。

ーーなぜ兄なのに年下なのか。
それは兄が、嫡子だったためだ。
兄兼長は、父の第二の妻とでもいうべき女(ひと)の腹から生まれた。
父親の身分も権中納言だ。
だからであろう。
父は兄を正妻に預けて、私のことは祖父の養子にした。
私の母は受領の娘だった。
父は私と兄と、兄と同腹の弟を競い合わせて後継者を決めようとしていたようだった。
だが周囲の人間は、どう見ても兄を嫡男として扱っていた。

年下といっても三ヶ月私の方が早く生まれただけだから、厳密に言えば年は変わらない。
だが、いくら三ヶ月といえど先に生まれたのは私の方。
そのことにずっとこだわっていた時期もあった。
私のその子供じみたこだわりを異母兄がどこまでわかっていたのかは、今となっては知るすべはない。
あの兄のことだから、きっとわかっていたのだろう。
全てとはいかないまでも。
曖昧でも、おぼろげではあっても、気づいていた、ような気がする。

*****

もうずいぶんと昔。
「父上、聴いてください。新しい曲を習得したのです」
幼い師長、いや二千君が父親である頼長のもとに進み出る。
頼長の足元にいる綾麻呂(のちの兼長)の方を睨みながら。
どうです、すごいでしょう、とでも言わんばかりに、二千君はその曲を立派に弾いてみせた。
「わあ、すごいなあ。僕なんて弦の種類も覚えていないのに」
綾麻呂が感嘆する。
「こら、そんなことではだめだぞ。詩歌管絃に励むことも、公卿のつとめの一つだ」
「はい、すみません」
頼長が綾麻呂を軽く叱ると、綾麻呂は少しはにかんで謝った。
「今度僕に教えてよ」
屈託なく笑顔を向けてくる綾麻呂に、二千君は戸惑ってしまう。
(誰が、お前なんかに!)
そう言うわけにもいかない。
「あにうえには、立派な師がついているそうですから、私などは、とても」
「そう?」
綾麻呂はきょとんとした顔をしている。
(アホっぽいツラだな。こんなのが父のあととりなのか)
二千君は、跡取りの意味の理解もあやふやだった。
だが、それが「せいぎ」なのだと感じてはいた。
正義。
これ以上なく、正しいこと、真っ当なこと、曲げられないこと。
わたしはそれにあらがわなければならない。
だが、この異腹の兄にとってはそうではない。
二千君にはそれがどうしても許せなかった。

二千君はことあるごとに綾麻呂と自分との違いをひけらかした。
人一倍努力もした。
頼長の邸の人間は、可愛げがない、生意気だ、と陰口をたたいていた。
二千君はそれに気づいていながら、いや気づいていたから余計に、綾麻呂を見下す態度をとった。
頼長はそんな息子の態度に戸惑った。

ある日、綾麻呂が二千君を呼び出した。
「君が僕より優れているというのはわかった。だが、あまりそうひけらかすのは良くないと思うよ」
「……別に私はひけらかしてなんか、」
綾麻呂が二千君の言葉を遮る。
「なんていうのかな。父も、祖父も、困惑してしまっているんだ」
「……」
「それに、君自身のためにも良くないと思うんだ」
(おまえに、私の何がわかる)
「能ある鷹は爪を隠す、っていうだろ? あと、なんていうか男のたしなみ、というか」
「うるさい」
小声で二千君が呟く。
「えっ? なんだって」
「うるさいうるさい。なんだ年下のくせに兄貴ぶって。私の方が生まれたのは早いのに!」
思わず手が出る。
気が付くと、二人は殴り合いのけんかをしていた。
けんかが終わった後で、二人は大人たちに叱られた。
「で、誰が先に手を出したんだ?」
「わ」
二千君が、私です、と口に出そうとしたのを、綾麻呂が遮った。
「私が先に口を出しました」
二千君は驚いた。
「私が先に手を出しました」
二千君が綾麻呂に習って言葉を発する。
その口調はきょうだいだからか、とてもよく似ていた。
「そうか。なら、今日は喧嘩両成敗ということにしておこうか」
頼長がコホンと咳払いをする。
頼長が出て行ったあとで、綾麻呂が二千君の方をちらり、と見た。
そこにはいつものあどけない、二千君の思うところのアホっぽい顔ではなく、年相応の少年の表情があった。
(ああそうか、この異母兄もまた、どこか無理をしていたのかもしれない)
「お互い、苦労するね」
顔も見ずにそう言って、綾麻呂は二千君から離れた。
その日から、二千君は過剰に綾麻呂を意識した態度をとるのをやめた。

かといって、二人は親しくなったわけでもない。
そこはやはり同腹のきょうだいや、ただの友達というわけにはいかないのだ。

*****

父に問い詰められたとき、「自分が先に手を出した」と言われていたら、私は反発していただろう。
あの当時幼かった兄がどこまで理解していたかはわかりかねるが。
あの日、兄の本当の顔を見ることが出来なかったら。
私は大人になるのが、きっともっと遅かっただろう。

私たちはそれぞれ大人になり、兄は気遣いの人として生き、私は才の人として生きた。
「棲み分け」のようなものがあった気もする。
面と向かって言うことはなかったが。
そもそも私たちは、本音をぶつけあうことさえついぞなかった。


やがて保元の乱がおこり、私たちは、きょうだいたちは離れ離れになった。
それぞれ遠地に配流され、いつ亡くなったのかさえわからない。

だから私は配流された日を、きょうだいたちと生き別れた日ということで皆の命日にした。
今年もまた、あの日が来る。
弔うことしかできないが、どうか成仏してほしい。
墓石を前にして、私は静かに手を合わせた。
2018-07-15

今鏡マンスリー「藤原兼長」

続・花の1138年組

「花の1138年組」→http://shionnoidashiginu.blog.fc2.com/blog-entry-50.html

兼長 「私も1138年生まれなんだけどなあ」
唐菓子をボリボリ食べながら。

一同 「……」

兼長 「どうして選ばれなかったのだろう」

成親 「それはお前がデ」

実定 「わーわーわー」

兼長 「何か言ったかい?」

重盛 「なにも、なにも」
不器用な重盛は、上手く言い繕うことが出来ない。

見かねた師長が、口を挟む。
師長 「今のアイドルの流行りはスレンダーなんだ。だからその、卿のようなふくよかなタイプはちょっとお呼びでないんだ。だから、そうだな、、別のグループを結成してみては?」

兼長 「ははは、私はいいよ。君たちが楽しそうだからちょっと羨ましかっただけで、自分でグループを結成しようとまでは思わない」

成親 「ならはじめから言うなよ」

重盛 「こら」
重盛が成親をたしなめる。

成親と重盛と実定が席を外したとき、兼長は師長に声をかけた。

兼長 「悪かったね。気を遣わせてしまって」
そう言いつつも特に悪びれたようすはない。晴れやかな表情で、余裕が感じられる。

師長 「いやいや、私は何も」

兼長 「私はぽっちゃり体型だからね。アイドルなんてがらじゃないのに、駄々をこねたような形になってしまって。すまなかった」
兼長はぺこりと頭を下げる。

師長 「……」

兼長 「どうかしたか?」

師長 「いえ、なにも」
(この年下の兄にはやはりかなわないなあ。でも、ぽっちゃり、ってレベルじゃないんだけどなあ。なんていうか、関取レベル?)

兼長 「さて、家に帰って相撲でも見ようかな」

師長 「……! えっ、まさか、本気で横綱になるおつもりですか?」

兼長 「いや、別に。というか、失礼だな、オイ」


二人のあいだに不穏な空気が流れたとか、流れなかったとか。


おしまい♪
プロフィール

ゆきめ

Author:ゆきめ
ブログタイトル:しおんのいだしぎぬ。

日々のこと、趣味について語りたいと思います。
心理学、西洋占星術、歴史(主に院政期)など。
よろしければおつきあいくださいませ☆

2012年11月6日ウェブリブログから移行しました。記事の上にある参照数とブログ気持ち玉はウェブリブログのときのものをそのまま載せたものです。

公募小説の投稿などは「遠野紗雪」という名前を使っています。
note、「小説家になろう」サイトにも投稿しています。

このブログ内の文章の無断転載等はおやめ下さい。

コメント本文にURLを記載したい場合は、URLかメールアドレスのところにでも張って、その旨をお書きください(スパムコメント防止のため)。
お手数おかけしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。