FC2ブログ
2018-02-17

思いつきホロスコープ診断20

藤原忠通のホロスコープを診てみたいと思います。

承徳元年閏1月29日 
西暦にすると1097年3月15日京都生まれ

〈ユリウス暦で診た改訂後〉
牡羊座の太陽
誇り高く自己の能力への絶対的価値観を持ち、一度理想に目覚めると、艱難を辞さない勇気と燃えるような情熱を持って目的に直進していきます。
開拓精神を忘れず、あらゆる分野でパイオニアになる可能性を持っています。
主導権を握ることも多いでしょう。
障害があるとかえって燃えるタイプでもあります。

魚座の月
同情心が強くセンチメンタルな性格です。
感受性が強く、物事に感動しやすい反面、過度に感情に溺れる傾向があります。
ある程度の芸術的天分もありますが、現実離れした夢や憧れを持ちやすいところもあります。

太陽・水星・金星・天王星・冥王星が全て牡羊座
意思・知性・ロマンス・革新性・権力の現れ方などがすべて「牡羊座的に」働きます。
情熱で、エネルギッシュ。
負けず嫌いでもあるでしょう。

月と木星の合(0度)
楽観主義的な人生観を持ち、のんきで寛容な性格です。
同情心が強く人をよく保護する性質を持ち、健全な実務能力もあります。
社会的地位の高い友人から援助を受け安く、富の獲得が容易です。

これに土星がオポジション(180度)
慎重さに欠けるところがあったかもしれません。
反面で疑い深さが災いして、簡単に「富の獲得が容易」とはいかなかった可能性もあります。

太陽と火星の合(0度)
大胆で勇気があり、体力の続く限りよく働く人となるでしょう。
短期で衝動的に行動しやすいことが欠点。
人生に対する意欲が旺盛なためか、意思と欲望との間に葛藤も生じます。

これに海王星がトライン(120度)
上記の特性に、理想主義的なものが加わります。
夢見がちな面が表出する可能性もあります。

不動宮に惑星が0。
不動宮に多くの惑星のある人は忍耐強く抵抗力があり、持久力に富み、容易に目的を変更しません。
一定の方針を有し信念を堅持します。
この不動宮に惑星が0ということで、忍耐強さや信念を全うする力が欠けていたように思います。


〈グレゴリウス暦で診た改訂前>
魚座の第三旬の太陽。
魚座に太陽を持つ人は奉仕精神に富み、いかなる環境や立場にも素直に馴染める順応性の持ち主です。
世俗を離れたところで生きようとし、物質的成功は望まないようなところがあります。
意志薄弱で他人に感化されやすく、利用されやすいのが欠点です。
第三旬の魚座。
魚座の支配星である海王星の他にも冥王星の影響を受けます。
海王星の理想主義に冥王星の変容性が加わり、感激しやすく感情の起伏の激しい人となります。
冥王星の否定的性質が現れると、感情が理性に勝って、衝動を抑えられなくなります。

射手座の月。
楽天的で快活な人柄です。
知的レベルが高く、良き教養人としての素質もあり、しかも野性味もあります。
思想でも仕事でもスケールの大きなものを好み、何事にも精力的に取り組みますが、反面無造作で不用意な行動も多いようです。
多情で浮気っぽく、多くの異性と交渉を持ちやすいでしょう。

水星、冥王星、カイロンが牡羊座で合。
知性やコミュニケーション能力・権力や刷新性・癒しやトラウマが全て行動的・衝動的に働きます。
権力を行使する際に知性が効果的に働きやすく、他人の弱みをこれに利用するようなこともあったのではないでしょうか。
水星と冥王星の合はタフな思索力と知識の吸収力を持ちます。
鋭敏な感覚と優れた神経集中力があります。
苦悩を放棄し新しいアイディアに走るか、思想の転換を図ることによって精神的危機を乗り越えます。

太陽、金星、火星が魚座で合。
意志・恋愛・情熱が魚座的に働きます。
情熱的な恋愛を志向しやすいところがあったのではないでしょうか。
その恋愛スタイルは奉仕に喜びを見出したり、同情から恋愛が始まる、といったスタイルだったように思います。
太陽と金星の合。
品性穏やかで情愛細やかな性格ですが、男性はやや柔弱。
上位者から愛顧されやすく、また上流の社会に属する人々との間に友情を持ちます。
太陽と火星の合。
男性的な高貴な性格と肉体的なたくましさを与えます。
大胆で勇気があり、体力が続く限りよく働く人となる。
主導的立場に適しますが、短気で衝動的に行動しやすいことが欠点です。
人生に対する意欲が旺盛なためか、意志と欲望との間に葛藤も生じます。
火星と金星の合。
情熱的で官能的な性質を持ちます。
愛する能力と美を楽しむ能力はたくましい。
愛に起因した事柄によって闘争本能を刺激されやすいけれど、怒りを鎮めるのも早い方です。

太陽、金星、火星の合に海王星がトライン。
ロマンが調和的に働きます。
太陽と海王星の吉座相(トライン)。
洗練された清廉な人柄を与えます。
また心理的・創造的な才能があり、虚構の世界で成功しやすいでしょう。
公的権力を駆使する能力には乏しいけれど、相当の名声を博し大衆に慕われます。
金星と海王星の吉座相(トライン)。
洗練された高尚な趣味を持ち、音楽や芸術への献身性を持ちます。
実社会で戦う力には欠けますが、芸術家には有利に働く座相です。
火星と海王星の吉座相(トライン)。
力強く熱心な性質です。
主観が鋭く、理想を熱心に推進します。
精神的大望のために感情と情熱をコントロールする気分が強く、寛大な性質が名声をもたらします。

太陽、金星、火星の合、月、土星が月を中心にT-スクエア。
魚座的に働く意志・恋愛・情熱が、感情や努力の方向性と齟齬をきたす、艱難辛苦の配置です。
太陽と土星の凶座相(オポジション)。
実力が十分であったとしても不運な傷害に遭いやすく、人生上の発展を阻止されがちです。
野心家であるわりには小心で、向かない環境が失敗の原因を作ります。
過度の警戒心と他人への冷淡さのために人望を失います。
義務観念に縛られやすく、社会的成功者となってもどこか人生に失敗感が付きまとうでしょう。
月と金星の凶座相(スクエア)。
若干の内気と気弱さがみられます。
やさしさを他人に利用されやすく、評価判断力が弱いため憂愁を持ちます。
月と土星の凶座相(スクエア)。
劣等感を持ちやすく、常に心に不満を抱えていて憂鬱です。
取り越し苦労をしやすく、自信欠如のために好機を失います。
満たされない寂しい人生となりやすく、男性は妻運に恵まれない傾向があります。
金星と土星の凶座相(スクエア)。
低級な色情に赴きやすく、素直な情愛に欠けるために異性から見捨てられます。
財政的な苦労や物質的な心配が生じやすい。
他人の冷遇に対して恨み心を持つために共同者を失います。

不動宮に惑星が0。
不動宮に多くの惑星のある人は忍耐強く抵抗力があり、持久力に富み、容易に目的を変更しません。
一定の方針を有し信念を堅持します。
この不動宮に惑星が0ということで、忍耐強さや信念を全うする力が欠けていたように思います。


魚座と牡羊座のマジョリティが目立ちますね。
奉仕精神に富んでいながら、積極的で負けず嫌いなところがあり、葛藤の多い人生だったのではないでしょうか。
太陽(意志)と月(感情)もスクエアですし。

太陽・金星・火星、月、土星からなるT-スクエアが効いている印象です。
惑星の数も多いですし。

地の星座が一つ、風の星座が0ということから、現実的な感覚に欠けるウェットな性格の持ち主だったように思います。

他には芸術的な素養が目立ちます。
政治家よりも芸術化に向いてますね。

「野心家であるわりには小心で、向かない環境が失敗の原因を作ります。
過度の警戒心と他人への冷淡さのために人望を失います。」
私の忠通像はこの一言に尽きますね。

あとは「評価判断力が弱いため憂愁を持ちます。」
決断力には乏しいですよね……。


プログレス法で見る保元の乱・平治の乱。

保元の乱の際には座相は形成されていませんでした。

平治の乱の起こった忠通満62歳のときには
月と木星が合を形成しています。
非常に良い座相で、幸運期を示します。
過去の努力から報酬を得たり待ち望んだ朗報が届くこと、健康の回復・仕事の発展と拡張・物事の改善の好機に恵まれることを示し、それに富と名声も加わります。

経宗の失脚がありましたね。
清盛の経宗・維方に対する拷問の場には、忠通もいたとか。
摂関家が一時盛り返した時期だったのでしょうか。


トランシット法で見る保元の乱。
トランシットの火星と木星の衝(オポジション)が形成されています。
仕事上の悪い判断と凶運が結びついて、金銭的・物理的な損害を受けやすい時です。
この時期は、すべての事柄に熱狂的にならないよう注意すべきです。
この熱意は損失をもたらすのみで、何事も益することがないからです。
リスクを伴う投資や勝負事、ギャンブルなども避けるのがよいでしょう。

辛くも勝利しましたが、失ったものは大きかったですね。
時期的にもかなり悪かった。


なかなか読むのが難しいホロスコープで、まとまりに欠ける診断になってしまいました。
個別で診ていくとなるほどーとなるのも多いのですが、全体的にみるとみえてくるものがないというか。
まあ感想としては芸術家タイプでありながら権力志向が強く、しかし能力的には劣っているために自分でも予期せぬ人生を送ることになった、という感じでしょうかね。

2014年1月23日

*****
これで思いつきホロスコープ診断の工事が終わりました\(^o^)/
すべてユリウス暦で診た、ハズ。
スポンサーサイト



2017-07-29

思いつきホロスコープ診断15

完成しました。

2012/06/29 21:18 参照数36

誕生日が正確かどうか定かではありませんが、菅原道真のホロスコープを診てみたいと思います。

菅原道真 承和12年6月25日京都生まれ
西暦にすると845年8月1日
 
〈ユリウス暦で診た改訂後〉
獅子座の第一旬の太陽。
この生まれの人は自分の魅力と才覚によって社会的に顕著な人間になろうとし、名誉と栄光を欲し、賞賛を求める気持ちにも強いものがあります。自己顕示欲が高く、人の上に立つ素質もあります。物事に対しては全力をあげて正々堂々と取り組み、ケチさや矮小さを憎みます。欠点は人のおだてに乗りやすいところや、独裁的で負けを認めようとしない頑固さなどです。

双子座の月
容器で軽快な性格です。
貪欲な知識欲を持ち、好んで抽象的な思考をもてあそぶ傾向も見られます。
遊び好きで、目新しいものにも本能的に心を引かれます。
要領がよくて抜け目なく、勢力の強い側につく巧妙な処世術を身につけています。

太陽・月・木星が太陽を中心に調停(メディエィション)
意志と感情と拡大性が調和的に働きます。特に意志の強さがこれらの調和を上手く引っ張るでしょう。

月と木星のオポジション(180度)。
不用意に物事を楽観視する傾向があり、それ以上にも頓着でともすると凡庸です。
自由気ままで落ち着きがなく、無意味な浪費が多いでしょう。
不誠実な風神のために損失を被りやすい。
太陽と木星のトライン(120度)
寛大で善良な性格で、正義正しく、信頼するに足る道徳的素養の持ち主です。
優れた行政能力があり、声望と名誉を得ます。
有力者から援助を受けやすく、社会的人気が成功への要素となります。
太陽と月のセクスタイル(60度)
内面的葛藤の少ない穏やかな性格で、人気運もあります。
育った家庭環境や若年期に受けた教育が必然的に成人後の人生コースを決定することが多いでしょう。
勤め人であれば上位者の引立てや同僚の助力を得やすく、野心の達成が容易です。

水星・火星・海王星が水星を中心に調停(メディエイション)
情熱と夢想性が知性を通して活性化されます。

火星と海王星のオポジション(180度)で凶座相
不健全な空想に溺れやすいところがあります。
自己賛美と他人を疎んじる傾向があり、憎悪と我儘が人格的な欠点を作ります。
非現実的な野心を持ちやすく、努力の方向を誤るため失敗に見舞われます。
海王星と水星のトライン(120度)で吉座相
豊かなイマジネーションとともにフィクションの能力を与える座相です。
優れた直覚力と直感的な思想を持ちます。
他人の心情や思想に影響されやすいのが弱点ですが、慈悲や慈善に対する良き理解力があります。
水星と火星のセクスタイル(60度)
機敏な分析力と鋭い直覚力の持ち主です機略縦横で物事の処理にかなりの独創性があり、作戦上手な知謀家タイプといえるでしょう。
著述家であれば精力的な文筆活動による成功が期待できます。
向上心が強く、勤め人は昇進が早いでしょう。

金星と土星がトライン(120度)で吉座相
不変で忠実な愛情を持ちます。
義務を喜んで果たすため年長者から厚遇を受けます。
協同事業を永続させる能力と堅実な経済手腕があり、蓄財に成功しやすいでしょう。

太陽と土星がオポジション(180度)で凶座相
実力が十分であったとしても不運な障害に遭いやすく、人生上の発展を阻止されがちです。
野心家であるわりには小心で、向かない環境が失敗の原因を作ります。
過度の警戒心と他人への冷淡さのために人望を失います。
義務観念に縛られやすく、社会的成功者となってもどこか人生に失敗感がつきまとうでしょう。

〈まとめ〉
上位者による引き立て運がある感じですね。
でもそれを長続きさせる周りの人すべてに対する‘人気運,は持っていなかったようで。
「向かない環境が失敗の原因を作ります」「過度の警戒心と他人への冷淡さのために人望を失います」になってしまったのかなあと。
太陽・月・木星の調停(メディエィション)の持ち主ですから、すごく恵まれているのですが、上手くいかなかったときの反動もまたすごかったのかなあと。
嫉妬を上手くかわしたり、誰かに取り入ったりといった処世術を持ち得なかった印象ですね。

〈グレゴリウス暦で診た改訂前〉
獅子座の第一旬の太陽。
この生まれの人は自分の魅力と才覚によって社会的に顕著な人間になろうとし、名誉と栄光を欲し、賞賛を求める気持ちにも強いものがあります。自己顕示欲が高く、人の上に立つ素質もあります。物事に対しては全力をあげて正々堂々と取り組み、ケチさや矮小さを憎みます。欠点は人のおだてに乗りやすいところや、独裁的で負けを認めようとしない頑固さなどです。
第一旬の太陽。気迫のある強い性格の持ち主で、元気溌剌として疲れを知らず、勤勉で独立心も旺盛です。自ら大きなエネルギーを持つだけでなく、人々を指導する力を備えており、社会的に大きな責任を果たします。しかし、太陽の否定的性質が現れると、虚勢を張り暴政を敷くようになります。同情心を失い、自己本位の信念で道を誤ります。

牡羊座の月。
元気がよく活発で、衝動的な性格です。興味のあることにぶつかると何もかも忘れて熱中し、がむしゃらに突進します。短気で苛立ちやすいという面もあります。恋に燃えやすく、異性を追い求める方ですが、情熱が覚めるのも早いでしょう。

太陽、木星、冥王星からなる火の星座のグランドトライン。
自分自身・幸運・権力が調和的に働きます。冥王星=政治と解釈すると、政治家としては大変恵まれた人生を送ることが出来る人だと思われます。
太陽と木星の吉座相(120度)。寛大で善良な性格で、礼儀正しく、信頼するに足る道徳的素質の持ち主です。すぐれた行政能力があり、声望と名誉を得ます。有力者からの援助を受けやすく、社会的人気が成功への要素となります。
太陽と冥王星の吉座相(120度)。
自己の信念に殉じようとする傾向を持ち、主権を渇望します。学識の力によって権威ある地位に登りやすく、要職者の後援によって本領発揮の舞台を与えられます。人生上に突然の進歩を遂げ易く、新機軸を打ち出して成功します。
木星と冥王星の吉座相(120度)。
宗教的な社会感を持ち、輝かしい組織力と共に集団を知的・精神的に指導する能力があります。また、学問の観賞力と修得力に優れています。政治的には財力と権力の中枢を掌握できる見込みがあります。偉業達成のためのオールマイティな力の所有に成功しやすく、確立した社会的基盤を築くでしょう。

月とカイロンのコンジャクション(0度)。
ちょっとしたことで傷つきやすく、センシティブ。感情を表現することへの苦手意識。

金星と土星の吉座相(120度)。
責任をもたらす土星が、快楽を司る金星をより真面目で現実的にします。愛情と義務感が強調するため、情熱や楽しさに欠けがちです。恋愛でも華やかさはないものの、忍耐強く永続的な愛情の持ち主です。理想のためには自らの楽しみを放棄する傾向も見られます。

水星と天王星の吉座相(120度)。
革命的な精神を持ち、独立的で他人に掣肘されない性格です。鋭い認識力があり、批判も的確です。特殊な分野に秀でた人となりやすく、特に自分の専門については抜群の記憶力の持ち主です。高度の専門知識や特殊な技能を必要とする分野に適します。

火星と海王星の凶座相(180度)。
不健全な空想に溺れやすく、、迫害の異常な観念もあるようです。自己賛美と他人を疎んじる傾向があり、憎悪と我儘が人格的な欠点を作ります。非現実的な野望を持ちやすく、努力の方向を誤るため失望に見舞われます。官能への耽溺から精力を消耗することもあるでしょう。


火の星座のグランドトラインを持ち、月も火の星座ですから情熱的で激しい御方だったのかもしれません。
恋愛に関しては多情なのか真面目なのかわかりませんね。お子さんはたくさんおられるようですが。


「すぐれた行政能力があり」「有力者からの援助を受けやすく、社会的人気が成功への要素となります。」「学識の力によって権威ある地位に登りやすく、要職者の後援によって本領発揮の舞台を与えられます。」「感情を表現することへの苦手意識。」「特殊な分野に秀でた人となりやすく、特に自分の専門については抜群の記憶力の持ち主です。高度の専門知識や特殊な技能を必要とする分野に適します。」
個別に見ていくと、この辺りは予想通り。


私の道真像は宇多による引き立てを荷が重いと感じている生粋の学者というものだったのですが、実は違うのかもしれませんね。
リーダーシップのとれる、目立つ存在だったのかも。
けっこう俺が、俺が、というタイプで、出世願望も人一倍強かった。
他人に妥協を許さない性格から敵を作りやすいという側面も持っていたのでは?
昌泰の変の起こった901年をプログレス法で見てみたのですが、特に目立った星の配置はありませんでした。
2017-04-21

西洋占星術で見る承久の乱

西洋占星術の観点から承久の乱を考察しました。

三浦平九郎判官胤義さんのこちらの一連のツイートが興味深かったので。
https://t.co/DN4YPEFyLV
https://twitter.com/bot_miura9/status/854678797945151488

上皇が三人になった承久三年四月二十日(ユリウス暦5月13日)。
myastrochart 1221年5月13日
太陽・土星・冥王星が冥王星を中心にT-スクエアをとっています。
太陽(朝廷)と土星(幕府)を冥王星(政治・権力)が鋭く対立させている、とも読めます。
土星=幕府、とするのには無理があるかもしれませんが、土星には「社会的な」「質実剛健の」といった意味もあるので、あながち間違っていないようにも思えます。

水星と海王星の合
知性とロマンの合致。水星は他にもコミュニケーション能力や知識人といったキーワードがあります。そういったこと・ものが海王星的な幻想と結びついたということでしょうか。

これが天王星とはオポジション(180度)で凶座相。
改革には失敗しそうです。

冥王星とはトライン(120度)で吉座相。
政治的にはそう悪いことではなかったのかもしれません。

木星・火星・カイロンのグランドトライン
幸運の大三角形・グランドトライン。
情熱をもって(火星)、弱者を救う(カイロン)と木星の恩恵が受けられていたかもしれません。
義時追討の院宣を出すよりも、民衆を味方につけるのに適していたと思われます。

承久三年五月十四日(ユリウス暦6月5日)。
myastrochart1221年6月5日
後鳥羽上皇が実際に兵を集めた日です。

太陽と水星の合
太陽(朝廷)に知力が結集したのかもしれません。

月と土星の合
月は女性を意味します。土星(幕府)に女性、あるいは女性的なものが味方しやすいことを表します。その代表が北条政子だったということなのかもしれません。

太陽・水星と月・土星は水星と土星がオポジション(180度)で対立しています。

そして木星と冥王星の合が月・土星の合とスクエア(90度)で緊張状態です。
スクエアは本来凶座相ですが、刺激を与えたり、生涯の克服・努力を促すアスペクトでもあります。これがかえっていい作用をもたらしたのかもしれません。

太陽(朝廷)は天王星とトライン(120度)で調和的
なので、改革を起こそうとしたのは自然なことのようにも思えます。が、調和座相ゆえに、楽観的だったかもしれません。


内円を後鳥羽院のホロスコープ、外円を挙兵の日として、二重円を作成しました。
doublechart 承久の乱

二重円は見方が難しいので余力があったら鑑定します。

陰陽師からは10月上旬にすべき、といわれていたようです。
中間値である旧暦10月5日をユリウス暦に直すと、1221年10月21日。
myastrochart 1221年10月21日
太陽・金星・天王星が合(0度)。
太陽(朝廷)・金星(経済力)・天王星(改革性)が上手くマッチして、その力は甚大なものに。

太陽・金星・天王星に冥王星が60度で調和座相
政治的にも上手くいったでしょう。有力な政治家が味方してくれた可能性もあります。

太陽・金星・天王星と海王星は180度で不調和
ロマン的な物、理想的なものとはかけ離れたものになっていたでしょう。

たしかに陰陽師のいうとおり、10月上旬にしていた方がよかったかもしれませんね。
幕府に勝てたとは思いませんが、惨敗することはなかったのでは?
経済力を盾に幕府の力を削ぐだとか、弱者(月とカイロンの合)を味方につけて民衆の信頼を得るとか。
このあたりは承久の乱には詳しくないので適当に言ってますが。
2017-03-05

思いつきホロスコープ診断14

2012/06/20 22:29 参照数59

宇多天皇のホロスコープを診てみます。

貞観9年5月5日 京都生まれ
西暦にすると867年6月10日

〈ユリウス暦で見た改訂後〉
双子座の第二旬の太陽
新鮮な好奇心と純粋な知的欲求の持ち主です。どのような事態においても素早く対処していける順応性があり、価値なしと見れば思い切りも早く、他人を刺激し煽動しながら自分は冷静な観察者の立場を崩しません。この生まれの人の鋭い機知はしばしば新しい活路を開く力となりますが、深く探求することは苦手で、物事に飽きやすい傾向があります。極端な歓喜と深刻な不安を同時に味わうことが出来る人で、内心には慈悲と寛容への憧れがあります。

第二旬の太陽。水星に加えて金星の影響を受けます。水星の敏活さに金星の親和性が加わり、親愛の情に深く、人の感情に敏感な人を作ります。熱しやすく激しい性格で、幾分放縦で闘争的ではありますが、強い人格と行政力の持ち主です。しかし、金星の否定的な性質が現れると、利己的な幸福をむさぼり、恵まれた知能を悪事や背信行為に用いるようになります。

獅子座の月
誇り高く高尚な性格です。生来人の上に立つ器量があり、頼まれると面倒なことでも引き受けて世話をします。自分の存在を強く意識しているので、称賛されることが好きです。しかし、ときには尊大で横柄な面が現れます。教養のあるなしを問わず大きな包容力の持ち主で、人の情愛には最大の反応を示します。

金星と天王星の合(0度)
ロマンティックな事柄に強い感受性をもちます。刺激的・磁力的な魅力があります。エキセントリックな恋愛事件が多く、愛情生活に急変が多いでしょう。かなり頑固で気まぐれな面もありますが、若くして芸術的天分を認められます。

月、太陽、冥王星、火星がクレイドルという複合アスペクトを形成

クレイドルについて。
http://www.horoscope-tarot.net/natal/asp/n.html
クレイドルというのは正六角形を半分にしたような形の複合アスペクトであり、「ゆりかご」を意味します。

月、太陽、冥王星、木星でもクレイドルという複合アスペクトを形成

クレイドルが二重にあると云うことで、かなり恵まれた運勢の持ち主だったように思います。
火星と木星も11.39度でオーブの許容範囲には含まれませんが、トラインにかなり近いです。
ぱっと見では「ホームベース」という正六角形、六芒星の一角のみかけている状態のように見えます。
強運の持ち主といって差し支えないでしょう。

意思・感情・政治力・行動力・拡大性が調和的に、あるいは刺激的に働くため、大きなことを成し遂げることができそうです。
それがこの方の運命、あるいは天命なのではないでしょうか。

水星、海王星、カイロンが水のグランドトラインを形成。
知性と夢想性と‘癒し,が上手く調和します。
水星と海王星の吉座相(120度)。豊かなイマジネーションの持ち主です。他人の心情や思想に影響されやすいのが弱点ですが、慈悲や慈善に対する良き理解力があります。
海王星とカイロンの吉座相(120度)。傷ついた人々や病んだ世界を救済したいという気持ちが強く、それが自分自身のトラウマ解消にもつながります。
水星とカイロンの吉座相(120度)。知性によって傷ついた人を癒す良き人となるかもしれません。

地の星座の惑星がない。
真面目さや緻密さ、慎重さに欠けるきらいがあるかもしれません。

ターニングポイント
プログレス法で譲位した寛平九年(897年)をみますと、太陽と土星がトライン(120度)で吉座相をとっていました。
この座相は社会的位置や人生基盤が固まること、尊敬と信用の増加、責任ある要職に就くこと、年長者から厚遇されること、恒久的な利得、特に相続問題や土地・不動産に関した事柄は好転することを示します。

譲位は絶妙なタイミングだったということですね!

クレイドルが二重にある(ホームベースに限りなく近い)ということで、かなりの強運の星のもとに生まれた人、といえるのではないでしょうか。
ホームベースらしきものが浮かび上がったときはかなりテンションが上がりました(笑)。
ホームベースもクレイドルも本には載っていないので、また知識が得られたら追加します。

射手座の20度あたりに惑星が運行するときにすごいことが起こりそうです。
トランジット法でみたところ、即位の日には目立った惑星は通過していませんでした。
ASCやMCなどの感受点はわかりませんが。これらは出生時刻がわからないと調べられないので。

二重のクレイドルに、グランドトラインが一つ。
すごいですねえ(゚∀゚)

水のグランド・トラインはオーブを甘くとりましたが。
度差9.14度です。太陽と月が絡む場合以外は、一般的には8度までしかとりませんので。

何にせよ、すごいホロスコープには違いありません。


〈グレゴリウス暦で見た改訂前〉
双子座の第二旬の太陽
新鮮な好奇心と純粋な知的欲求の持ち主です。どのような事態においても素早く対処していける順応性があり、価値なしと見れば思い切りも早く、他人を刺激し煽動しながら自分は冷静な観察者の立場を崩しません。この生まれの人の鋭い機知はしばしば新しい活路を開く力となりますが、深く探求することは苦手で、物事に飽きやすい傾向があります。極端な歓喜と深刻な不安を同時に味わうことが出来る人で、内心には慈悲と寛容への憧れがあります。
第二旬の太陽。水星に加えて金星の影響を受けます。水星の敏活さに金星の親和性が加わり、親愛の情に深く、人の感情に敏感な人を作ります。熱しやすく激しい性格で、幾分放縦で闘争的ではありますが、強い人格と行政力の持ち主です。しかし、金星の否定的な性質が現れると、利己的な幸福をむさぼり、恵まれた知能を悪事や背信行為に用いるようになります。

双子座の月
陽気で軽快な性格です。貪欲な知識欲を持ち合わせます。旅行好き、遊び好きで、目新しいものに本能的に引かれます。要領がよくて抜け目なく、勢力の強い側につく巧妙な処世術を身につけています。生き生きとした豊かな情感を持ち、それが魅力となって異性を惹きつけます。

太陽と月のコンジャクション(0度)。
サインとハウスの特徴を強調するため、幾分性格的な偏りを生じます。双子座の部分が強く出ます。精神的にアンバランスで頑固になりがち。また、このアスペクトが風の宮にあることから、クールで気まぐれな人となるようです。太陽(意思)と感情(月)が同じ方向に向いていることから、自分がこうと決めたら一直線、な人となるのではないでしょうか。

これに木星と火星がそれぞれトライン(120度)。
バランス感覚や社交を意味する天秤座に木星が入っており、これが太陽と月のコンジャクションに吉座相を取っていることから、基本性格に運とバランス感覚と社交性が良い形で加わります。
エキセントリックさを表す水瓶座に情熱を意味する火星が入っており、これが太陽と月のコンジャクションに吉座相を取っていることから、基本性格に情熱的な要素が加わります。それは少し変わった形で表出するかもしれません。

金星と天王星がコンジャクション(0度)。
ロマンティックな事柄に強い感受性をもちます。刺激的・磁力的な魅力があります。エキセントリックな恋愛事件が多く、愛情生活に急変が多いでしょう。かなり頑固で気まぐれな面もありますが、若くして芸術的天分を認められます。

水星、海王星、カイロンが水のグランドトラインを形成。
知性と夢想性と‘癒し,が上手く調和します。
水星と海王星の吉座相(120度)。豊かなイマジネーションの持ち主です。他人の心情や思想に影響されやすいのが弱点ですが、慈悲や慈善に対する良き理解力があります。
海王星とカイロンの吉座相(120度)。傷ついた人々や病んだ世界を救済したいという気持ちが強く、それが自分自身のトラウマ解消にもつながります。
水星とカイロンの吉座相(120度)。知性によって傷ついた人を癒す良き人となるかもしれません。

金星、冥王星、カイロンが金星を中心にT-スクエア。
経済力、爆発力、‘癒し,が不協和音を奏でます。
金星と冥王星の凶座相(90度)。社会的人気と共に異性を魅了する強烈なセックスアピールを持ちます。好色的熱望があり、抑制されなければ性的に過剰となりやすい。理想と現実の相克に遭いやすく、分不相応な望みはあと一歩のところで破綻しやすいでしょう。報われぬ愛を抱いたり、背徳的な恋愛事件を起こしやすく、愛情問題が原因で性格に影を作ります。
金星とカイロンの凶座相(90度)。恋愛を恐れて異性との距離を取ろうとするか、逆に異性遍歴を重ねるか。癒し癒されることが恋愛のテーマとなりやすい。
冥王星とカイロンの凶座相(180度)。性交と死に対する強い衝動があるか、逆に理由もなくタブー視したり恐れを抱くかのどちらかとなるでしょう。

木星と冥王星の凶座相(180度)。
冒涜的な宗教感をもち、財力と金権力を渇望します。政治的な権力抗争に関係しやすいでしょう。最悪の場合は社会的勢力・地位・財産など、一切を失う不運に見舞われます。

地の星座の惑星がない。
真面目さや緻密さ、慎重さに欠けるきらいがあるかもしれません。


ターニングポイントは即位、及び阿衡事件が起こった887年。
月と海王星の合が形成されています。
これは面倒な運で、厄介な問題の紛糾、失態、隠れた敵が突然に積極的になること、非現実的な空想を持つこと、怠惰になることを示します。モラルの低下や生活習慣の乱れが現れやすく、自重して身の成り行きに注意すべきです。

譲位した897年も気になります。
太陽と木星の凶座相(90度)が形成されています。
権利を脅かされたり不当な待遇を受けること、法的な心配事など、全般に財政や法律に関した事柄には良くない時期であることを示します。


臣下から天皇になった人ですから、幸運を表すグランドトラインの一つや二つ持ってるんじゃないの~と予想していたんですが、案の定水のグランドトラインを持っていました。

小惑星カイロンを含めてもいいものかどうか迷ったんですけれどね。
カイロンはT-スクエアにも組み込まれていますから、この方にとっての人生における重要なキーワードは‘傷ついた癒し手,であると思います。
奉仕活動に従事したり、慈善事業を起こしたり、自己のトラウマの解消をしたり。
このカイロンという小惑星が解釈が難しく、心理占星術でしか取り上げられていません。
なので比較的自由に書いてしまいました(^_^;)

水のグランドトライン、というわけでとっても優しくてナイーヴ、でもちょっと人に流されやすいところがあるかもしれません。
太陽と月が双子座にあり、それに木星と火星が吉座相を形成していることから、風の星座の影響も強かったんじゃないかなと思います。
基本的な性格はクールで理知的、でも優しいところもある、ということで。

臨機応変にことに対処することが出来て好奇心旺盛、社交的、な双子座の部分が強く出ているんじゃないでしょうか。太陽と月、アセンダント星座は性格を決定する三要素と言われており、そのうちの二つが集中してるんですから。コンジャクション作って。

個別にみていくと、「遊び好きで、目新しいものに本能的に引かれます。」「刺激的・磁力的な魅力があります。エキセントリックな恋愛事件が多く、愛情生活に急変が多いでしょう。」「好色的熱望があり、抑制されなければ性的に過剰となりやすい。」遊び好きで好色な人ですね。イメージ通りです。
「真面目さや緻密さ、慎重さに欠けるきらいがあるかもしれません。」計画性はあまりない印象の人です。


阿衡事件については詳しくないのですが、まさしくそんな感じですね。隠れた敵が突然に積極的になるとか。



   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
2016-12-02

思いつきホロスコープ診断13

2012/04/17 19:37 参照数103

平清盛のホロスコープを診てみます。

こちらの記事(http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=%E6%B8%85%E7%9B%9B%E3%81%AE%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5&source=web&cd=1&ved=0CCYQFjAA&url=http%3A%2F%2Fwww.yomiuri.co.jp%2Fadv%2Fwol%2Fopinion%2Fculture_120227.htm&ei=LkWNT6acDKiSiAfmta3KDw&usg=AFQjCNHEXHDkK0XEMDScdubxd-STOAJ5Kg)を参考にしました。
太陽暦か太陰暦なのかもよくわかりませんし、100%確証のあることなのかも不明ですが、興味があったので一応出してみました。

元永元年1月18日 京都?生まれ
西暦にすると1118年2月10日
〈ユリウス暦で診た改訂後〉

水瓶座の太陽
進歩性と革新精神、独創性と飛躍的な発想力の持ち主です。
友愛精神と平等意識の持ち主であり、独立心も旺盛です。
未来を先取りした新時代の寵児となる人がいる半面、体制に与せず過激な反逆児となる人も多くいます。
自己の信念に忠実であるため個人主義者の様に見られやすいのですが、実際は同志的連帯を求める気持ちがきわめて強いです。

乙女座の月
考え深く冷静な性格です。
現実感覚に富み、実利的な取引をします。
細部を見落とさない注意深さがある反面、度を越して小うるさく干渉的なやり方をする傾向があります。

水星と金星のコンジャクション(0度)
快活な性質と愉快で気楽な態度を与える座相です。
人づきあいが良くて如才なく、話術に魅力があり、楽しい遊びや社交を求めます。
音楽・美術・文芸を愛好し、趣味感覚も年齢より若々しいでしょう。

これに海王星がオポジション(180度)
夢想性が悪い方にあらわれるかもしれません。
楽しい遊びや社交を求めすぎて、非現実的な考えを持つようになる、というような。

月と海王星のコンジャクション
非常な感受性と空想がちな心、心霊的素質を持ちます。
敏感すぎる心が現実に適応できず、隠遁生活を好むこともあります。

これに土星がトライン(120度)
堅実さがいい方向に働いて、上手く社会に適応できるでしょう。

冥王星、木星、太陽が太陽を中心に小三角(60度、60度、120度の関係)
権力・幸運・意志が調和的に働きます。
特に政治の世界に進出するようなことがあれば、いかんなく才能を発揮するでしょう。
意志をもって政治に励むと幸運がついてくるような配置です。

(まとめ)
冥王星・太陽・木星の三天体からなる小三角は、後三条天皇も持っていました。
なんだかムネアツです。
執政者として、素晴らしいものを持っていた、と考えられます。
月と海王星のコンジャクションは意外でしたが、厳島神社の建立など、意外とロマンチストだったのかもしれません。
あとは太陽の革新性が上手く生きています。
同時に気配りの人でもあり(月が乙女座なことから)、この時代のリーダーとしては申し分がありません。


〈ゴレゴリウス暦で診た改訂前〉
山羊座の第三旬の太陽。
この星座に太陽を持つ人は組織の才と社会的使命感に恵まれます。経験と実績の上に立って地歩を保つ人であり、考え方は用心深く保守的です。世間の信用を重んじ一歩一歩着実に歩むため、確実に出世の階段を昇ります。
第三旬の太陽。土星に加えて水星の影響を受けます。物の価値を見抜く能力があり金儲けが巧みで、かなりの蓄財力もあります。しかし、水星の否定的な部分が現れると、冷静さは非感激性となり、悲観的な考えから抜け出せなくなります。

獅子座の月。
誇り高く高尚な性格です。生来人の上に立つ器量があり、頼まれると面倒なことでも引き受けて世話をします。自分の存在を強く意識しているので、称賛されることが好きです。しかし、ときには尊大で横柄な面が現れます。教養のあるなしを問わず大きな包容力の持ち主で、人の情愛には最大の反応を示します。

火星、海王星、木星が木星を中心にT-スクエア
闘争心、理想、宗教or教育or発展性が大喧嘩。
火星と海王星の凶座相。自己賛美と他人を疎んじる傾向があり、憎悪と我儘が人格的な欠点に。非現実的な野望を持ちやすく、努力の方向を誤るために失望に見舞われます。
火星と木星の凶座相。自慢と無謀が人格的な欠点を作りやすい。規律や保護に反抗したがる性格のため、不利益を招きます。
木星と海王星の凶座相。非現実的なアイデアを持ちやすく、具体性に欠けた計画や根拠のない信頼から人生を混乱に導きがちです。迷信深さとだまされやすさもあるようです。

天王星、太陽、冥王星が冥王星を中心にT-スクエア
改革心、自分の意思、権力or破壊性が大喧嘩。
天王星と太陽の凶座相。自意識が強く、反逆的な性格です。異端的な教祖的リーダーの素質もうかがえますが、突然の評判の悪化や運命の逆転に注意を要します。
天王星と冥王星の凶座相。現存しているものを転覆させようとする性質を持ち、破壊的な事柄に執心しがちです。職業生活の激変に遭いやすい、時代変革の嵐と体制危機をはらんだ座相です。
太陽と冥王星の凶座相。自己顕示欲が強く、自己の能力を過大評価する傾向があります。狂信的な大望を持ちやすく、支配的地位を渇望します。運命的には社会的背景や後ろ盾となる人を失いやすい。人生の重大時に信念を失う聞きも生じます。

水星、土星、海王星が地の星座でグランドトライン。
知性、忍耐力、理想が大連立。
水星と土星の吉座相。統一のとれた精神と論理的な思考力を持ちます。律儀で正直な人柄で、ある程度の野心と政治的洞察力もあります。
水星と海王星の吉座相。豊かなイマジネーションとともにフィクションの能力を与える座相です。他人の心情や思想に影響されやすいのが弱点ですが、慈悲や慈善に対し、理解があります。
土星と海王星の吉座相。
優れた自己統制力と精神集中力を持ちます。健全な計画と実際的な手腕が理想の実現を助けます。卓越した知性があり、物事を秩序立てたり、組織をアレンジする能力に長けています。

太陽、水星の合(0度)。
自己表現に富む半面、何事も大胆に断言したがり、かなりの偏見の持ち主ですが、性格的には健全です。知的・合理的な精神を持ち、良い意味での実利性もあります。

太陽、金星の合(0度)。
品性穏やかで情愛の濃い性格です。競争社会より美と快楽の追及に本質があり、演劇界や芸術の世界との接触に有望です。上位者から愛顧されやすく、また上流の社会に属する人々の間に友情を持ちます。男女問わずこのアスペクトを持つ人は、デリケートでフェミニンな印象を与えます。

天王星と金星のオポジション(180度)。
インモラルな恋愛事件が多いでしょう。自由気ままな考えと我儘な感情を持つため、共同に失敗します。

月と金星のオポジション(180度)。
優しさを他人に利用されやすく、評価判断力が弱いところがあります。愛情問題については諦観的であるにもかかわらず、案外人気は高いでしょう。

月と木星のトライン(120度)。
慈悲深く宗教心に富み、他人を寛大に扱い、またよく援助する性格です。なかなか抜け目のない実際的能力があり、ビジネス上の幸運が多い。良友の援助に恵まれやすく、家庭環境も良好。

太陽と土星のトライン(120度)。
実力以上に責任ある立場に立たされやすいけれども、困難を耐え忍ぶ持久力は充分に持ち合わせています。思慮深く威厳があり、他人に落ち着いた影響を与えます。正直で任務に忠実な性格から、年長者の引き立てを受けます。組織運営の才と経営能力があります。また、晩年の成功と安泰も約束されています。


プログレス法で保元の乱が起こった1156年を見ると、月と水星の凶座相(90度)と、水星と金星の合(0度)とが形成されています。
月と水星の凶座相は、心労と多くの小さい苦難が人生に現れやすく、緊張の時期を示します。判断を誤ると今の地位や評判を失います。
水星と金星の合は美や芸術に心を傾けること、愛や好意を表現しようと努めること、社交や訪問の機会に恵まれること、業者間の交流や利益交換が上手くいくことを示します。
清盛38歳の年は重要なターニングポイントだったのですね。結果的には判断を誤ること(=崇徳院方につくこと)はなかったわけですが、実はかなり揺れていたのでは?



自分の中にものすごく葛藤があって、でもそれを乗り越えられるだけの運も持っていて、史実と照らし合わせてみると運がいいだけじゃなく努力もしたんだろうな、という印象。
T-スクエア二つにグランドトライン一つを持っているホロスコープの持ち主はそうはいないはず。
ものすごい確率なんじゃないかと。

「時代変革の嵐と体制危機をはらんだ座相(天王星と冥王星の凶座相)」がT‐スクエアに組み込まれていることで、それをまともに食らってしまったようなのだけれど、この人の場合はそれをポジティブな方向に持っていくことが出来たというか、なんというか。
時代変革の波を‘受けた,のではなく自ら‘作った,ような気さえするよね。

地の星座のグランドトラインは小泉元首相や後醍醐天皇のホロスコープにも現れていて、個人的には地の星座のグランドトラインはすごいカリスマ性の持ち主が持つ複合アスペクトなんじゃないかと思う。
まさに時代の寵児、といった感じ。

宗教や芸術に対しても造詣が深い人で、でもT-スクエアの中にそういった惑星や座相が組み込まれているから、ときにはそれが人生上で障害となったりもしたんじゃないかな。

小説にするならどんな人物設定にしよう。
いろんな側面を持った人だということは確実。
悩みどころです。
もっと本読んで勉強しなきゃ


   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社

2016-11-14

思いつきホロスコープ診断12

2012/03/08 20:28 参照数65

高倉天皇のホロスコープを診てみます。

応保元年9月3日 京都生まれ
西暦にすると1161年9月23日

〈ユリウス暦で診た改訂後〉
天秤座の太陽
優れたバランス感覚と協調性の持ち主。
公正な判断力を持ち、相反する意見の調停を計ることに優れた天分があります。
力に頼らず、穏健な理論と術策を持って物事を解決することを得意とし、対等の権利や利害の絡む交渉に駆け引きの巧みさを発揮します。

蠍座の月
確定的で堅実な性格です。
保守的で変化を嫌いますが、自分の目的に叶うとみれば進んで改革の実行者となります。
感情の起伏が激しく、嫉妬深くてかつ執念深いところも。

土星と金星のコンジャクション(0度)
愛情表現が下手なために苦悩を呼びやすく、年齢差のある人に愛着を持ちやすい。
義務や責任のために自分の幸福を犠牲にする傾向を持ちます。

土星と金星のコンジャクションに火星がスクエア(90度)
情熱が良くない形で土星と金星のコンジャクションの作用に加わるかもしれません。
愛情を上手く示せず、歪んだ形でそれが表出されてしまうかも。

土星と金星のコンジャクションに水星がセクスタイル(60度)
知性で土星と金星のコンジャクションの悪影響をカバーできるかもしれません。

火星と天王星のオポジション(180度)
過度の興奮性の自我を持ちます。
神経的な紛争が多く、些細な事柄にも激しく反発する性格のため、自ら闘争的な環境を作り出していきやすい。
過労によるストレスなどにも注意。

火星と海王星のトライン(120度)
力強く熱狂的な性格です。
主観が鋭く、理想を熱心に推進します。
創造的なイマジネーションを持つ半面、芸術への興味は移ろいやすい。
寛大な性質が名声をもたらす、なんてこともあるかもしれません。

太陽、天王星、冥王星がグランドトラインを形成
意志・革新性・刷新力のすべてが「調和的に」働くでしょう。
天王星と冥王星は世代のアスペクトですが、太陽が絶妙な配置に位置しているため、生まれながらに幸運と、この世代の代表になる運命を手にしているようなところがあります。
この世代の代表、あるいは象徴となるべくして生まれたようなところがあるかもしれません。
使命を持って生まれてきたといって良いのかも。

(まとめ)
基本はバランス感覚に優れた人なんだけど、執念深いところもアリ、ってな感じでしょうか。
そして恋愛ベタですね。これは確実にそうだと思う。
あと、火星の影響が強いです。自分の中の「火星的な部分」を飼いならすことが出来ないと、情熱がおかしな方に傾いてしまったり、情動を抑えることが出来なかったり、ということがあるかもしれません。

太陽、天王星、冥王星がグランドトラインを形成。
以前「天王星と冥王星の吉座相」という記事を書いたことがあります。
http://shionnoidashiginu.blog.fc2.com/blog-entry-189.html
天王星と冥王星が吉座相をとっている1158年2月~1164年10月生まれの人を代表するような存在だったのかもしれませんね。
具体的に言うと、藤原為長、平維盛、藤原家隆、源義経、近衛基通、平教経、平資盛、藤原定家、新田義房、藤原隆忠、北条義時、畠山重忠、平有盛ら。

大惑星二つと、個人天体一つの三天体で構成されるグランドトラインの持ち主。
金星、土星、天王星のグランドトラインを持つ、三条天皇のホロスコープが思い出されました。
この両天皇には似たところがあるかもしれませんね。
肝心なところで運に見放されてしまうところとか。
グランドトラインは幸運な複合アスペクトと言われています。
天皇位に就かせるだけの運は与えるものの、それ以上はムリだよ、ってことなのかもしれません。
大惑星二つと個人天体一つからなるグランドトラインを持つ人の特徴については、もっとサンプルが欲しいですね!

〈グレゴリウス暦で診た改訂前〉
乙女座の第三旬の太陽。
小心でスケールの大きさに欠けますが、緻密な計画性と几帳面さがあって、仕事は正確で良心的です。遠慮深いですが自尊心は強く、批判精神が発達しているために倫理観にも厳しいものがありますが、内心では世俗離れした夢を持っています。
第三旬の太陽。この生まれの人は、水星に加えて金星の影響を受けます。水星の利発さに金星の生産性が加わり、器用で機敏な統一のとれた人となります。しかし、金星の否定的な性質が現れると、物質に執着し損得を第一に考えるようになります。衣食にうるさく、要求が多くて満足することを知らなくなります。

蟹座の月。
感受性が強く、想像力豊かなロマンティックな性格で、自分の未来に夢を持っています。人の世話を焼く親切な気持ちがある半面、人気取りに熱中しがちな傾向もあります。ファミリー感覚に優れているため、身内を大事にします。

水星、海王星、冥王星が水星を中心にT‐スクエア。
水星と海王星の凶座相(90度)。
即興的な話術や文章に良いセンスもありますが、虚言と作り話が多く、陰謀を好むことが人間関係を破壊します。公私混同の考えで失敗しやすく、漠然とした不安と恐怖が計画を不可能にするでしょう。
水星と冥王星の凶座相(90度)。
知識に対するコンプレックスを持ちます。詮索癖があり、邪推したり悪い迷い心を持ちやすい。この座相を持つ人は、過度の神経集中や緊張を避けることが必要です。秘密の漏洩や不利な暴露にも注意を要します。
海王星と冥王星の凶座相(180度)。
魔術師的才能を持つ座相と言われ、詐欺・トリック・集団催眠とも関係します。心理的強制や暗示に屈しやすい性質もあるようです。妄想的な考えやアブノーマルな事柄に取り憑かれた精神状態に陥りやすいことに注意を要します。
T‐スクエアは座相の影響を強調します。

冥王星、火星、天王星が冥王星を中心にメディエイション。
冥王星と火星の吉座相(60度)。
並はずれた体力とパワーの持ち主です。力の表示を好み、強権を熱望します。強力な自信は必然的に偉大な野心を持たせます。これらはよく調和されれば人生において全てを破壊することなく偉大な業績の達成が可能となります。
冥王星と天王星の吉座相(120度)。
古い体制を崩壊して新しい事物を創造するという意味を持ちます。革命的変化への無限のエネルギー休みなき戦闘力があり、目的達成のために集団を組織する特殊な能力を持ちます。
火星と天王星の凶座相(180度)。
過度の興奮性の自我を持ちます。神経的な紛争が多く、些細な事柄にも激しく反発するため、自ら闘争的な環境を作り出していきやすい。邪悪な行為に執心するため急激な破局を招きます。過労によるストレスや、機械による事故に注意が不必要です。
火星と天王星の凶座相の影響は和らぎ、他の二座相にも活気が吹きこまれます。

土星と金星のコンジャクション(0度)。
愛情表現が下手なために苦悩を呼びやすく、年齢差のある人に愛着を持ちやすい。義務や責任のために自分の幸福を犠牲にする傾向を持ちます。

これに月がトライン(120度)。
家庭運を表す月がトラインをとっていることにより、金星と土星の合の影響が少し緩和されます。

wikの「近年の研究では平氏一門と組んで政治を推し進める意図を持っていたとの説も出ている。」という一文が気になってホロスコープを作成してみたのですが、惑星が火・地・水・風のエレメント全てにバランス良く配置されているので、性格を断定することは難しいです。
蟹座が月の支配星であることから、月の影響は強かったんじゃないかと思いますが。
性格を決定する三要素の一つであるアセンダント星座が分かればなあ。
出生時刻がわからないので厳しいです。

あとは変革の星、冥王星の影響が強い印象。
T‐スクエア、メディエイション二つの複合アスペクトに関係しています。
一つ一つの座相の意味を見ていただければ分かるかと思いますが、けっこう野心的な方だったかもしれません。
海王星と冥王星という大惑星の凶座相がT‐スクエアによって強調されてしまったのは不幸と言わざるを得ないかも。
強い精神力があれば乗り越えられる座相でもあるんですけどね、T‐スクエア。

金星と土星の合は乳母を妊娠させてしまった一件を思い出しました。愛情表現が下手で、年齢の高い人に愛着を持ちやすい。月とのトラインも月=母。母≒乳母であったかもしれません。

特別なホロスコープという印象は特に受けません。
不自然な形で天皇になっているので強運の持ち主なのかな、と思ったのですが、そういうわけでもないようです。


   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社


2016-10-02

思いつきホロスコープ診断11

2012/03/04 17:42 参照数118

リクエストにお応えして。

安徳天皇のホロスコープを診てみます。

治承2年11月12日 京都生まれ
西暦にすると1178年12月22日

〈グレゴリウス暦で診た改訂後〉
山羊座の第一旬の太陽。
山羊座は地の星座の終位を占める星座であり、この星座に太陽を持つ人に組織の才と社会的使命感を授けます。この生まれの人は、厳しい現実感覚と発達した経済観念を持ち、長期の困難な準備期間が予想される計画にもひるみません。考え方は用心深く保守的で、確実に出世の階段を上ります。
第一旬の太陽。この生まれの人は土星の影響を二重に受けます。他人の感情をよく読んで自我を抑え、穏健なやり方で物事を進めていきます。しかし、土星の否定的性質が現れると疑い深く臆病になり、自分の考えに自信が持てなくなります。目的が不明確になり、人も将来も恐れるようになります。

牡牛座の月。

太陽と水星の合(0度)。
自己表現に富む半面、何事も大胆に断言したがり、かなりの偏見の持ち主ですが、性格的には健全です。知的・合理的な精神を持ち、良い意味での実利性もあります。

これに月がトライン(120度)。

木星と海王星の合。

土星と冥王星の合。
非常な自制心と克己心の持ち主。運命的に自己の能力を上回る試練を受けがちですが、逆境からでも這い上がろうとする意志が強く、徹底的な自己訓練によってよく困難を克服します。

火星と天王星のオポジション(180度)。
過度の興奮性の自我を持ちます。神経的な紛争が多く、些細な事柄にも激しく反発するため、自ら闘争的な環境を作り出していきやすい。邪悪な行為に執心するため急激な破局を招きます。過労によるストレスや、機械による事故に注意が不必要です。

これに水星がそれぞれ90度でT‐スクエア。

太陽と冥王星のオポジション。

月と金星がスクエア(90度)。

〈グレゴリウス暦で診た改訂前〉
山羊座の第一旬の太陽。
山羊座は地の星座の終位を占める星座であり、この星座に太陽を持つ人に組織の才と社会的使命感を授けます。この生まれの人は、厳しい現実感覚と発達した経済観念を持ち、長期の困難な準備期間が予想される計画にもひるみません。考え方は用心深く保守的で、確実に出世の階段を上ります。
第一旬の太陽。この生まれの人は土星の影響を二重に受けます。他人の感情をよく読んで自我を抑え、穏健なやり方で物事を進めていきます。しかし、土星の否定的性質が現れると疑い深く臆病になり、自分の考えに自信が持てなくなります。目的が不明確になり、人も将来も恐れるようになります。

水瓶座の月。
理解力に富み聡明な性格で、明るい気質の持ち主です。友愛心に富み、親しみやすい社交性を持っていても自主性を失わず、自他共にプライバシーを尊重します。愛情は誠実ですが、因習にとらわれた考えを嫌い、ときには自由恋愛を主張します。

金星・木星・海王星が山羊座でコンジャクション(0度)。
金星と木星の合。社交生活の満足と豊富な恋愛経験を示す座相です。美衣美食の愛好家となりやすいけれど、人生上の快楽を享受する能力は充分です。他人との共同事業にも成功しやすいでしょう。
金星と海王星の合。強い情緒的気質を持ちます。異性に容易く影響される個性を持ち、センチメンタルな愛情に惑溺しがちですが、多くの場合は悲恋となりやすく、秘めた艶事が多いでしょう。快楽に対する感受性が強く、音楽・舞踏・リズムなど律動芸術に調和する性質を持ちます。無限に大きい空想力は、実社会では迷いを感じやすいでしょう。
木星と海王星の合。理想社会への憧憬と共に博愛主義的人生観を持ちます。神秘と瞑想に心を惹かれやすく、神秘主義的な著作や芸術を好み、詩人や画家としての素質もあります。情深く、口の利けない動物を憐れみ、自然と戸外の生活を愛するでしょう。

土星と冥王星のコンジャクション(0度)。
非常な自制心と克己心の持ち主。運命的に自己の能力を上回る試練を受けがちですが、逆境からでも這い上がろうとする意志が強く、徹底的な自己訓練によってよく困難を克服します。

太陽と水星が山羊座でコンジャクション(0度)。
自己表現に富む半面、何事も大胆に断言したがり、かなりの偏見の持ち主ですが、性格的には健全です。知的・合理的な精神を持ち、良い意味での実利性もあります。

これに土星・冥王星がオポジション(180度)。
自己表現に富む性格が邪魔になって試練を克服出来なかったりするかもしれません。

月と火星のトライン(120度)。
大胆で勇敢な性格です。単刀直入で飾り気のない庶民気質にあふれ、感情的な行動が多いようです。制限や強制を嫌い、反抗的な素質もありますが、希望に向かって働くことを苦にしない性格です。男性は働き者の妻を持ち、結婚後に財産を築きます。

火星と天王星のオポジション(180度)。
過度の興奮性の自我を持ちます。神経的な紛争が多く、些細な事柄にも激しく反発するため、自ら闘争的な環境を作り出していきやすい。邪悪な行為に執心するため急激な破局を招きます。過労によるストレスや、機械による事故に注意が不必要です。


10ある惑星のうち、5惑星が山羊座に集中しています。特異な生涯を歩むことを予め定められていたような人です。慎重で気真面目、責任感のとても強い人でしょう。
出生時刻がわからなかったためハウスは考慮していませんが、5惑星が一つのハウスに収まっていたとしたら、またすごいホロスコープです。
風の星座が0、火の星座が1であることから、感情・感覚型の人だったと思われます。感情表現に富む半面、理論的な思考力に乏しく、地に足のついた生活を好みます。
土星と冥王星の合という難しい大惑星のアスペクトを一身に引き受けてしまったような印象を受けます。6歳4ヵ月という若さで亡くなっている天皇ですが、長生きしていたら自己表現に富む性格が身を滅ぼす結果になってしまったのでは、と考えられます。
性格的には基本的には優しく穏やかですが、ときには激しさをのぞかせることもあったのではないでしょうか。
「快楽に対する感受性が強く、音楽・舞踏・リズムなど律動芸術に調和する性質を持ちます。」もしかしたら雅楽が得意で芸術的な才能を持っていたかもしれません。

中々面白いホロスコープです。
成長して青年天皇となっていたらどんな政を行ったのかと想像すると、とても楽しいです。


   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社

2016-09-26

思いつきホロスコープ診断9

2011/08/03 15:53 参照数324

後鳥羽上皇のホロスコープを診てみます。

治承4年7月14日 京都生まれ
西暦にすると1180年8月6日

〈ユリウス暦で診た改訂後〉
獅子座の第二旬の太陽。
権力への熱望と王者の威厳を持ちます。この生まれの人は、自分の魅力と才覚によって社会的に顕著な存在になろうとし、名誉と栄光を欲し、賞賛を求める気持ちにも強いものがあります。物事に対しては全力を挙げて正々堂々と取り組み、けちや卑小さを憎みます。うぬぼれに近い自己過信がある半面、寛大さと度量の広さがあるので、自然と配下に人が集まります。しかし、立場を得られぬ時の焦慮と憂鬱にも目に余るものがあります。
また、この生まれの人は太陽に加えて木星の影響を受けます。太陽の明るさに木星の正義感が加わり、快活で誠実なバランスのとれた人となります。しかし、国政の否定的性質が現れると、高慢となり偏狭となって、自分のために友人を犠牲にしたり、不当に富みを得ることを恥じなくなります。

水瓶座の月。
理解力に富み聡明な性格で、明るい気質の持ち主です。
進歩的な科学精神を持つ半面、幻想的な要素を持ち、神秘的な事がらに惹かれます。
同傾向の人と結ばれやすく、人を信じ、グループ行動に熱心です。
友愛心に富み、親しみやすい社交性を持っていても自主性を失わず、自他ともにプライバシーを尊重します。
因習にとらわれた考えを嫌う傾向もあります。

水星と金星の合(0度)。
快活な性質と愉快で気楽な態度を与える座相です。
人付き合いがよくて如才なく、話術に魅力があり、楽しい遊びや社交を求めます。

月と海王星の合。
非常な感受性と空想がちな心、心霊的素質を持ちます。
感情が高ぶりやすく、敏感過ぎる心が現実に対応できず、隠遁生活を好むこともあります。
男性は秘めた情事を持ちやすいでしょう。

これに火星がオポジション(180度)。
月と火星のオポジション。
横暴で人と争う性質を持ち、怒りっぽさ気難しさが目立ちます。
短気で忍耐力に乏しいところがあります。取り戻しの困難や失敗や損失に遭いやすい。
金遣いが荒く、低級な交友や飲酒にの習慣に赴く傾向もあります。
海王星と火星のオポジション。
自己賛美と他人を疎んじる傾向があり、憎悪と我儘が人格的な欠点を作ります。
非現実的な野望を持ちやすく、努力の方向性を誤るため失望に見舞われます。
官能への耽溺から精力消耗するという暗示も出ています。

月・海王星・火星に対し天王星がスクエア(90度)でT‐スクエア。
変革を司る天王星との凶座相ということで、革命心があだとなりやすい。
独創性が奇異に映り、変人扱いされることもあるかもしれません。
感情・ロマン・闘争心において、その傾向が強まるでしょう。
天王星と海王星の凶座相に関しては、
精神的混乱を招くような奇妙な空想癖と不鮮明な意識を持ちます。
不安定な情緒と敏感で落ち着かない性質があり、迷いと不吉な予感によって前進を妨げられやすいでよす。
この座相は、この世代の刹那主義的な生き方や、信じられるものを見いだせない精神的不幸と関係がありそうです、
ともいわれています。

太陽とカイロンがオポジション。
自分の存在を表す太陽がトラウマやコンプレックスを司るカイロンと対立しているため、自分に自信が持てなかったり、欠落感のようなものを抱いていたりしていたかもしれません。

火星と木星のトライン。
積極的な人生観を持ち、寛大で勇志熱烈な性格です。
男性的なエネルギーが強く、偉大で強力な創造力を持ちます。
集団を指導統率する能力とともに規律に対する忠誠心があり、冒険的行為から名誉を得ます。

木星と冥王星がスクエア。
冒涜的な宗教観を持ち、財力と金権力を渇望します。
悪徳や不正に走りやすく、財政的な問題にもモラルを問われがちです。
また、政治的な権力抗争に関係しやすいでしょう。
最悪の場合は、社会的勢力・地位・財産など、一切を失う不運にも見舞われます。

木星と天王星がセクスタイル(60度)。
楽天主義的な独立精神を持ちます。
宗教や哲学への独創的な見解とともに、高度の知識や学術への理解があります。
幸福な理想と高い政治理念を持ち、新しい事物に対する先見力と予知能力もあります。
予期せぬときに利得を得たり至福の好機に巡り合うでしょう。

〈まとめ〉
「同傾向の人と結ばれやすく、人を信じ、グループ行動に熱心です。友愛心に富み、親しみやすい社交性を持っていても自主性を失わず、自他ともにプライバシーを尊重します。」のあたりは和歌のつながりを連想しました。和歌を含む芸術事業の庇護者としてはなかなか名君だったのかもしれません。やり過ぎ感はありますが。

「横暴で人と争う性質を持ち、怒りっぽさ気難しさが目立ちます。」「短気で忍耐力に乏しいところがあります。取り戻しの困難や失敗や損失に遭いやすい。」「非現実的な野望を持ちやすく、努力の方向性を誤るため失望に見舞われます。」短慮な性格がよく出ていますね(^_^;)努力の方向性を見誤るため~。確かにな!となってしまいました。

「信じられるものを見いだせない精神的不幸」混沌の時代を表していますね。天王星の影響がよくないので、「変化を好む」「独創性を大事にする」といったことが悪い方に出やすいんですね。承久の乱は、やはり起こすべきではなかったと思いますね。

神器なし即位による劣等感、精神的欠落感は、太陽とカイロンのオポジションの影響でしょうか。

「政治的な権力抗争に関係しやすいでしょう。最悪の場合は、社会的勢力・地位・財産など、一切を失う不運にも見舞われます。」
これなんかはまさしくそうですね。
個人天体である火星が木星とアスペクトをとっているため、木星と外惑星のアスペクトの影響を受けてしまったようです。


行動的、かつ活動的なホロスコープ。良いところももちろんたくさんあるのですが、悪い部分、欠点が強調されてしまった印象を受けますね。天王星が上手く使えなくて苦労した印象も持ちました。



〈グレゴリウス暦で診た改訂前〉
獅子座の第二旬の太陽。
権力への熱望と王者の威厳を持ちます。この生まれの人は、自分の魅力と才覚によって社会的に顕著な存在になろうとし、名誉と栄光を欲し、賞賛を求める気持ちにも強いものがあります。物事に対しては全力を挙げて正々堂々と取り組み、けちや卑小さを憎みます。うぬぼれに近い自己過信がある半面、寛大さと度量の広さがあるので、自然と配下に人が集まります。しかし、立場を得られぬ時の焦慮と憂鬱にも目に余るものがあります。
また、この生まれの人は太陽に加えて木星の影響を受けます。太陽の明るさに木星の正義感が加わり、快活で誠実なバランスのとれた人となります。しかし、国政の否定的性質が現れると、高慢となり偏狭となって、自分のために友人を犠牲にしたり、不当に富みを得ることを恥じなくなります。

天秤座の月。
親しみやすく社交的な人柄で、人に好かれる要素を備えています。詩や芸術を愛し、その才能もあります。本来は無精でのんきな性格です。道徳的にはやや疑問に感じられるところもあり、恋愛遍歴を重ねやすく、異性とトラブルを起こしやすいでしょう。

太陽、MC、ドラゴンヘッドの合、及び太陽のカルミネート。
太陽とMCの合。人生における自己の使命の自覚を意味します。明確な目的意識があり、自発的な行動による業績を尊重します。
太陽のカルミネート。自力決定をモットーとし、他人に制肘されることを嫌うワンマンタイプの人でもあります。気位が高く、権力を志向し、栄光を望み、自力で社会的地位を固めようとします。
太陽とドラゴンヘッドの合は他人と交際したり、結合したい願望を表します。共同社会と調和する性質があり、知的・物質的な目的に基づいた連合に成功します。

水星と金星の合。
快活な性質と愉快で気楽な態度を与える座相です。人付き合いがよくて如才なく、話術に魅力があり、楽しい遊びや社交を求めます。

海王星、天王星、月が海王星を中心にT-スクエア。
海王星と天王星のオポジションはこの時代を象徴する大惑星のアスペクトですが、これに月が絡んできます。
また、このアスペクトは刹那的な生き方や、信じられるものを見出せない精神的不幸と関係がありそうです。この方はこれに感情面を司る月が絡んでいるため、特にその影響を受けやすいでしょう。自己欺瞞の傾向があり、偽りを言う性質と人気取り主義があります。また、自意識過剰気味なところがあります。頑固で喧嘩腰になりやすく、他人を見下す傾向もあるようです。反抗精神が強く、非常識な行動をとりがちです。
天王星と海王星凶座相持つ人は不安定な情緒と敏感で落ち着かない性質があり、迷いと不吉な予感によって前進を妨げられやすいでしょう。

海王星と火星のオポジション。
自己賛美と他人を疎んじる傾向があり、憎悪と我儘が人格的な欠点を作ります。非現実的な野望を持ちやすく、努力の方向性を誤るため失望に見舞われます。官能への耽溺から精力消耗するという暗示も出ています。

火星と木星のトライン。
積極的な人生観を持ちます。男性的エネルギーが強く、偉大で強力な創造力を発揮します。集団を指導統率する能力とともに規律に対する忠誠心があり、冒険的行為から名誉を得ます。

月と冥王星のトライン。
多情多感で爆発的な気質の持ち主とはいえ、気位が高く自分でよく感情をコントロールします。肉親愛に富み、身内意識が強いでしょう。環境を支配する能力とともに、人間関係を政治的に利用する特殊な能力を持ちます。

天王星と水星のトライン。
革命的な精神を持ち、独立的で他人に制肘されない性格です。鋭い認識力があり、比較が的確です。特殊な分野に秀でた人となりやすいでしょう。


トラインも多いし、凶座相も適度にある。そう悪いホロスコープではないと思うのですが…。承久の乱→配流の流れはやはり多くを望みすぎてしまった結果なのでしょうか。
「人生における自己の使命の自覚を意味します。明確な目的意識があり、自発的な行動による業績を尊重します。自力決定をモットーとし、他人に制肘されることを嫌うワンマンタイプの人でもあります。気位が高く、権力を志向し、栄光を望み、自力で社会的地位を固めようとします。」
「自己欺瞞の傾向があり、偽りを言う性質と人気取り主義があります。また、自意識過剰気味なところがあります。頑固で喧嘩腰になりやすく、他人を見下す傾向もあるようです。反抗精神が強く、非常識な行動をとりがちです。」「非現実的な野望を持ちやすく、努力の方向性を誤るため失望に見舞われます。」
「うぬぼれに近い自己過信がある半面、寛大さと度量の広さがあるので、自然と配下に人が集まります。しかし、立場を得られぬ時の焦慮と憂鬱にも目に余るものがあります。」

太陽、MC、ドラゴンヘッドの合、及び太陽のカルミネートが人生に大きく作用している感じですね。良くも悪くも。

あとは海王星、天王星、月のT-スクエアかな。天王星と海王星のスクエアが形成されるのは1180年1月~1186年7月までです。治承・寿永の乱、高倉天皇退位→安徳天皇の即位などが起こっています。「刹那的な生き方や、信じられるものを見出せない精神的不幸」の影響をもろに受けちゃっている感じなんですかね。

それと、月と冥王星の吉座相は白河法皇も鳥羽上皇も持ってましたね。上皇をやる上では重要な能力なのかも。

運が良くなかったら、そもそも天子になんてなれていないし、こんなもんかな、という感じです。後鳥羽院については有名な論文・本も読んでいないので当たっているのかはちょっと不明ですが、個人的にはTHE・獅子座な印象です。

   参考文献
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 株式会社平川出版社
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
岡本翔子 2008 心理占星学入門 株式会社アスペクト


例によって「占星学」からほとんど引用してしまいました。訴えられないかちょっと心配です(汗)。
2016-07-01

思いつきホロスコープ診断8

2010/02/11 10:38 参照数87

そろそろネタも尽きてきたので、個人的にものすごく「やっちまったなー」感のある天皇三人組の一人、後醍醐天皇のホロスコープを診てみます。(ちなみにあとの二人は後白河と後鳥羽)。


正応元年11月2日、京都生まれ。
西暦にすると1288年11月26日。

<改討後>
射手座の第一旬の太陽
開放的な性格で楽天家。好奇心が強く、浮気性で興味の対象がコロコロ変わることも。自由を求め、束縛をなにより嫌います。
第一旬の太陽。支配星である木星の影響を二重に受けます。機知に富み、素早い決断と行動力で成功するでしょう。人生に多くを望み多才です。しかし、木星の否定的な部分が現れると、考えや行動がせっかちで落ち着きがなくなります。他人に多くを求めながらも無責任で、物事を完遂させることが困難になります。

乙女座の月
神経質で小心者ですが、批判はします。
細部を見落とさない注意深さがある反面、度を越して小うるさく、干渉的になることがあります。

木星、天王星、水星が水星を中心にティ・スクエア
天王星の革新性や発想力を上手く活かすことができません。理詰めで物事を考え過ぎたり、上手くコミュニケーションをとることが出来ない傾向があります。物事を過度に楽天的に捉えて失敗することもあります。
水星と天王星の凶座相。精神的エネルギーが多方面に拡散しがちで、そのために才能を無駄にすることも。
人に理解されにくく、社会的に追放される危険があります。
木星と天王星の凶座相。誤った思想や信念に固執する傾向。主義や見解の相違から、共同事業に失敗します。

太陽と金星の合(0度)。
品性穏やかで情愛細やかな性格です。
上位者から愛顧されやすく、また上流の社会に属する人々のあいだに友情を持ちます。
男性は裕福な金星の加護を受けような女性と縁があります。

これに土星がスクエア(90度)。
頭でっかちになりがち。
頑固で意固地な印象を持たれることも。

火星と海王星のトライン(120度)。
力強く熱狂的な性格です。
主観が鋭く、理想を熱心に追求します。
霊的・精神的大望のために感情と情熱をコントロールする気分が強いでしょう。


   まとめ
火星と海王星のトラインの、過大な理想主義が根幹にあったのかな、という印象です。
木星と天王星の凶座相の「誤った思想や信念に固執する傾向。主義や見解の相違から、共同事業に失敗します」にもうなずけるものがあります。大惑星の凶座相は、通常必ずしも個人に影響を及ぼすとは限らないのですが、この方はT-スクエアに組み込まれていますからね。水星が絡んでいるので、口だけの軽々しい人、口うるさい人、といったところがあったかもしれません。

改訂前のにも書いたこと↓
火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)と地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)ってあまり相性が良くないからなぁ。なりたい自分(太陽)と、ありのままの感情(月)が喧嘩してしまっている感じなのかも。対外的には器の大きさをアピールしたり、何事にも動じないようにしているけれど、本当は神経質で小心者だったりして、ね。



<改討前>

射手座の第一旬の太陽
開放的な性格で楽天家。好奇心が強く、浮気性で興味の対象がコロコロ変わることも。自由を求め、束縛をなにより嫌います。
第一旬の太陽。支配星である木星の影響を二重に受けます。機知に富み、素早い決断と行動力で成功するでしょう。人生に多くを望み多才です。しかし、木星の否定的な部分が現れると、考えや行動がせっかちで落ち着きがなくなります。他人に多くを求めながらも無責任で、物事を完遂させることが困難になります。

乙女座の月
神経質で小心者ですが、批判はします。細部を見落とさない注意深さがある反面、度を越して小うるさく、干渉的になることがあります。

木星、天王星、水星が水星を中心にティ・スクエア
天王星の革新性や発想力を上手く活かすことができません。理詰めで物事を考え過ぎたり、上手くコミュニケーションをとることが出来ない傾向があります。物事を過度に楽天的に捉えて失敗することもあります。
水星と天王星の凶座相。精神的エネルギーが多方面に拡散しがちで、そのために才能を無駄にすることも。
人に理解されにくく、社会的に追放される危険があります。
木星と天王星の凶座相。誤った思想や信念に固執する傾向。主義や見解の相違から、共同事業に失敗します。

水星と金星がコンジャクション
男性は若くて頭の良い女性と結婚する傾向があります。
ウィットに富み、明るく気さくです。人付き合いが良くて社交的。趣味も多いでしょう。 
これに火星がそれぞれセキスタイル
情熱的な性質が加わります。

海王星と冥王星のトライン
この座相が形成された期間に人々に精神的な変化が起こることを表します。神秘的な事柄や超常現象への興味が生まれやすいとき。新興宗教が台頭し、新たな価値観が生まれることもあります。異常心理を生じやすい危険性も。
これに太陽がそれぞれセクスタイル
大惑星の形成する座相の影響は、個人というよりその期間に生まれた人たち、すなわち世代や時代に及びます。しかし、この方は太陽が関係しているので海王星と冥王星の座相の傾向が本人の性格にもかかわってきます。
宗教的なことに興味を抱きやすく、自らがその中心になることもあり得ます。社会で起こっている思想の変化や流れ
を自身の成功に利用したり、自己実現の手段にすることがあります。

月と木星のトライン
感情豊かで宗教心に富みます。恵まれた子供時代を送る人が多いでしょう。人脈を広げることや、対人関係をビジネスの場に持ち込むのが上手です。大衆的な人気を得ることも可能です。

太陽と土星のスクエア
目標を達成する上で、頑固さや真面目さがあだになってしまうことがあります。実力があっても不運な障害に遭いやすい。野心家である割には小心で、向かない環境が失敗の原因を作ります。過度の警戒心と他人への冷淡さのために人望を失います。



…わりと普通でした。(←微妙に失礼)

こうして見ると、良くも悪くも木星の影響を強く受けてるのかな。射手座の支配星は木星だし。宗教や教育、浪費といったことにウェイトを置く傾向があるかも。

華があって知性も持ち合わせていて、魅力的な人だったとは思いますよ~(水星・金星・火星の関係から)。
人を惹き付ける吸引力のようなものを持っていても、それをずっと維持することが出来るか、となると話はまた違ってきてしまうのですが。風変わりなところや我の強さから、徐々に人望を失ってしまう危険性は持ってます。

「他人に多くを求めながらも無責任で、物事を完遂させることが困難になります。」南朝方として戦ってあえなく散って行った人たちの姿が目に浮かんだよ…。「人に理解されにくく、社会的に追放される危険がある」「共同事業に失敗」とかどんぴしゃじゃないか。

火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)と地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)ってあまり相性が良くないからなぁ。なりたい自分(太陽)と、ありのままの感情(月)が喧嘩してしまっている感じなのかも。対外的には器の大きさをアピールしたり、何事にも動じないようにしているけれど、本当は神経質で小心者だったりして、ね。

   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
2016-06-19

思いつきホロスコープ診断6

2009/04/29 18:28 参照数551

二条天皇のホロスコープを診てみます。

康治二年六月十八日京都生まれ 
西暦にすると1143年7月31日 出生時刻はわからないのでホロスコープは12:00で設定

〈ユリウス暦で診た改訂後〉
獅子座の第一旬の太陽
獅子座の支配性の太陽は、自らの人生を演出する創造性と自己表現力を授けます。
気迫のある強い性格の持ち主で、元気溌剌として疲れを知らず、勤勉で独立心も旺盛です。
自ら大きなエネルギーを持つだけでなく、人々を鼓舞し指導する力を備えており、社会的に大きな責任感を果たします。

魚座の月
同情心が強くセンチメンタルな性格です。
物事に感動しやすい反面、過度に感情に溺れる傾向があります。

太陽と水星のかなりタイトな合。
自己表現力に富む反面、何事も大胆に断言したがり、かなりの偏見の持ち主ですが性格的には健全です。
知的・合理的な精神を持ち、良い意味での実利性もあります。

これに金星も合。
優美さが加わります。憎めない人柄の持ち主、と言えるかもしれません。

太陽と水星の合に土星がトライン(120度)で調和。
太陽と水星の合の実利性に、堅実さが加わります。

太陽と水星の合に木星がオポジション(180度)で不調和。
木星は幸運や拡大性を司る星。
スケールの大きさにはやや欠けていたかな、という印象です。
太陽と木星のオポジションという配置から、意志を貫こうとすると不運が付いて回る、なんてことあったかもしれません。

火星と土星がオポジション(180度)で不調和。
厳格さや過酷さに傾きやすいところがあります。
疑いと不信の念を抱くため、周囲の抵抗と敵意を招きます。
力が尽きると破壊的になりやすく、何事も長続きしない傾向があります。
無謀から起こる災難や、地位に関する不名誉な事件にも注意を促します。

これに木星を挟んでメデイエイション(調停)。
木星の影響で火星と土星の凶座相の作用は大分和らぎます。
幸運の星である木星の力が上手く生かせれば、物事を有利に進めることが出来るでしょう。

月と海王星がトライン(120度)で調和。
優れたインスピレーションと幻想的な才能を持ちます。
同情心が強く慈善的な関心もあります。
大きな名声を得る半面、自己陶酔的な面があり、非現実的な望みを持ちやすい。


   まとめ
二面性のある人だったのかな、という印象です。
THE獅子座な人ではありますが、魚座の月も持っていて意外にも同情心が強い。
芸術に対する理解力も高くて。
朝廷の威信を復活させるためというだけではなく、二条天皇自身が芸術を好んでいたのかもしれません。

「意志を貫こうとすると不運が付いて回る」
これは確かにそうかも。
不運というか、健康をどんどん損なっていきましたね。

火星と土星がオポジションの、
「厳格さや過酷さに傾きやすいところがあります。
疑いと不信の念を抱くため、周囲の抵抗と敵意を招きます。
力が尽きると破壊的になりやすく、何事も長続きしない傾向があります。
無謀から起こる災難や、地位に関する不名誉な事件にも注意を促します。」
は、確かにそんな感じです。
先鋭的過ぎて、誰からも理解が得られなくなったり、ということがあったのかも。

改訂後はそれほど特別なホロスコープという印象は受けませんでした。
四元素のバランスもまずまずですし。
ただ、不動宮に惑星が集中しているので、頑固で環境に対する適応力に乏しいことがあだとなったのかな、という印象です。

〈グレゴリウス暦で診た改訂前〉
□…スクエア座相(90度)

太陽と金星、水星と金星が獅子座で合。
獅子座の第一旬の太陽。気迫のある強い性格の持ち主で指導力に優れ、社会に対し大きな責任を果たそうとします。太陽の否定的な部分が現れると虚勢を張り、暴政を敷くようになります。同情心を失い、自己本位な信念を抱くようになるでしょう。
これに金星が合。男性はやや柔弱で、裕福な女性から援助を受ける傾向があります。
水星と金星の合は人付き合いが良くて如才なく、話術に魅力があることを表します。楽しい遊びや社交を求め、音楽・美術・文芸を愛好します。

天秤座の月。
知的レベルが高く、良き教養人としての素質があることを表します。心は不安定ですが人生に対する精神的興味が強く、対社会的にも活発な交渉を展開します。仕事でも思想でもスケールの大きなものを好み、何事にも精力的に取り組みますが、反面不用意な行動も多いようです。多情で浮気っぽく、多くの異性と交渉を持ちやすいでしょう。

太陽・金星、土星、月が火のグランド・トラインを形成。
意思・愛情・困難を乗り越える力・感情が調和的に働くことを示します。情熱的で個性が強く、他人の干渉を許さないところがあります。理想が高く、野心的です。欠点は性急で思慮分別を欠きやすいことです。

太陽・金星、海王星、木星が海王星を中心にティ・スクエア。
太陽と木星のオポジション(180度)。不用心そのものの楽観主義があり、そのうえ高慢で放縦な性格です。自己宣伝が多い割には約束事に忠実ではないようです。野心的で冒険心が強く、向こう見ずなところがあります。
金星と木星のオポジション。極端に感情に走りやすい傾向があり、世辞を喜ぶ傾向があるようです。贅沢で派手好き。道徳や法律を甘く考えやすいところがあります。誠実さに欠けるため、友情や愛情関係が長続きしません。

この三天体に海王星がスクエアとなっていることから、理想主義や夢想的な考えが悪い影響を及ぼすことが考えられます。
非現実的なアイデアを持ちやすく、具体性に欠けた計画や根拠のない信頼から人生を混乱に導きがちです。感情過剰になりやすく、迷信深さとだまされやすさもあるようです。(木星□海王星)
子供っぽい自己中心的な性格です。物事に無関心かと思えば、現実離れした夢のような名声や成功を渇望することがあります。他人に依存しやすいことが他人に乗じられる原因を作ります。(太陽□海王星)
不安定な情緒と官能への耽溺性を持ちます。自己欺瞞が困難を招きやすく、偽りの世界に安住する性質もあるようです。性的な事柄か金銭的な事柄が原因で名声に傷をつけたり、非難を招きます。(金星□海王星)

天王星、水星、冥王星が水星を中心にティ・スクエア。
天王星と冥王星のオポジションは時代変革の嵐と体制危機をはらんだ座相です。現存しているものを転覆させようとする性質を持ちます。
これに水星がスクエアとなっていることから、知性が災いすることが考えられます。
聡明ですが凝り性で、奇妙な研究癖があるようです。皮肉っぽく、何事にも反対する性質を持つため人に疎まれやすいでしょう(水星□天王星)。
詮索癖があり、考えすぎて頭が疲労しきると破壊的になりやすい性質をもつでしょう(水星□冥王星)。

太陽、火星、土星、木星が火星と土星を中心にメディエイションを形成。
火星と土星の位置により、太陽と木星の凶座相の影響が和らぎます。火星の情熱と土星の堅実さを上手く活用することが出来れば、向こう見ずから起こる困難を乗り切ることも可能でしょう。


これだけ複合アスペクトがたくさんあるホロスコープは珍しい。特別な人生を歩むことがあらかじめ決まっていたような人。
太陽と月を含むグランド・トラインの持ち主だから、目に見えて優れた人だったんだろうなぁ。でも悲しいかな、運が付いてこない(木星の位置の悪さから)。太陽と木星の凶座相は、他の惑星との位置関係からも随分と強調されてしまったのではないかと。角度も180.28とかなり正確だしね。あと天王星と冥王星の凶座相の影響をモロに受けちゃったのね…。「男性はやや柔弱」「迷信深さとだまされやすさもあるようです」「考えすぎて頭が疲労しきると破壊的になりやすい性質」病は気からっていうしねぇ。特にあの時代。心労と迷信深さがあいまって床についてしまったのかな。野心さえ抱かなければ、一教養人として平穏に暮らすことも出来たのかもしれませんね。


なまじ天皇という位を与えられてしまったがために不幸になってしまったんじゃ{%冷や汗2docomo%}。例えばもし臣籍降下していたら、すごく優秀な官人になっていた気がする。もしくは当初の予定通り出家していたら覚性法親王や慈円のように確固たる地位を築き、歴史に名を残していたのかもしれない。
言い方が悪くて申し訳ないのだけど、‘自分の身の丈にあった生き方,が出来ていれば、それなりに人に認められてまずまずの幸福が得られたのでは?とか考えちゃう。ほら、鶏口と為るも牛後と為る無かれ、っていうじゃない?鳥羽→崇徳→近衛→ときたら、近衛に嗣子がいない時点で皇位は崇徳の子の重仁親王、と考えるのが当時的には妥当だったと思うんですよ。やっぱり。そしてそのことに気付かない二条天皇ではなく。なんとなくひっかかりのようなものを覚えていて、それがときに苛立ちとして表出してしまったんじゃないかなぁと。
高く高く積み上げていったプライドは、ダルマ落としのように自分ではもう崩せない。帝という尊位にある人間に対してそれを打ち崩すことはどうしても憚られるわけで。見るに見かねた父親が諌めてもつっぱねちゃうし。過信ともいえる自信の強さの表れですね。そんで高飛車なまま進んで行ったら案の定壁にぶち当たっちゃった。優秀な人ほど他人の理解を得られなかったり、円滑な人間関係を築くことが出来なかったりするよね。妥協したりすることが不得手なのかな?凡人の私にはわからんけど。
後白河院に反発したのには、陰に陽に暗愚と言われていた父親そのものにコンプレックスがあったのではないかと思う。帝としての権威が必ずしも盤石ではなかったことは、自分自身認識があったはず。‘叔父から甥への皇位継承が不自然なために担ぎ出された中継ぎの帝,にすぎない父親と、その皇子である自分。このことに起因する不安や焦燥感が強引な振る舞いや発言に結びついてしまったのでは?
しかし22才で亡くなったわりには強烈な存在感のある天皇だな。もし彼が長生きしていたら、政情はどうなっていたんだろう。後白河院の側近に無理やり退位させられるたことは十分考えられるな。六条天皇に有力な後ろ盾がいなかったのが一番イタイところ。藤原育子が母后とはいえ、しょせんは養母だしねぇ。仮に実子だったなら摂関家と徳大寺家の支援を受けて、高倉天皇-平家ラインとも渡り合えたのではないかと思うんだけど。
…「仮に」「~だとして」とか考えてたら頭がこんがらがってきた(+_+)

末の世の賢王という評判もある一方で、不孝者といった悪いイメージの方が強い二条天皇。彼もまた、激動の時代の犠牲者だったのかもしれませんねぇ。と無理やりまとめてみる。

   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
2016-01-07

思いつきホロスコープ診断7

後三条天皇のホロスコープを診てみます。
長元七年七月十八日 京都生まれ
西暦にすると1034年9月3日

〈ユリウス暦で診た改訂後〉

乙女座の第二旬の太陽
実利的な知性を持ち、優れた識別眼を持ちます。小心でスケールの大きさには欠けますが、綿密な計画性と几帳面さがあります。自立心の強い、頼りがいのある人物です。組織的な思考力と具現性があり、経済手腕にも富んでいます。
ただ、否定的な部分が強く出過ぎると、欲ばかり深くて実際には何もしない人になります。プロセスを練る努力を放棄し、いきなり結論を出そうとして失敗することもあります。

牡羊座の月
元気がよく活発で、衝動的な性格です。進取の気性に富み、人生に野心的で指導者の地位を熱望します。
短気で苛立ちやすく、刺激されるとよく興奮し、喧嘩をしますが仲直りも早いでしょう。
恋に燃えやすく、異性を追い求める方ですが熱が冷めるのも早いでしょう。

土星と天王星の合
強固な意志と、異常な方法ではあるけれど実際的な計画を持ちます。
苦境に耐え抜く力は抜群ですが極端に独立的な生活方針を持つため、風変わりな人物となりがちです。
肉親との疎遠や貧乏が平気だったり、概して異常な人生となりやすいでしょう。

これに月がトライン(120度)で調和
牡羊座の月と調和ということで、バイタリティを持って計画を進めることが出来ます。

太陽と海王星がオポジション(180度)
子供っぽく、自己中心的なところがあります。ある種の無関心があり、無定見な人生となりやすいでしょう。あるいは現実離れした夢のような名声や成功を渇望し、しばしば偽善に走ったり虚業を志向することになるでしょう。
太陽、木星、海王星が木星を中心にメデイエイション(調停)
太陽と海王星の不調和がいくらか和らぎます。
木星の拡大性や幸運を生かせれば、物事は上手くいくでしょう。

月、冥王星、水星が冥王星を中心にT-スクエア
感情・権力・知性が鋭く対立します。
知性にあふれた政治を行いますが、感情的になることがあるかもしれません。

太陽、木星、冥王星が木星を中心に小三角
意志が強く、政治の場でそれを押し通すことで幸運が開ける配置です。
小三角はスケールは小さいのですが、使いやすい座相ですので、実際的に役に立つことが多かったのではないでしょうか。

〈まとめ〉
冥王星が効いています。政治や権力を持つことに向いていたのでしょう。
木星の配置もいいので物事を拡大させる、発展させるということにも向いています。
運は良いというか、強いです。意志が弱いとその運を上手く生かせない、というタイプなのではないでしょうか。
大惑星がアスペクトをとっているので、スケールの大きい人生を歩むことになりそうです。

〈グレゴリウス暦で診た改訂前〉
2009/05/26 01:52 参照数135

乙女座の第二旬の太陽。
実利的な知性を持ち、優れた識別眼を持ちます。小心でスケールの大きさには欠けますが、綿密な計画性と几帳面さがあります。自立心の強い、頼りがいのある人物です。組織的な思考力と具現性があり、経済手腕にも富んでいます。
ただ、否定的な部分が強く出過ぎると、欲ばかり深くて実際には何もしない人になります。プロセスを練る努力を放棄し、いきなり結論を出そうとして失敗することもあります。

山羊座の月。
物事を真面目に突き詰めて考える方です。規律正しく厳格で、ある程度の管理能力を持ちます。利己的な野心があるためか、時には強敵を相手にまわしたり、人々の抵抗を感じることもあるでしょう。計算高く、人の感情に対し関心を持たないという一面もあるようです。
ロマンスとは無縁な人柄ですが、一度心が決まればその愛情は長く続き、心変わりすることはありません。

月と冥王星の合(0度)。
爆発的に気分が変わりやすく、極端な感情表示をする傾向があります。プライドの高さから人間関係が絶えることも多いようですが、不思議と人を惹きつける魅力があります。人生において新局面を開く能力があり、時に応じて生活方針を刷新します。

月・冥王星に太陽がトライン(120度)。
新局面を切り開く上で自らの意思(太陽)が同方向に向かうため、目的が見つかりやすく、それを達成することも出来るでしょう。
月と太陽の調和座相は葛藤の少ない穏やかな性格を表し、人気運もあります。育った環境や若年期に受けた教育が成人後の人生コースを決定することが多いでしょう。
冥王星と太陽の調和座相は自分の信念に殉じようとする傾向を持ち、自己の主権を渇望します。人生上で突然の変化を遂げやすく、新機軸を打ち出して成功します。

土星と天王星の合。
強固な意志と、異常な方法ではあるけれど実際的な計画を持ちます。苦境に耐え抜く力は抜群ですが極端に独立的な生活方針を持つため、風変わりな人物となりがちです。肉親との疎遠や貧乏が平気だったり、概して異常な人生となりやすいでしょう。

土星・天王星に火星がスクエア(90度)。
土星と天王星の合に火星の力がマイナスに働くため、闘争心や攻撃性、活動力が裏目に出やすいでしょう。そのことによって孤独を深めたり、人々の反感を買うことになるかもしれません。
土星と火星の不調和。疑いと不信の念を抱くため、周囲の抵抗と敵意を招きます。力が尽きると破壊的になりやすく、何事も長続きしない傾向があります。無謀から起こる災難や、地位に関する不名誉な事件にも注意を要します。
天王星と火星の不調和。神経的な紛争が多く、些細な事柄にも激しく反発する性格のため、自ら闘争的な環境を作り出していきやすい。過労によるストレスや、機械による事故に注意が必要です。

太陽と海王星がオポジション(180度)。
子供っぽく、自己中心的なところがあります。ある種の無関心があり、無定見な人生となりやすいでしょう。あるいは現実離れした夢のような名声や成功を渇望し、しばしば偽善に走ったり虚業を志向することになるでしょう。


独立心が旺盛で、優れた計画性を持つ人だったんだろうなー。現実的に、堅実に物事を考えられるという点で、これまでの天皇とは一線を画す存在だったのでわ。
「孤独」というのは性格的なものと、宿命的なものの両方からきているみたい。摂関家との対立は頼通たちが一方的に後三条天皇を妨害していたのだと思っていたけど、後三条天皇の方にも問題があったのかもね。

「育った環境や若年期に受けた教育が成人後の人生コースを決定することが多いでしょう。」
後三条天皇の現状刷新力は藤原実政や大江匡房の教育の賜物なのかな。

「ロマンスとは無縁な人柄ですが、一度心が決まればその愛情は長く続き、心変わりすることはありません。」
源基子以外はどうでもよさそうだよね…。「國文學」の後宮特集で角田先生が後三条天皇について「後宮の女官を寵愛し男子をもうけたにもかかわらず、彼女たちを更衣やその他の皇妃とはしないという非常に無責任な形をこの後定着させることになる。」と書かれているのを読んで、ヒデェと思いました(^_^;)他の文献では確認出来てないので、後三条天皇から始まったことなのかはイマイチ確証が持てないのですが。平安時代初期だったら女官に手を出した天皇もいると思うんだけど、その場合は全て皇妃にされていたのかな。

土星・天王星・火星のあたりは崩御のことが思い浮かびました。天皇は亡くなる三か月ほど前に住吉社に参詣しているのですが、そこで住吉の遊女を買ったのではないか、という記事をなにかで読んだ気がするんですよね。体調崩して抵抗力が弱っているときに、そんなことして病気がうつったりしたらどうすんじゃ、と。住吉社への参詣は当時の感覚からすればまだわかるんですがね、病気平癒のこともあったでしょうし。遊女の件はもちろん事実かどうかはわからないんですけど、なんだかなぁと。
後三条天皇って、天皇親政や各種改革といった良いことばかりがクローズアップされがちだけど、女性関係では白河・鳥羽とどっこいどっこいなんじゃないのかな~って思ってしまうんですよね。後三条天皇の基子の引き上げっぷりって、鳥羽院と美福門院になんかかぶる…。


 参考文献
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 株式会社平川出版社
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
茂原輝史(編) 1980 國文學ー解釈と研究「後宮のすべて」 學燈社
竹鼻績 1984 今鏡 講談社
東京大学史料編纂所(編纂) 1980 大日本史料 東京大学出版会
山中裕・秋山虔・池田尚隆・福長進(校注・訳) 1998 栄花物語 小学館

2015-12-11

思いつきホロスコープ診断5

禎子内親王(陽明門院)のホロスコープを診てみます。

長和二年七月六日 丑の刻 京都生まれ
西暦にすると1013年8月15日 1時~3時(ホロスコープは2時で設定)出生

〈ユリウス暦で診た改定後〉
獅子座の第三旬の太陽。
王者の威厳と権力欲があり、名誉と栄光を望む気持ちが強いでしょう。
物事に対して全力をあげて正々堂々と取組み、けちなことや卑小さを嫌います。
自惚れに近い自己過信がある反面、寛大さと度量の広さがありますので、自然と配下に人が集まります。
獅子座の第3旬の太陽は支配星の太陽の他に火星のエネルギーが加わり、闘争心溢れる勇気のある人となります。熱情のある、恐れを知らない冒険的気性の持ち主です。

天秤座の月。
親しみやすく社交的な性格で、人に好かれる要素を備えています。
公正な感覚を持ち、絶対平和主義の立場をとりがちです。
道徳的素質についてはやや疑問で、恋愛遍歴を重ねやすく、異性とトラブルを起こしやすいでしょう。

ASC近くに金星があります。
この位置の金星は、美貌に恵まれることが多いです。
愛することや楽しむこと、芸術と関わることなどが人生の目的となりやすいでしょう。調和的な性質と愛される性格のため、周囲から祝福を受けます。

太陽と水星の合。
自己表現力に富む反面、何事も大胆に断言したがり、かなりの偏見の持ち主ですが性格的には健全です。
知的・合理的な精神を持ち、良い意味での実利性もあります。

太陽・水星の合が木星とオポジション。これに月が入って調停(メディエイション)。

金星と海王星がオポジション。これに月が入ってT-スクエア。

火星と金星がセクスタイル。
暖かく、情愛深い人柄です。恋愛面では情熱的で、性的な魅力があります。


〈グレゴリウス暦で診た改訂前>
2008/08/31 18:01 参照数133
ASC近くに金星があります。
この位置の金星は、美貌に恵まれることが多いです。
愛することや楽しむこと、芸術と関わることなどが人生の目的となりやすいでしょう。調和的な性質と愛される性格のため、周囲から祝福を受けます。

太陽・水星・月が獅子座で合。
基本的性格、知性、感情が‘獅子座的に,働くことを示します。
獅子座の太陽。王者の威厳と権力欲があり、名誉と栄光を望む気持ちが強いでしょう。物事に対して全力をあげて正々堂々と取組み、けちなことや卑小さを嫌います。自惚れに近い自己過信がある反面、寛大さと度量の広さがありますので、自然と配下に人が集まります。
獅子座の第3旬の太陽は支配星の太陽の他に火星のエネルギーが加わり、闘争心溢れる勇気のある人となります。熱情のある、恐れを知らない冒険的気性の持ち主です。
獅子座の水星。信念が強く尊大で、自分の考えを絶対視します。命令したり忠告を与えたりすることを好みます。人の上に立つ器量があり、頼まれると面倒なことでも引き受けて世話をします。
獅子座の月。プライドが高く、自分の存在を強く意識しています。嫉妬心が強く、怒りの感情などの悪感情を隠し立てしないところがあります。
太陽と月の合は性格に偏りがみられることを表します。体面を気にしやすく、虚栄心が強いでしょう。視野が狭く、環境に対する適応力を欠きがちです。

これに木星、土星が不調和。
木星との不調和は全てが過剰となりやすく、過度の楽観視によって失敗を招きやすいことを示します。
土星の影響が悪く出ると不満を持ちやすく、失意の多い人生を歩むことになるでしょう。

月と冥王星がトライン。
多情多感で爆発的な気質の持ち主とは言え、気位が高く自分で感情をよくコントロールします。肉親愛に富み、身内意識が強いでしょう。

金星と土星がトライン。
貞操観念が強く、誠実な愛情を示します。

火星と金星がセクスタイル。
暖かく、情愛深い人柄です。恋愛面では情熱的で、性的な魅力があります。


禎子サマは最強なんてわかりやすく女王様なのか(笑)。
太陽、月、ASCサインは性格を決定づける三要素と言われています。この三つのうち二つが獅子座にあって合ですから、獅子座の部分が強く出過ぎて浮き上がったカンジになっちゃってると思うんですよね。だからわがままで気が強くってプライドが高いの(笑)。下僕タイプ(なんちゅー表現)の人間は好きよね、こういうヒト(笑)。
金星の影響がとても良いので、そうじゃなくてもとても魅力的な女性だったと思います。情愛細やかで面倒見が良くて、美人さんでもその際立った個性が、周囲との軋轢を生むこともあるっていう。自分がイチバンじゃないと気が済まないタチの人だからね、嫄子の入内にも立腹するさ。主上から仰せがあっても内裏には参上しないさ。

彼女にとっては頼通がなんだかせせこましく見えたんじゃないかな?(笑)。
嫄子の入内のことも、気の弱い頼通は禎子に極力バレないように話を進めていて、それが気に食わなかったとか。「来るなら堂々と来なさいよ。こそこそ事を進めたりして、嫌らしいったら。そっちがその気なら、私にも考えがあるわ。見てらっしゃい。」みたいな(笑)。んでボイコット。喧嘩上等の俺様体質なところが、能信と気があったんじゃない?(笑)。
「自然と配下に人が集まります」って、不良グループの番長じゃないんだから(笑)。
楽しいホロスコープだ。

   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
2015-07-17

思いつきホロスコープ診断4

書き途中です。
以前に診断したものとはだいぶ違うものになりそうです(汗)。

2008/08/24 15:36 参照数93

鳥羽院のホロスコープを診てみます。

康和五年一月十六日 子三点の刻 京都生まれ
西暦にすると1103年2月24日 0時30分頃 

〈ユリウス暦で診た改訂後〉
魚座の太陽。

乙女座の月。

太陽と月がオポジション(180度)。

これに土星がそれぞれスクエア(90度)で、T-スクエア。

水星と木星がオポジション(180度)。

これに天王星が加わってメディエイション(調停)。

活動宮が冥王星が一つだけと、少ない。

〈改定前〉
ASC付近に土星があります。
試練や障害に遭いやすく、それらを乗り越え成長することがこの方の人生のテーマです。人生の初期において特にこの傾向が見られます。忍耐力に長けた、努力型の人です。

太陽と水星が魚座、第4室で合。
太陽と水星の合は自己表現力に富む反面、何事も大胆に断言したがる傾向のあることを示します。知的・合理的な精神の持ち主です。
これらが第4室にありますから、知性に恵まれ、家督の相続人として一家の中心的存在になることを示します。成長期には両親との関係が順調でなく、若年期に多くの志望を持ちますが、現実の社会生活には挫折しやすいでしょう。
魚座の太陽。奉仕精神に富み、いかなる環境や立場にも素直に馴染める順応性の持ち主です。ただ、意志薄弱で利用されやすいのが欠点です。

これに土星が射手座でスクエア。
家督相続や晩年期において不運や障害に遭いやすいことを表します。
年齢とともに威厳と人格的な深みが加わります。

月が双子座、第7室に入室。
陽気な人柄で、機知に富みます。
密接な対人関係を持ちやすいことを表します。結婚は情緒生活の中心にあり、最大の幸福の源であると同時に最大の悲しみの源ともなるでしょう。

月と木星が不調和。
不用意に物事を楽観視する傾向があり、それ以上に無頓着でともすると凡庸です。不誠実な友人のために損失を被りやすい。男性は妻や母親との関係に円滑さを欠きがちです。

月が海王星と冥王星とで調和。
自身の感情や対人関係が、理想と権力を追求する上で有利に働きます。
月と海王星の調和は同情心が強く、慈善活動に関心のあることを示します。大きな名声を得る反面、自己陶酔的な面があり、非現実的な望みを持ちやすいでしょう。
月と冥王星の調和は、多情多感で爆発的な気質の持ち主とはいえ、気位が高く自分で感情をコントロール出来ることを表します。環境を支配する能力とともに、人間関係を政治的に利用する特殊な能力を持ちます。

火星と金星が不調和
好色、多情な性質を持ちます。暴力的な素質とともに愛する者と争う性質があり、無分別な恋愛事件が多いでしょう。

金星と天王星が調和
変わった恋愛観の持ち主で、奇妙だが幸福な恋愛エピソードを多く持つでしょう。共同生活に調和する性質とともに、人間関係を機敏に調整する能力があります。


「奇妙だが幸福な恋愛エピソードを多く持つ」がツボ三院御幸のことが思い出されます。あの頃って、鳥羽院にとってはけっこう幸福な時期だったんじゃないかと思う。院政を行うのって自分の思い通りにはなるけど、大変で苦労も多いし。
他の事は全て自分の思い通りになっても、肉体的には璋子を満足させられない白河院。白河院の専横で自身の権限はほとんどないけれど、璋子の夫であり、彼女を独占している状態の鳥羽院。三人の関係を天然で調整する待賢門院璋子。鳥羽院が順応性に富んでいたことも、この関係が成り立っていたことの一要因かも。白河院が崩御したことでこの均衡は崩れてしまうのだけれど、鳥羽院の優越感は大きかったんだろうなぁ。

「環境を支配する能力とともに、人間関係を政治的に利用する特殊な能力を持つ」月と冥王星の調和座相は、白河院にもありましたね。院政期は白河院・鳥羽院の長寿と、私的な人間関係を‘院近臣,という形で政治的に上手く利用したこととで成立したんでしょうね。

この人、晩年にはすごい投げ出しちゃった感があるのよね。信用していた年長の前関白には皇子を呪詛したって噂が立ってるし、マイ・フェア・レディだったはずの皇后はいけすかない関白と組んでぎゃあぎゃあ言って来るしで、「俺はもう疲れた。もうお前らの勝手にしろよ。どうにでもなれ」みたいな。愛児には先立たれるし、疑心暗鬼にはかられるしで、最晩年はけっこう不幸かも(-.-)。美福門院との関係も最初は楽しかったかもしれないけれど、だんだん‘若い後妻に好き勝手されちゃってる老いた夫,みたいな風情が漂ってるし。性格的にも利用されやすいところがあったのかもね。



歴史上の人物のホロスコープ診断、どうせなら藤原頼長とか藤原能信とかアクの強い人物のをやりたいなぁ。頼長は冥王星(権威欲と破滅性)、能信は天王星(革新性とエキセントリックさ)が強く影響していると予想。誕生日がわからないのがとっても残念。
なか②ステキだったのは禎子内親王。女王様のホロスコープっぽかった(笑)。出生時刻を調べてからやります。どっかに記載されているといいんだけどな。

   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
2015-06-10

思いつきホロスコープ診断3

2008/08/05 16:09 参照数131

白河院のホロスコープを診てみます。

天喜元年六月二十日 子の刻 京都生まれ
西暦にすると1053年7月8日 前日の午後11時~午前1時 (ホロスコープは0時で設定)


〈ユリウス暦で診た改訂後〉
蟹座の太陽。
外界に対する敏感な反応と、感情の起伏の激しさを与えます。身内意識が強く、特に自分が保護する立場にある者に対しては、親身な面倒見を惜しみません。環境の変化を喜びますが、先祖から受け継いだ伝統や慣習を守ろうとする気持ちにも激しいものがあります。深い同情心と鋭敏な知力に富んだ、思索型の人です。

魚座の月。
同情心が強くセンチメンタルな性格です。
感受性が強く、物事に感動しやすい反面、感情に溺れる傾向があります。

月・火星・水星のグランドトライン。
感情・情熱・知性が大変調和的に働きます。
小回りの惑星ばかりなので、軽やかな作用をもたらしたのではないでしょうか。

天王星・太陽・海王星がT-スクエア。
改革心・自分自身・夢想性が強烈に対立します。
時代の荒波に自分自身を鋭く対立させるような、そんな配置です。
 
木星・カイロン・土星が小三角。
幸運・癒し・堅実さが調和的に働きます。
幸せに向って一心に努力の出来る人で、それには「癒し」がキーワードになります。

惑星のほとんどが「水の宮」グループにある。
水の宮は蟹座、蠍座、魚座からなるグループです。理性よりも感情に支配される傾向があります。受容的で優しい性格の人ですが半面で意思が弱く、感情の嵐に翻弄されて自分を見失いやすいところもあります。


〈改定前〉
ASCの近くに海王星があります。
理想主義のロマンティストです。非現実的な考えを持つため、他人に理解されにくい傾向があります。慈善や奉仕活動に従事する人生を送ります。

海王星、水星、月、天王星が水星と月を中心にメディエイション。
月と水星がこの位置にあることにより、海王星と天王星の不調和はかなり軽減されます。
海王星の理想主義に天王星の改革精神が組み合わさり、進歩的な大革命を起こすことが出来るかもしれません。それには水星のコミュニケーション力と、月の物事に対する適応力が有効に働きます。
ただ、海王星と天王星の組み合わせがマイナスに働くと、情緒の不安定さや道徳的基準の混乱を引き起こすでしょう。

蟹座の第二旬の太陽
外界に対する敏感な反応と、感情の起伏の激しさを与えます。身内意識が強く、特に自分が保護する立場にある者に対しては、親身な面倒見を惜しみません。環境の変化を喜びますが、先祖から受け継いだ伝統や慣習を守ろうとする気持ちにも激しいものがあります。深い同情心と鋭敏な知力に富んだ、思索型の人です。

太陽と木星が第3室、蟹座で合。
太陽と木星の合は、陽気で楽天的な人柄を与えます。健全な野心もあり、はっきりした主張や行動も起こせる人です。幸運で、人生上の好機や良友の援助に恵まれやすいでしょう。この座相が第3室に入室していますから、知的なことに大変恵まれます。心の充足を他人との知的・精神的な交流に求めます。

太陽と木星の合に、土星が魚座でトライン。
堅実さが加わります。特に太陽と土星の調和座相は思慮深さと威厳を与えます。実力以上に責任ある立場におかれやすいですが、困難を耐え忍ぶ力と持久力を持ち合わせています。

惑星のほとんどが「水の宮」グループにある。
水の宮は蟹座、蠍座、魚座からなるグループです。理性よりも感情に支配される傾向があります。受容的で優しい性格の人ですが半面で意思が弱く、感情の嵐に翻弄されて自分を見失いやすいところもあります。

射手座の月が冥王星と調和、土星と不調和。
射手座の月は思想でも仕事でもスケールの大きなものを好み、何事にも精力的に取り組むことを表します。
冥王星との調和は多情多感で爆発的な気質の持ち主とはいえ、気位が高く感情をよくコントロール出来ることを意味します。環境を支配する能力とともに、人間関係を政治的に利用する特殊な能力を持ちます。
土星との不調和は、劣等感を持ちやすく、常に心に不満を抱えていて憂鬱であることを示します。満たされない寂しい人生を送りやすく、男性は妻運に恵まれない傾向があります。


私のこの方は対する感想は、好きとか嫌いとかいう次元を超えた、もう別次元の人、というものです
保元の乱の原因ー物理的・表面的な原因ではないもっと根源的なーはどこにあるかを辿っていくと、やっぱりこの人に行き着くんですね。鳥羽院の気持ちもわからなくはないし、待賢門院璋子も彼女に何が出来たかを考えると難しいものがあるし。んで養女に手を出して、その養女を今度は自分の孫に入内させて、入内させてからも関係を続けるということをした、白河院に思いが及ぶ。でもこの人なら仕様がないか、という気持ちにさせられてしまうほど、とにかくとにかく破天荒な人。犯人探しに意味はありませんから、いいんですけどね。でも崇徳院の生涯を考えるとやっぱり複雑。

ホロスコープを診てまず思うのは、頭脳明晰だったんだろうなぁということ。
と同時に人並み外れたロマンティストなのね。白河院は賢子亡き後、他に女御・后を迎えようとはしなかったっけ。異母妹の師子や、一時的な性的欲求を満たすために集められた女房たちには、けっこうな迷惑だ。

「身内意識が強い。」璋子に対して行った一連の行為が単なる老狂なのか、はたまた自己の母系に属する養女への偏愛(by保立道久氏)によるものなのかは、本人の他には知りようがない。ひょっとすると本人ですら、頭ではわかっていないのかもしれないな。

「自分が保護する立場にある者に対しては、親身な面倒を惜しまない。」璋子や源有仁に対する感情が、これなんだろうなぁ。有仁に対する厚遇には、政治的策略や罪悪感や同情ももちろんあったのだろうけれど、白河院自身が有仁をとても気に入ったのだと思う。有仁は白河院の心の琴線に触れるものを十分に持っていた(美形で芸達者だしね)。それゆえ白河院は保護し、愛情を惜しみなく与えた。有仁もそんな白河院を実父の政敵とはいえ憎むことは出来なくて、でも実父に対しても愛着があるからその狭間で葛藤して、その結果政治的なことに関わろうとはしなくなった。子孫を残すことにも頓着しなくなり、むしろ面倒なことになるから、男の子は欲しくないなという境地に至った。とこんな予想を私はたてているのだが、どうなんでしょう。有仁の立場って、敦康親王とかぶるのよね。敦康親王より彼が長生きしたのは、他に打ち込める趣味(?)を見つけたからのように思う。和歌や、装束に凝ること、それから恋。北の方と彼はなんだかんだで楽しそうだし(笑)、そういう人生もありよね。ってこれ白河院のホロスコープ診断だっちゅーに(オイッ)毎度のことながらつい脱線してしまふ(++)

また、白河院は政策の一つとして「生類憐みの令」を発令しています。仏教の教理に従い、殺生を固く禁止したんですね。これなんかは海王星の深い同情心や、弱いものに対する憐憫の情が強く出た結果だと思います。

帝(ないし治世者)になるということは、その人の思想や行動が、国全体に影響を及ぼしてしまうということでもあるんですねう~む。院政期みたいな一人の人間に権力が集中する政治形態って、やっぱり危険なんじゃなかろうか。


   文出
保立道久 1999年 平安時代 岩波書店 

   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
2015-04-08

思いつきホロスコープ診断25

源頼朝のホロスコープを診断してみます。

久安3年4月8日、尾張国熱田生まれ
西暦(ユリウス暦)に直すと1147年5月9日、名古屋市熱田区生まれ
出生時間は不明なので12時で設定。

牡牛座の第二旬の太陽。
実際的な感覚と不屈の活動力の持ち主です。この生まれの人は、決定は遅いですが一度決意が固まると堅忍不抜の意思力をもって物事を推進していきます。用心深くはありますが人に信用されればよく責任感を果たし、途中で立場を放棄することもありません。その手腕は堅実で安定性があり、人の信頼に足るものを備えています。
第二旬の太陽。金星に加えて水星の影響を受けます。親しみやすい好感の持てる人物ですが、水星の否定的な部分が現れると、人の心を読み取る狡猾さが現れ、移り気で子供っぽい自惚ればかりが強い人となりがちです。

獅子座の月。
誇り高く高尚な性格です。生来人の上に立つ器量があり、頼まれると面倒なことでも引き受けて世話をします。自分の存在を強く意識しているので、称賛されることが好きです。しかし、ときには尊大で横柄な面が現れます。教養のあるなしを問わず大きな包容力の持ち主で、人の情愛には最大の反応を示します。

太陽・水星・土星・冥王星が主に牡牛座で合(ステリウムを形成)。
意志・知性・忍耐力・刷新性が互いに強く影響しあい、その力は甚大なものに。
水星以外は牡牛座なことから、この力は慎重に発揮されたと思われます。
地の星座ということで、強力なカリスマ性の持ち主だったのではないでしょうか。

これに海王星がオポジション(180度)で不調和。
四惑星のステリウムの効果に、ロマンが邪魔をするでしょう。

太陽・月・海王星が月を中心にT-スクエア。
意志・感情・夢想性との間に不調和が生じやすいでしょう。

月・火星・天王星が火星を中心に小三角。
情熱・感情・改革性は上手く働きます。
特に火星と天王星のトラインは大胆で決断力に富み、自由と独立を強く求める性格です。革新的な着想と独自の発明的想像力を持ちます。偉大な建設的エネルギーがあり、予期せぬ方法によって目的を成就します。

火星と木星がトライン(120度)。
積極的な人生観を持ち、寛大で勇壮熱烈な性格です。男性的エネルギーが強く、偉大で強力な想像力を持ちます。集団を指導統率する能力とともに規律に対する忠誠心があり、冒険的行為から名誉をえます。

まとめ。
太陽と月がイメージのまんまです。
忍耐強い牡牛座のイメージと、生まれながらの王者といっても過言ではない誇り高さ(獅子座の月より)。
火星と木星のトラインの「集団を指導統率する能力とともに規律に対する忠誠心があり、冒険的行為から名誉をえます。」も確かにな~。となりました。
半面現実主義者で、ロマンチックなことは不得手。
四元素や三区分のバランスは悪くないのですが、地の星座のパワーが群を抜いており、そこに比重がいきがちだったのは否めないかも。
改革者としてみると、天王星が月と火星との小三角でわりと有利に働いたのかな、と思います。
「火星と天王星のトラインは大胆で決断力に富み、自由と独立を強く求める性格です」にも頷けるものがありますね。
2015-03-10

思いつきホロスコープ診断1

2008/06/24 03:43 にあげたものを本日改訂しました。

 参照数712

崇徳院のホロスコープを診てみます。

この時代、正確な生年月日と出生時刻がわかるのは、天皇か日記が現存している公卿の子息ぐらいだろうな。

元永二年五月二十八日 申の刻 京都生まれ
西暦にすると1119年7月7日 15時~17時(ホロスコープは16時で設定)


改訂後

蟹座の第一旬の太陽。
外界に対する敏感な反応と、感情の起伏の激しさを与えます。
身内意識が強く、特に自分が保護する立場にある者に対しては、親身な面倒見を惜しみません。
環境の変化を喜びますが、先祖から受け継いだ伝統や慣習を守ろうとする気持ちにも激しいものがあります。
深い同情心と鋭敏な知力に富んだ、思索型の人です。

双子座の月
陽気で軽快な性格です。貪欲な知識欲を持ち合わせます。
旅行好き、遊び好きで、目新しいものに本能的に引かれます。
要領がよくて抜け目なく、勢力の強い側につく巧妙な処世術を身につけています。
生き生きとした豊かな情感を持ち、それが魅力となって異性を惹きつけます。

太陽と金星が蟹座で合(0度)。
品性穏やかで情愛濃やかな性格です。
優雅で快活な人柄ですが、男性はやや柔弱なのが欠点です。
競争社会より美と快楽の追求に本質があり、芸術の世界との接触に有望です。
上位者から愛顧されやすく、また上流の社会に属する人々の間に友情を持ちます。
蟹座ということで、身内を大事にする性質が強いでしょう。

これにカイロンが吉座相(120度)。
自己や他者を癒す力があります。
また、トラウマを克服する上で自己表現や芸術方面のことが役立つでしょう。

月と土星が合
質実一点張りとなりやすく、非感激的な冷淡さを持ちます。
注意深い性質を持ち、陰気で臆病ですが、任務には忠実で秩序を大切にする人となります。
義務に拘束されやすく、人生上の楽しみが少ないでしょう。
男女とも、結婚生活に何らかの苦労が付きまといます。

これに火星が吉座相(120度)。
情熱でもって対応しようとします。

月と土星の合に海王星は凶座相(90度)。
夢想的な面が邪魔をするかも。

木星、冥王星、天王星が冥王星を中心にT‐スクエア。
木星と冥王星の凶座相は政治的な権力抗争に関係しやすく、最悪の場合社会的勢力・地位・財産などを一切失う不運に見舞われます。
天王星と冥王星の凶座相は職業生活の激変に遭いやすく、時代変革の嵐と体制危機をはらんでいることを表します。
また、惑星の格式においては木星が山羊座にあり「衰」、天王星が獅子座にあって「敗」です。
「衰」にあるとその惑星の影響力は弱まり、「敗」にあると弱点が強調されます。

これら大惑星は運行速度が極めて遅いため、惑星間で座相を作る期間も長くなります。
そのため、大惑星の作る座相は個人というよりも、その座相が作られる期間に生まれた人たち全体に影響を及ぼします。

   まとめ
「品性穏やかで情愛濃やかな性格です」
このアスペクトが蟹座にありますから、余計にそうでしょうね。「情愛細やかな性格」。
芸術に優れ、その方面で活躍することで自己を癒す。これがこの方の人生のテーマになりそうです。

その反面、暗くて陰気な部分もあります。
出生のことがありますから、このあたりは仕方がない気がします。
蟹座の影響が強いので、心を許せる人にしか打ち解けない、というようなこともありそうです。
「義務に拘束されやすく、人生上の楽しみが少ないでしょう」
これは本当にそうかもしれません。
自分が嫡流であるという思いから、あまり道に外れた行いはしなかったんじゃないかな、と思います。
子供の数も少ないですし、好色だったという印象は受けません。
人生を進んでエンジョイしようとするタイプではない気がします。

大惑星のアスペクトに至っては、宿命的なものを感じずにはいられませんね。


改訂前

ASC(アセンダント)の近くにカイロンがあります。

ASCはの初期の運を表し、本人が生まれたときの環境によって定まる事柄を示します。
また、本人の人生に対する姿勢を決定します。

カイロン(キローンともいう)は小惑星で、コンプレックス、トラウマ、ヒーラー、‘傷ついた癒し手,を表します。
このカイロンが秘密、障害、潜在している事柄、集合的無意識を意味する第12室にあります。

この方の人生の主題は自己のコンプレックスやトラウマを克服し、それによって他者を癒すことにあると思われます。
コンプレックスやトラウマの原因は、秘密や潜在している事柄にあります。
それを自分では意識していない、もしくは意識していてもそれを隠そうとする傾向があります。


木星、冥王星、天王星が冥王星を中心にT‐スクエア。
木星と冥王星の凶座相は政治的な権力抗争に関係しやすく、最悪の場合社会的勢力・地位・財産などを一切失う不運に見舞われます。
天王星と冥王星の凶座相は職業生活の激変に遭いやすく、時代変革の嵐と体制危機をはらんでいることを表します。
また、惑星の格式においては木星が山羊座にあり「衰」、天王星が獅子座にあって「敗」です。
「衰」にあるとその惑星の影響力は弱まり、「敗」にあると弱点が強調されます。

これら大惑星は運行速度が極めて遅いため、惑星間で座相を作る期間も長くなります。
そのため、大惑星の作る座相は個人というよりも、その座相が作られる期間に生まれた人たち全体に影響を及ぼします。

ただ、個人のホロスコープでもこれらの惑星がASCの支配星・太陽・月によって強化されていると、影響が強くなる場合があります。
このT‐スクエアは厳しいもので、格式も良くありません。個人のホロスコープに影響が出るのは望ましくないでしょう。

この方は、これらの惑星に月が関係しています。
木星、月、天王星で調停(メディエティション)の複合アスペクトを形成しています。
調停の座相ではオポジション(180度)の切迫状態は緩和され、トライン(120度)の穏やかさには活気が吹き込まれます。
木星と天王星が180度、月と天王星が120度、木星と月が60度です。
冥王星と月もセミセキスタイル(30度)で調和座相を作っています。

月との調和は、関係する惑星に感受性と想像力、人気などを与えます。

どんなホロスコープかな~?と軽い気持ちで診断したんですが、なんだか切なくなりました
カイロンの位置にびっくり。らしすぎる。
あのT‐スクエアは時代なんだろうなぁ。天王星と冥王星がスクエア(90度)を形成するのは1117~1120年なのだけれど、西行や藤原頼長もこのあたりに生まれています。

もちろん影響の良いものもあるんですけど。
カイロンが自己実現・誇りを表す太陽や、芸術的才能・恋愛を表す金星とトラインだったり。
トラウマを克服する上で、自身が嫡系であるという矜持や、和歌の作成、恋愛は有利に働いたと思います。
太陽と金星の合は品性穏やかで情愛深い性格を、太陽と海王星の吉座相は洗練された清廉な人柄を与えます。
また心理的・創造的な才能があり、虚構の世界で成功しやすいでしょう。

家庭運・家族運を意味する第四ハウスには月があります。
この位置の月は両親からの強い影響を受けることを示します。
精神的な安定感を家庭に求めることが多くなります。

この月はカイロンとセスキコードレコード(135度)。困難を意味し、混乱を示す座相です。
家族(鳥羽院)と上手くやれなかったことは、トラウマを克服する妨げとなっただろうな。
感受性や想像力に恵まれている分、余計につらかったかもしれない。

   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
2014-08-17

思いつきホロスコープ診断24

ツイッターで名前を出したら反響があったのでホロスコープ診断してみました。
読むのが大変でしたらまとめだけでもオッケーです。


初めに断わっておきますが、私が占いたかったのは、もとい診断したかったのは、人間「東条英機」です。
極右が歪んだ形で崇めている「東南アジア諸国を救った悲劇の英雄(ヒーロー)」でも、
極左が不当に貶めている「戦争を起こした大悪人」でもありません。

そして私自身は愛国心を持ってはいますが、ナショナリスト(国益主義者)にはなるまいと考えております。
藤原正彦さんの言葉を借りるなら、私はパトリオット(祖国愛者)を目指しております。
藤原さんの「国家の品格」によれば、愛国心という言葉には、初めから「ナショナリズム(国益主義)」と、「パトリオティズム(祖国愛)」の両方が流れ込んでいたそうです。
この二つを大別せずに使っていたために、ナショナリズムの低下とともにパトリオティズムの低下まで招いてしまった、と藤原さんは嘆いています。
多くの日本人に対して祖国愛を取り戻してほしいな、と思います。
そしてそれはナショナリズムなしでも語れるし伝わると信じたい。
甘っちょろいかもしれませんが、最近のヘイトスピーチなんかを聞いていると切にそう願います。


東条英機 1884年7月30日東京生まれ

獅子座の第一旬の太陽。
気迫のある強い性格の持ち主で、元気溌剌として疲れを知らず、勤勉で独立心も旺盛です。
自ら大きなエネルギーを持つだけでなく、人々を鼓舞し指導する力を備えており、社会的に大きな責任を果たします。
しかし、否定的な性質が現れると虚勢を張り暴政を敷くようになります。
同情心を失い、自己本位の信念で道を誤ります。

蠍座の月。
確定的で堅実な性格です。
自己信頼の念が強く、何事に関しても率直かつ真剣で、そのファイトによって過労もいとわず戦い抜きます。
保守的で変化を嫌いますが、自分の目的にかなうとみれば進んで改革の実行者となります。
感情が激しく、怒りもし、嫉妬も執念も燃やす人です。

太陽と木星の合。
自分の人生に満足している人に特有の快活さと寛大さが見られます。
陽気で楽天的な人柄ですが、健全な野心もあり、はっきりした主張や行動も起こせる人です。
幸運で、人生上の好機や良友の援助に恵まれやすく、共同事業による社会的成功が期待できます。

カイロンと冥王星の合。
「エロス(性)とタナトス(死)」に関して魂の傷(トラウマ)を持ちます。
SEXと死に対する強い衝動があるか、逆に理由もなくタブー視したり怖れを抱くか。
内惑星との強力なアスペクトがあるので、実際の臨死体験や性的虐待を示す場合もあります。
……(カイロンと冥王星の合は解釈が難しかったため、「心理占星学入門」からすべて引用しました)。
ただ、極端なアスペクトであり、究極的な性格の持ち主となることはいえると思います。

これに火星がトライン(120度)で吉座相。

冥王星と火星のトライン。
スーパーマン的体力と並外れたパワーを持ちます。
力の表示を好み、強権を熱望します。
強力な自信は必然的に偉大な野心を持たせます。
これらはよく調整されれば、人生においてすべてを破壊することなく偉大な業績の達成が可能となります。
原子力科学に適性を持つとされる座相で、警備や軍備にも適するでしょう。

カイロンと火星のトライン。
攻撃性や行動力に対してトラウマを持つが、それらはいい方に向かうことが多いようである。
男性は特に自分の正当な攻撃性を表現できないか、過剰に「男らしさ」を誇示するか。

火星と太陽・木星とカイロン・冥王星が太陽・木星を中心に小三角。
情熱・意志・発展させる力・権力がすべて調和的に働いて強大なパワーをもたらす。
また、これらをトラウマを良い方向にもっていく力にすることもできる。
ただし、凶座相がないために物事が順調に行きすぎ、思わぬ見落としを招いたりすることもあると思われる。

月と金星がトラインで吉座相。
情愛深く優しい性格で、穏健で正しい見通しと調和のとれた価値観の持ち主です。
良い人的環境に恵まれやすく、本人ものびのびとした感性と洗練された社交感覚で周囲を魅了します。
交際上の人気を博しやすく、広く愛好者を持つでしょう。
男性は身も心も美しい妻に恵まれます。

太陽・木星と月がスクエア(90度)で凶座相。

太陽と月のスクエア。
意志と感情との間に葛藤を生じやすく、荒々しく好戦的な性格から仲間から孤立しがちです。
職業上の問題で父親と意見が対立したり、上位者の反対を受けることもしばしばです。
性格の合わない人と結ばれやすく、男性は社会的に成功しても家族の不満を招きやすいでしょう。

木星と月のスクエア。
不用意に物事を楽観視する傾向があり、それ以上に無頓着でともすると凡庸です。
自由気ままで落ち着きがなく、無意味な浪費が多いでしょう。
投機にも幸運は望めません。
外国生活での不快事にも注意を要します。
男性は、妻や母親との関係に円滑さを欠きがちです。

水星と海王星がスクエアで凶座相。
精神的に散漫で、知覚が混乱したり思考が不鮮明となりやすいようです。
即興的な話術や文章に良いセンスもありますが、虚言と作り話が多く、陰謀を好むことが人間関係を破壊します。
公私混合の考えで失敗しやすく漠然とした不安と恐怖が計画を不可能にするでしょう。

水星と土星がセクスタイル(60度)で吉座相。
統一のとれた精神と論理的な思考力を持ちます。
律義で正直な人柄で、ある程度の野心と政治的洞察力もあります。
計数の才能とともに簡潔な手腕があり、正確で無駄のない仕事をする人となります。
理論に添った学問研究や、官公務、その他一切の組織的業務に適します。

大惑星のアスペクト
土星と天王星がスクエアで凶座相。
反社会的・非社交的な性質をもちます。
風変わりな所信や趣味を持ち、哲学的主題にこだわえるため物事が停滞しがちです。
運命的に妨害されたり抑圧される傾向があり、他人に苦汁を飲まされる不運もあるようです。
政治的には独裁的革命家としての素質もありますが、良い地位からも失墜・転落しやすく、晩年も孤独になりやすいでしょう。

(まとめ)
オポジション(180度)がなく、ヨードを持ってもいないため、複合アスペクトがありません。
このため、スケールの大きさにはいささか欠けたのかな、とは思います。
獅子座と双子座に惑星が三つずつ。
この二つの星座の影響が強いでしょうね。
特に獅子座の太陽の
「気迫のある強い性格の持ち主で、元気溌剌として疲れを知らず、勤勉で独立心も旺盛です。
自ら大きなエネルギーを持つだけでなく、人々を鼓舞し指導する力を備えており、社会的に大きな責任を果たします。
しかし、否定的な性質が現れると虚勢を張り暴政を敷くようになります。
同情心を失い、自己本位の信念で道を誤ります。」
ああ、それっぽいなあと感じました。
ただ、全体にかかってくるのは何といっても「火星と太陽・木星とカイロン・冥王星が太陽・木星を中心に小三角」でしょうね。そしてこれに月が喧嘩しています。
軍人としては才能も実力もあり、また運にも恵まれているのに、いや恵まれすぎているがゆえに詰めの甘さのようなものを残してしまう。
それに月(感情)が対立していますから、意志の強さや周囲の期待とは裏腹に感情的な葛藤は大きかったと思いますよ。
また、冥王星と火星のトラインにも驚かされました。
「スーパーマン的体力と並外れたパワーを持ちます。
力の表示を好み、強権を熱望します。
強力な自信は必然的に偉大な野心を持たせます。
これらはよく調整されれば、人生においてすべてを破壊することなく偉大な業績の達成が可能となります。
原子力科学に適性を持つとされる座相で、警備や軍備にも適するでしょう。」
ドンピシャだなあと。
この座相だけにとどまらず、多くの座相が彼が軍人向きであることを指し示しています。
土星と天王星の凶座相の
「政治的には独裁的革命家としての素質もありますが、良い地位からも失墜・転落しやすく」
独裁的革命家になるには器が小さかったのかもしれません。
あるいは時代が彼にそれを許さなかった。
私は最近こういうツイートをしました。
「東条英機氏は、御厨貴監修の「歴代首相物語」でいうところの、「明治憲法体制の軋みの中で必死にもがき続ける、孤独な戦時首相」by村井哲也氏というのが一番近いと思われるよ」
「個人的には加えて自ら貧乏くじを引いてしまった可哀想な人というのがあるかな。
山縣有朋が生きた時代とは違うんだよ。」
村井哲也氏は、本の中で上記のツイートにさらに続けて「こうした観点から東条内閣の軌跡を見るとき、改めて日本の政治におけるリーダーシップの奥深さと難しさが垣間見えてくるだとろう」と書かれています。
当時山縣有朋のような人間が生きていたら、もしくは東条英機氏自身が山縣有朋のようになっていたら、彼の死に方(生き方にあらず)は違ったものになっていたと思います。
元老となった人は確かにすばらしい器量の持ち主だったでしょう。
ですがそれだけではありません。
元老が生きた時代も重要だったと私は考えています。
元老が思う存分活躍できた時代、明治という時代が異質なのです。
こうした表現は月並みを通り越して「陳腐」と形容されるかもしれませんが、東条英機という人と元老(山縣有朋や伊藤博文)とを比べると、「時代も悪かったんだ」と東条氏に同情してしまいます。
話がずれました。
カイロンと火星のトラインの「男性は特に自分の正当な攻撃性を表現できないか、過剰に「男らしさ」を誇示するか。」男性性がキーワードになる気がしますね、この方の場合。
良くも悪くもこの方は生粋の軍人であった。
それはある時は日本にとって優位に働いたし、ある時には悪い方向に働いた。
こんなところではないでしょうか。

昭和史には詳しくないので、資料によらずなるべく客観的に診断したつもりです。
「大日本帝国軍の真実」も買っておいて一部しか読んでません。
すみません(汗)。


   参考文献
(はじめに)
藤原正彦 2005 国家の品格 新潮社

(占星術関連)
秋月さやか 1995 正統占星術入門 学習研究社
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
松村潔 2004 完全マスター西洋占星術 逸話社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社

(政治関連)
御厨貴(監修) 2003 歴代首相物語 新書館
2014-06-26

思いつきホロスコープ診断23

書き途中です。

聖徳太子のホロスコープを診てみます。

聖徳太子。敏達天皇三年一月一日。西暦にするとユリウス暦574年2月7日生まれ。出生時刻は12時で設定。

水瓶座の第二旬の太陽。
進歩性と革新精神、独創性と飛躍的な発想力の持ち主です。
未来を先取りした新時代の寵児となる人がいる半面、体制に与せず過激な反逆児となる人も多くいます。
自己の信念に忠実であるため個人主義者の様に見られやすいのですが、実際は同志的連帯を求める気持ちがきわめて強いです。
第二旬の太陽。
頭脳明晰な学問好きの人で、意識のボルテージが極めて高く、論理を組み立てたり言葉を操ることが巧みで、特異な思想を打ち立てます。
しかし、否定的な部分が出ると神経的奇矯さをコントロールできなくなります。
怜悧さが冷酷さとなり、鋭い知性を間違った企てのために使うようになります。

水瓶座の月。
理解力に富み聡明な性格で、明るい気質の持ち主です。
友愛心に富み、親しみやい社交性を持っていても自主性を失わず、自他共にプライバシーを尊重します。

太陽と月の合。
太陽と月の合は性格に偏りがみられることを表します。
体面を気にしやすく、虚栄心が強いでしょう。視野が狭く、環境に対する適応力を欠きがちです。
同僚や仲間からは孤立しやすいですが、新計画の実行や新生活の開始に際しては上位者からは援助があります。
男性にとっては有利な結婚を示します。

これに海王星がスクエア(90度)。
太陽と海王星の凶座相。
子供っぽい自己中心的な性格です。
ある種の無関心があり、無定見な人生となりやすい。
現実離れした夢のような人生を渇望し、しばしば偽善に走ったり虚業を志向します。
他人に依存しやすいことが他人に乗じられる原因を作ります。

月と海王星の凶座相。
自己欺瞞の傾向があり、偽りを言う性質と人気取り主義もあるようです。
空想や幻想に溺れやすく、人間関係でも仕事の面でも期待を持ちすぎるため、失望が絶えません。
男性は道徳的にルーズな面があり、異性関係で醜聞を起こしやすいでしょう。

月・天王星・火星の合。
感情・革新性・情熱が合わさります。

月と火星の合。
短気で衝動的、活動的な性質を持ちます。
向こう見ずに危険に突入する傾向があり、やり過ぎと早吞込みも多いようです。
他人事に干渉したがる性格のため、交際上不和を招きやすいでしょう。

月と天王星の合。
聡明で多才な人柄ですが、非凡な望みを持ちやすく、型にはまった考えを嫌います。
感情的な緊張が強く、不安定な気分が突然に変化を起こさせます。
思想と行動の独立性を守ろうとする気概が強いため、時には敵を作り孤立することもあるでしょう。

火星と天王星の合。
緊張性の自我を持つと言われる座相です。
意志強固で、強制や圧力に強く抵抗する性質を持ちます。
発作的な神経興奮にかられやすい。
異常な行動をとりがちですが、ユニークな発明的創造力があり、科学技術や機械に対する興味と才能を持ちます。

これに土星がセクスタイル(60度)。
堅実さが加わります。

木星・天王星・火星の合。
拡大性・革新性・情熱が合わさります。

木星と天王星の合。
独立的な生活信条を持ち、片意地に信念を固守します。
革新的な思想に傾倒しがちですが、意識のレベルが高く、純粋かつ献身的な信仰心があります。
ユニークな人生体験をしやすく、予期せぬときに友情を得たり知的援助に恵まれるでしょう。

火星と木星の合。
エネルギッシュな体質と強い冒険精神を与える座相です。
好戦的でともすれば貪欲な野心家となりがちですが、人生に対する欲望が多く、幅広い活動力を持ちます。

太陽・月・天王星・火星・木星が水瓶座でマジョリティ。
意志・感情・改革心・攻撃性・幸運の訪れ方全てが「水瓶座的に」働きます。
博愛精神に富み、友情を重んじ、常に新しいことを探求し続けます。

水星と金星が山羊座で合。
快活な性質と愉快で気楽な態度を与える座相です。
人付き合いがよくて如才なく、話術に魅力があり、楽しい遊びや社交を求めます。
音楽・美術・文芸を愛し、趣味感覚も年齢より若々しいでしょう。
山羊座での合ということで、真面目で理性的なものになるでしょう。

金星と海王星がトライン(120度)。
夢見がちな性質と魅惑的な個性を持ちます。
恋愛は官能的・情緒的なムードを伴い、感覚的な快楽に夢中になりがちですが、魅力的な恋人となります。
洗練された高尚な趣味を持ち、音楽や芸術への献身性もあります。
実社会で戦う力には欠けますが、芸術家には有利に働く座相です。


聖徳太子のホロスコープ、それなんか調べる意味あんの?と言われてしまったらおしまいなわけですが(^_^;)。
そもそも元旦生まれってのが怪しいんですよねえ。
日本書紀の作者の作為をみますわ。
持統天皇の即位も元旦ですし日本人にとってはやはり元旦というのは特別な意味があるのでしょう。

まあこの日周辺に生まれているなら、聖徳太子は水瓶座的な人だったと思われますよ。

まとめるのが大変そうなホロスコープですが、すごいカリスマ性の持ち主で(マジョリティから)、いろんな側面を持った人だったのではないでしょうか。
ちなみに第一印象は意外と人間くさいな、というものでした。


   参考文献
秋月さやか 1995 正統占星術入門 学習研究社
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
松村潔 2004 完全マスター西洋占星術 逸話社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
2014-05-01

思いつきホロスコープ診断2

2008/07/31 21:07 参照数1003

後白河院のホロスコープを診てみます。

占星術的アプローチからも歴史学的アプローチからもおよそ意味不明な行為ですが、いいんです、楽しいから(笑)
でも前回の思いつきホロスコープ診断、かなり参照数が多いんですよね。どんな検索ワードで引っ掛かるんだろ?


大治二年 九月十一日 戌の刻 京都生まれ
西暦にするとユリウス暦1127年10月18日 19時~21時頃 (ホロスコープは午後8時で設定)


2014年5月1日、グレゴリウス歴ではなくユリウス暦で作り直したものを再褐することにしました。
ステリウムで検索して来られる方があまりにも多いので(^_^;)。
これはヤバいなと。

ステリウムに関しては
「思いつきホロスコープ診断21」http://shionnoidashiginu.blog.fc2.com/blog-entry-348.html
「四天体のステリウムと芸能人、松本莉緒さんのホロスコープから」http://shionnoidashiginu.blog.fc2.com/blog-entry-355.html
をご覧ください。


〈改訂後〉

蠍座の第一旬の太陽。
強い精神力と胆力を持ち、人の畏怖することを恐れません。
精神的にも世俗的にも最高の地位を極めようとする願望を持ち、最後まで戦い抜き、執念復讐心とも激烈です。
鋭敏で物事を見抜く並外れた性格の持ち主ですが、意志力によって自分をよくコントロールします。
第一旬の太陽。絶大な精力と活動力を持つ人で、不眠不休で働く奮闘力は他の人に真似が出来ません。
勇敢で野心的で征服欲も旺盛です。
しかし、否定的な部分が現れると、万事にやりすぎの傾向を持ちます。
力が尽きると精神と情緒の均衡が破れて破壊的となり、周囲に恐ろしい不安を作りだします。

魚座の月。
害のない平和で純真な人柄です。
情に流されやすく、恋ばかりでなく人の弱さや受難に対しても愛の犠牲心を動かし、自己を捨てようとします。
人を信じやすいため、人生にやり直しが多くなりやすいでしょう。

水星、木星、土星、海王星の4天体が天秤座でマジョリティ(惑星の集合体)。
この方の人生の目的は‘社交,と‘美しいものを愛すること,にあります。バランス感覚と協調性に優れていますが、天秤座の影響が強く出過ぎると耽美的・享楽的になりやすいでしょう。
中でも木星・土星・海王星が合。
幸運・試練・ロマンが合わさり、その力は甚大なものに。
ただ、これは大惑星のアスペクトなので、個人というよりは世代的な特徴として表われます。
また、木星と土星の合は特別に大合(グレートコンジャクション)と呼ばれており、重責を完遂する能力と偉大な業務執行力を与えるとされます。
ただ、試練に負けてしまうとせっかくの幸運や好機も逃してしまうでしょう。

これに火星が調和(60度)。
火星と木星の吉座相。
積極的な人生観を持ち、寛大で勇士熱烈な性格です。
男性的エネルギーが強く、偉大で強力な創造力を持ちます。
集団を指導統率する能力と共に、規律に対する忠誠心があり、冒険的行為から名誉を得ます。
火星と土星の吉座相。
並々ならぬ忍耐と不撓不屈の精神を与えます。
質実剛健、用意周到な性格です。
地道であるほど底力が発揮されやすく、老いて盛んなバイタリティを持ちます。
同情を退け冷酷な見せかけをするのが優位つの欠点ですが、権威ある地位を維持し得る素質があり、長期の努力によって野心を達成します。
火星と海王星の吉座相。
力強く熱狂的な性質です。
主観が鋭く、理想を熱心に推進します。
創造的なイマジネーションを持つ半面、芸術への興味は移ろいやすい。
霊的・精神的大望のために感情と情熱をコントロールする気分が強く、寛大な性質が名声をもたらします。

太陽と冥王星の不調和(180度)。
自己顕示欲が強く、自己の能力を過大評価する傾向があります。
狂信的な大望を持ちやすく、支配的地位を渇望します。
運命的には社会的背景や後ろ立てとなる人を失いやすい。
人生の重大事に信念を失う危険も生じます。

月と天王星が不調和(180度)
自意識過剰気味。頑固でけんか腰になりやすく、他人を見下す傾向もあるようです。非常識な行動をとりがちで、共同生活には向きません。友人の離反による精神的ショックもしばしばですが、原因はたいてい自分が作ります。

月と金星の調和(120度)。
情愛深く優しい性格で、律儀で正しい見通しと調和のとれた価値観の持ち主です。
良い人的環境に恵まれやすく、本人ものびのびとした感性と洗練された社交感覚で周囲を魅了します。
交際上の人気を博しやすく、広く愛好者を持つでしょう。

火星と冥王星の不調和(90度)
暴力的な素質を持ち、自ら危険に急接近しがちです。
異常な精力を持つ反面、性的には倒錯傾向を持つとされます。
他人への無慈悲な行為によって目的を達成しようとするため、非情な敵を作ります。


天秤座のマジョリティと、火星と冥王星が効いていると思います。
蠍座の守護星は冥王星ですし。
「絶大な精力と活動力を持つ人で、不眠不休で働く奮闘力は他の人に真似が出来ません。」
今様への執着とかすごいですよね(^_^;)。
「しかし、否定的な部分が現れると、万事にやりすぎの傾向を持ちます。
力が尽きると精神と情緒の均衡が破れて破壊的となり、周囲に恐ろしい不安を作りだします。」
恐ろしい不安……。確かに。白河院とは違った怖さがありますねえ。


〈改討前〉
水星、木星、土星、海王星の4天体が第4室で合。

天体が3つ以上で合を形成することを、ステリウムといいます。
ステリウムはそれの在するサインとハウスの特性を非常に強調し、拡大させる力を持ちます。複数の天体の特徴が引き合わさって一方向へと向かうために、ステリウムを持つ人は頑固で偏った性格になりやすいとされます。特にこの方は大惑星が交わっていますので、そのパワーには甚大なものがあります。

第4室は「家庭の部屋」です。家族との関係や家督相続、世襲財産などを示します。この方は家庭や相続関係を人生において重要なものとする傾向があると思われます。第4室には他にも天王星(エキセントリックさ)が入室しています。
遺産としては幸運や恩恵(木星)を与えられると同時に、試練(土星)をも引き渡されます。知力(水星)・幸運(木星)・試練(土星)・夢想(海王星)といった4天体のどの部分が最も強く引き出されるかは、本人の生き方次第です。土星の格式が「興」で影響力が高まる位置にありますから、あるいは土星の部分(他にも困難・制限・堅実などの意味があります)が強く出るかもしれません。

ステリウムのあるサインは天秤座です。このサインには他にも太陽(基本的性格)が入っています。この方の人生の目的は‘社交,と‘美しいものを愛すること,にあります。バランス感覚と協調性に優れていますが、天秤座の影響が強く出過ぎると耽美的・享楽的になりやすいでしょう。

4惑星には火星が獅子座でセキスタイル(60度)。
自信家で支配欲が強いところもありますが、明確な目的意識の持ち主です。子孫に財産を相続させることや、社交関係に情熱を傾けることが出来、それらに積極的に取り組みます。困難や障害に遇っても挫けません。ただ横暴で横柄な主張をするのは欠点です。

また、4惑星に冥王星がインコンジャクト(150度)で不調和。
冥王星は権勢欲や破壊衝動、強制的変化を司ります。この方は自分の中の権勢欲や破壊衝動といったものを御することが苦手だったのではないかと思われます。
冥王星は影響が最高に現れるときは思いがけない時に意外な力量を発揮したり、人格や境遇が一変するような特異な発展を遂げることが可能になります。影響が悪く現れれば、不可抗的な事件によって得たものをすべて失うことになります。

冥王星と火星が不調和。
暴力的な素質を持ち、自ら危険に急接近しがちです。異常な精力を持つ反面、性的には倒錯傾向を持つとされます。他人への無慈悲な行為によって目的を達成しようとするため、非情な敵を作ります。

月と天王星が不調和
自意識過剰気味。頑固でけんか腰になりやすく、他人を見下す傾向もあるようです。非常識な行動をとりがちで、共同生活には向きません。友人の離反による精神的ショックもしばしばですが、原因はたいてい自分が作ります。


強運の持ち主であると同時に強烈な個性の持ち主。
試練の多い人生を歩むけれど、その試練を乗り越えたときに得るものは大きい。
特に木星と土星の合は特別に大合(グレートコンジャクション)と呼ばれており、重責を完遂する能力と偉大な業務執行力を与えるとされます。ただ、試練に負けてしまうとせっかくの幸運や好機も逃してしまうでしょう。


一言でいえばいろんな意味でスゴイホロスコープです。月並みな人生はまず送らなそうだ
たとえ帝位が廻ってこなかったとしても、絶対何か仕出かしたと思う。
いや、もちろん悪いこととは限りませんが。海王星の夢想性を昇華させて希代の芸術家となるとか、木星のパワーを宗教方面へと向けて斬新な宗派を立ち上げるとか。破天荒で無茶苦茶なんだけど、なぜか大衆を惹きつけるカリスマ性を持ってんの。庶民性も十分備わってるしね(笑)。袈裟姿で意気揚々と演説する後白河。正装して殿上でかしこまってるより、よっぽど似合ってる気がするんだが(笑)いかん、つい妄想モードにスイッチが
マイナス面で考えられることは、木星の浪費傾向が過ぎて親の遺産を食いつぶすとか、土星の頑固さが強く出過ぎて人の話を聞かなくなるとか。←これはうなずけるかも。

4惑星以外に目立つのは冥王星と火星。冥王星はより高位な火星とも言われているから、やっぱり偏っているのね。自分の中の‘内なる冥王星,をいかに克服するかが、この人の人生のテーマだったんじゃないかなぁ。

いろんな読み方が出来そうなホロスコープなので、勉強しておきます(^^)

   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
2014-05-01

思いつきホロスコープ診断工事中です

グレゴリウス歴で診断していたのをユリウス暦の方で診断し直しています。

とりあえず後白河院のだけ終わりました。

崇徳天皇と後醍醐天皇のは書き途中です~。
2014-04-17

思いつきホロスコープ診断22

嵯峨天皇のホロスコープも。

嵯峨天皇。
延暦5年9月7日 西暦にするとユリウス暦786年10月3日 京都生まれ

天秤座の太陽。
バランス感覚と協調精神の持ち主です。
良い審美眼と、優雅な品性の持ち主でもあります。
公正な判断力を持ち、相反する意見の調停を図ることにすぐれた天分があります。
力に頼らず、穏健な理論と術策を持って物事を解決することを得意とし、対等の権利や利害の絡む交渉に駆け引きの巧みさを発揮します。
内心には興奮しやすい自我がありますが、平和な人生観がそれに打ち勝ちます。

射手座の月。
楽天的で快活な人柄です。
知的レベルが高く、良き教養人としての素質もあり、しかも野性味もあります。
思想でも仕事でもスケールの大きなものを好み、何事にも精力的に取り組みますが、反面無造作で不用意な行動も多いようです。
多情で浮気っぽく、多くの異性と交渉を持ちやすいでしょう。

太陽と水星の合。
太陽と水星の合。自己表現に富む半面、何事も大胆に断言したがり、かなりの偏見の持ち主ですが、性格的には健全です。
知的・合理的な精神を持ち、良い意味での実利性もあります。

太陽、月、土星が月を中心に小三角。
意志・感情・努力が調和的に働くので、人生がスムーズに進むと思われます。

太陽と土星の吉座相(120度)。
実力以上に責任ある立場に立たされやすいけれど、困難を耐え忍ぶ力と持久力は十分です。
思慮深く威厳があり、他人に落ち着いた影響を与えます。
組織運営の才と経営能力があり、政界や実業界に適します。
晩年の成功と安泰も約束されています。
太陽と月の吉座相(60度)。
内面的葛藤の少ない穏やかな性格で、人気運もあります。
育った環境や若年期に受けた教育が必然的に成人後の人生コースを決定することが多いでしょう。
月と土星の吉座相(60度)。
感情を抑圧する傾向があり、幾分憂鬱な性格ですが、冷静で落ち着いてはいます。
真面目で責任感が強く、自分の義務や職分をよく弁えた人となり、経営管理の才もあります。
堅実な生活設計を持ち事業存続の手腕もすぐれています。、

月と木星の合。
楽観主義的な人生観を持ち、のんきで寛容な性格です。
同情心が強く人をよく保護する性質を持ち、健全な実務能力もあります。
社会的地位の高い友人から援助を受けやすく、富の獲得が容易です。

これに天王星がトライン(120度)。
月と天王星の吉座相。
革新的な思想に調和する性質を持ちます。
気分が変わりやすく、新奇な経験や新しい環境を求めます。
明敏な知覚力を持ち、直感的な行動が多いでしょう。
異常な方法によって願望を遂げやすく、人生上の目的については友人の援助があります。
木星と天王星の吉座相。
宗教的な社会観を持ち、輝かしい組織力と共に集団を知的・精神的に指導する能力があります。
また、学問の修得力と観賞力に優れています。
政治的には財力と権力の中枢を掌握できる見込みがあります。
偉業達成のためのオールマイティな力の所有に成功しやすく、確立した社会的基盤を築くでしょう。

火星と冥王星の合。
尋常ならざるスタミナと非常なエネルギーを与える座相です。
心理的には脅迫観念を持つとされ、目的を達成するか、自分が完全に倒れるまで働く能力を持ちます。
暴力的手段によって現状を終結させた後、再出発への道が開けます。

これに海王星がトライン(120度)。
火星と海王星の吉座相。
力強く熱狂的な性質です。
主観が鋭く、理想を熱心に推進します。
創造的なイマジネーションを持つ半面、芸術への興味は移ろいやすい。
霊的・精神的大望のために感情と情熱をコントロールする気分が強く、寛大な性質が名声をもたらします。
冥王星と海王星の吉座相。
は以前記事にしたこちらをご覧ください。
http://shionnoidashiginu.blog.fc2.com/blog-entry-81.html

海王星とカイロンがオポジション(180度)。
ロマンと癒しの作用が鋭く対立。
かなりタイトな座相なので、けっこう効いていそうです。


兄である平城天皇と、似通る部分がけっこうあったのかな、という印象です。
天秤座の太陽と、水の星座の少なさ。

平城天皇も嵯峨天皇も、ホロスコープを見た限りでは、人の上に立つ者の資質として素晴らしいものがありますが、お兄様の方がカリスマ性はあったように思います。人を引き付ける魅力というか。欠点もいっぱいあるけれど。
その分弟の嵯峨天皇の方は協調性や順応性が高くて、他者に寄り添うタイプの人だったのではないかと。

ぱっと見では平城天皇の方がすごいホロスコープなのですが、嵯峨天皇も個別に見て行くと素晴らしいですね。
トランスサタニアン(天王星以降の大惑星)が効いています。

私は平安初期には疎いので彼らを評価することは出来ないのですが、所感としては以上です。
楽しいですね、平安初期。


   参考文献
秋月さやか 1995 正統占星術入門 学習研究社
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
松村潔 2004 完全マスター西洋占星術 逸話社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
2014-04-17

思いつきホロスコープ診断21

ふと思い立ってホロスコープだしてみたら面白かったので、平城天皇のホロスコープを診断してみます。
 
宝亀5年8月15日 西暦にするとユリウス暦774年9月25日 京都生まれ


月・海王星・木星が火のグランド・トラインを形成。
感情・ロマン・幸運が調和的に働きます。
月と海王星のトライン。
優れたインスピレーションと幻想的な才能を持ちます。
同情心が強く慈善的な関心もあります。
大きな名声を得る半面、自己陶酔的な面があり、非現実的な望みを持ちやすい。
月と木星のトライン。
慈悲深く宗教心に富み、他人を寛大に扱い、またよく援助する性格です。
中々抜け目のない実際的能力があり、ビジネス上の幸運が多い。
良友の援助に恵まれやすく、投機による利益も期待できます。
住居運がよく、家庭環境も良好です。
木星と海王星のトライン。
人道的・理想主義的な人生観を持ちます。
幸福なビジョンと積極的なイマジネーションを持ちます。
豊かな情緒と感情表現は、芸術や創作の分野にも生かせるでしょう。
物質的な願望は持たない方ですが、優れた財政手腕があります。

また、太陽・水星・火星・土星が天秤座で合。四天体のステリウム。
意志・知性・情熱・努力の全てが互いに影響しあい、その力は甚大なものに。
天秤座ということでバランス感覚に優れますが、享楽的になりやすいところもあるかもしれません・

月・海王星・木星・太陽・水星・火星・土星の7天体からなるカイト。
恵まれた人生を送ることが出来ると思われます。
反面カイトを形成する惑星の多さから、人生そのものがカイトの作用に縛られることがあるかもしれません。

水の星座が蠍座の金星一つだけ。
情緒面が欠落しています。
もしくはそれを補おうとしてかえって情緒面が過剰に豊かになることも考えられます。
同情心が強すぎたり、センシティブすぎたり、といったような。

これに海王星がスクエア(90度)。
不安定な情緒と官能への耽溺性を持ちます。
愛情を理想化しやすく、偽りの恋愛に陥りやすいでしょう。
秘密結婚の魅力にひかれやすく、不倫などに走る人も。
自己欺瞞が困難を招きやすく、偽りの世界に安住する性質もあるようです。
性的な事柄か金銭的な事柄が原因で名声に傷をつけたり、非難を招きます。

地の星座も山羊座のカイロン一つだけ。
現実感覚に乏しいでしょう。


やっぱり気になるのは金星と海王星のスクエアですね。
「不安定な情緒と官能への耽溺性を持ちます。
愛情を理想化しやすく、偽りの恋愛に陥りやすいでしょう。
性的な事柄か金銭的な事柄が原因で名声に傷をつけたり、非難を招きます。」
ああ、それっぽいよねーと書いてて思いました。

4惑星のステリウム、7天体からなるカイトは確かにすごいのですが、これによって生き方が決められてしまったような窮屈感を感じてしまうのは私だけでしょうか。

また、四元素的に見ますとこの方は火・風型ですね。
情熱的でドライ。
現実感覚にはあまり優れてない。
平城天皇のことを書かれている歴史書などを読むと、この方の場合は水の劣等機能が働いたのかな、という気もするのですが。
自分に欠けている資質だということを心のどこかで自覚しており、それが水の機能(同情心のが強くなる・優しくなる・心の動きに敏感になる等)を特化させる働きをしたのかな、と。

それと「物質的な願望は持たない方ですが、優れた財政手腕があります。」も気になりました。実はそうだったのかもしれません。


四天体のステリウムを含む、とっても個性的なホロスコープ。

それと今回はユリウス暦でちゃんと出しました。
今までやったのを直す気にはちょっとならないのですが、これからやるやつだけでもちゃんとしたのにしようと思いまして。
まあ呆れずお付き合いください(^_^)/

 参考文献
秋月さやか 1995 正統占星術入門 学習研究社
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
松村潔 2004 完全マスター西洋占星術 逸話社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
2014-01-01

思いつきホロスコープ診断19

あけましておめでとうございます!

今年の第一弾は思いつきホロスコープ診断です。

最後の武士の花、西郷隆盛について診てみたいと思います。


西郷隆盛 文政十年十二月七日
西暦にすると 1828年1月23日 鹿児島県生まれ

水瓶座の太陽。
進歩性と革新精神、独創性と飛躍的な発想力の持ち主です。
未来を先取りした新時代の寵児となる人がいる半面、体制に与せず過激な反逆児となる人も多くいます。
自己の信念に忠実であるため個人主義者の様に見られやすいのですが、実際は同志的連帯を求める気持ちがきわめて強いです。
第一旬の太陽。鋭敏な感覚と鮮烈な情緒の持ち主で、磁力的な魅力があって同性にも異性にも愛されます。
物事を改善し是正したいという願望を持ち、現状に満足することを知りません。

牡羊座の月。
元気がよく活発で、衝動的な性格です。
進取の気性に富み、人生に野心も抱負もあり、指導者の地位を熱望します。
短気で苛立ちやすく、刺激されるとよく興奮し、喧嘩もしますが仲直りも早いでしょう。

太陽、水星、天王星の合(0度)。
意志・知性・改革性が強力に働きます。
太陽と水星の合。自己表現に富む半面、何事も大胆に断言したがり、かなりの偏見の持ち主ですが、性格的には健全です。知的・合理的な精神を持ち、良い意味での実利性もあります
水星と天王星の合。才気煥発で聡明。勘が鋭く、優れた記憶力の持ち主です。話し好きで、革命的気分に溢れたエネルギッシュな口演家となり、友人にとても親しまれます。
太陽と天王星の合。独創的な個性と自主独立の精神の持ち主です。革新的な思想に傾倒しやすく反逆的な素質もありますが、独自の才能によって社会的に顕著な存在となるでしょう。

月、水星と天王星の合、土星がT-スクエア。
感情、知性・改革性、試練が互いに反発しあい、艱難辛苦の配置。

海王星と水星の合に土星がオポジション(180度)。
ロマンと知性の融合に制限がかかる配置。
海王星と水星の合は豊かな空想力と直感的な知力の持ち主です。他人の心情に対する同情的な理解力があります。
これに土星が凶角をとっていることから、同情的な理解が裏目に出ることもあるかもしれません。

月とカイロンの合(0度)。
感情を表現することに対して、傷(トラウマ)を抱える危険性あり。

火星と木星の合(0度)。
エネルギッシュな体質と強い冒険精神を与える座相です。好戦的でともすれば貪欲な野心家となりがちですが、人生に対する欲望が多く、幅広い活動力を持ちます。

これに土星がトライン(120度)。
この好戦的なところに堅実さが加わります。

柔軟宮に惑星がゼロ。
柔軟宮は双子座・乙女座・射手座・魚座のことで、ここに惑星が集中していると受動的で適応力に富むようになります。ここに惑星が入っていないということで、柔軟性に欠けるきらいがあったかもしれません。


太陽星座のルーラー(支配星)である天王星の改革性、自由を希求する心、博愛精神が強く感じられる。
複合アスペクトに絡んでくることの多い土星の影響も強いかと。堅実な人なのですね。史実と照らし合わせてみても、質実剛健という言葉が似合う人だと思いますね。
そして慈愛の精神。「磁力的な魅力があって同性にも異性にも愛されます」「他人の心情に対する同情的な理解力があります」

まとまりのない診断になってしまいましたが、西郷さんの中核をなすのは革新精神と同情心の強さ、そして堅実さなのではないかと私は思います。


この記事はまた付け足したいと思います。手持ちの新書「西郷隆盛と明治維新」すら読んでいないので。


参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
松村潔 2004 完全マスター西洋占星術 逸話社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社

牧原憲夫 2008 文明国をめざしてー幕末から明治時代前期ー 小学館
福田和也 2009 人間の器量 新潮社
2013-03-30

思いつきホロスコープ診断18

書き途中です。

日本陸軍の父、山縣有朋のホロスコープを診てみます。

天保9年閏4月22日、西暦では1838年6月14日 
阿武郡川島村(現在の山口県萩市)生まれ

双子座の第三旬の太陽。
知識伝達の本能と臨機応変な処世術の持ち主。それが価値なしと判断すれば思い切りも早く、他人を煽動しながら自分は冷静な観察者の立場を崩しません。怜悧な知性と話術の才能もあります。意志強固で反骨精神も旺盛。忍耐力があり、責任感が強く、社会の人々から重んじられます。ただ、物事に飽きやすい傾向があります。また、ともすれば頑固で高慢になり、危険を退けなくなります。恐怖心と強い緊張感が破壊的に作用するようになります。

魚座の月。
同情心が強くセンチメンタルな性格です。感受性が強く、物事に感動しやすい半面、過度に感情におぼれる傾向があります。

月と天王星の合(0度)。
聡明で多才な人柄ですが、非凡な望みを持ちやすく、型にはまった考えを嫌います。思想と独立性を守ろうとする気概が強いため、時には敵を作り孤立することもあるでしょう。

これに木星がオポジション(180度)。
月の天王星の合の作用をうまく拡大させることが出来ません。
月と木星の凶座相。不用意に物事を楽観視する傾向があり、それ以上に無頓着でともすると凡庸です。自由気儘で落ち着きがなく、無意味な浪費が多いでしょう。
木星と天王星の凶座相。誤った思想や信念に固執する性質を持ちます。独善的になりやすく、仲間を無視して自分だけが抜きん出ようとするため友人を失います。

月、金星、木星が金星を中心に調停(メディエイション)
木星と金星の吉座相(120度)。財産を増やすことが得意で、経済的にはには困らないでしょう。優雅で温順な性質を持ち、優秀な人々から愛されます。自他共に人気を作り出す能力があり、共同と社交に成功しやすいでしょう。
月と金星の吉座相(60度)。情愛深く優しい性格で、穏健で正しい見通しと調和のとれた価値観の持ち主です。良い人的環境に恵まれやすく、交際上の人気を博し、広く愛好者を持つでしょう。

水星と金星の合(0度)。
人付き合いが良くて如才なく、話術に魅力があり、楽しい遊びや社交を求めます。

これに土星がオポジション(180度)。
人付き合いに頑固さが加わります。
水星と土星の凶座相。疑い深く狭量な性格です。狡猾・不正直で奸計を用いる傾向もあるようです。他人から義務や面倒な問題を押しつけられる不運があり、業務なども苦労が多い割には納得のいかない結果を招くことが多いでしょう。
金星と土星の凶座相。素直な情愛に欠けるところがあります。他人の冷遇に対し恨み心を持つため共同者を失います。

水星と火星の合
心的パワーの強さを示す座相です。鋭い機知と鋭敏な頭脳を持ち、決断が早く、物事の処理に巧妙な手腕もありますが、ともすると辛辣な批評家となりやすいため自重が望まれます。働きすぎと口論によるストレスに注意を要します。


難しいホロスコープです。少なくとも西園寺公望氏や伊藤博文氏よりは読みづらい。あくまでも私にとっては、ですが。

月と天王星の合に木星がオポジション。聡明で革新的な理想の持ち主ではあるのだけれど、それを人に伝えるというか、より大きなものにするといったことが苦手。また、縦のつながりには強いけれど、横のつながりには弱い印象。目上の人に可愛がられたり(金星と木星の吉座相から)、組織を統括する力はあれど心を許せる友人は少ない、みたいな。まあ立場や身分的なものもあったのでしょうが。
太陽星座が双子座ということで博愛主義的であり、月星座が魚座で同情心が強いことから、結構孤独な心を抱えた人だったのでは?ということが推測されます。
山縣氏は満26歳のときに祖母を亡くしています。山縣有朋が贈った京都みやげの縮緬(ちりめん)で新調した着物を纏っての、覚悟の入水自殺であったそうです。伊藤之雄氏はこれを孫の足手まといになってはならぬ、という考えからだったのだろうとしていますが、どうなんでしょうね。武家の女性の覚悟なのかもしれませんが、残された方は辛いんじゃないかと、単純に考えてしまいます。
ちなみに満22歳のときに父を、3~4歳ぐらいのとき(数え年で5歳)に母を亡くしています。それだけに祖母の死は山縣にとって重くのしかかったのではないでしょうか。 

水星と金星の合に土星がコンジャクション。権力の権化というイメージがありますが、実は和歌をたしなむ文化人。山縣三名園も有名ですね。ただ、土星が加わっていることでその付き合いはかなり制限されたものになったのかな、と思います。親しい友人としか交流しない、みたいな。

木星と天王星の凶座相は時代でしょうね。月が座相をとっているということで、その影響をもろにうけたようです。

伊藤博文氏とは太陽星座が同じ風の星座、月星座が同じ水の星座、ということで相性は良かったと思います。互いの足りないところを補うというよりは、同志的な感じで。

権力者のイメージがあるので冥王星の影響が強いのかな、と思っていたのですが、アスペクトはメジャーなのは太陽とのセクスタイル(60度)のみでした。吉座相ということで、権力を欲することに対し、何の疑問も抱かなかったのではないでしょうか。時代や周囲がそうさせた、とも言えますが。ただ、その太陽にカイロンが合。この方は自分というものに対して傷を抱えた方だったのではないかなと。自己不確定間、いわゆる自信のなさが憲章コレクターへの道を歩ませたのではないかなーと、想像してしまいます。


   プログレス法で見る人生の転機
 
 満14歳~満16歳のとき
金星と土星がオポジションで凶座相。
悲しみと失望を意味し、近親者や妻、子供を失うこと、異性に見捨てられること、物理的な心配を生じることなどを示します。
 
 満16歳のとき。
太陽と月がスクエアで凶座相。
一般に不運な時期を示します。この生まれの人の目的に対して反対や妨害が起こること、上位の人々から損害を与えられること、家庭的な悩みや心痛が起こることを示します。

満19歳のとき。
火星と天王星がセクスタイルで吉座相。
向こう見ずになること、大胆な着想を得たり改革の好機に恵まれること、障害を克服すること、創造・発明・新規の産業に関した事柄は大体有望であることを示します。
本人曰く槍について「自得するところがあった」。
吉田松陰が松下村塾を開いています。山縣はまだ入塾していませんが。


満20歳のとき。
太陽と天王星がトラインで吉座相。
職業上あるいは一身上に飛躍的な進歩を遂げること、多くの友情と支持者を得ることを示します。官公職にある人には特に幸運で、公けの名誉と公共の信任を得ることを示します。
火星と天王星がスクエアで凶座相。
反抗心を持つこと、邪悪な行為に執心すること、悪い相手にかかること、情実に絡んで罪を犯すことを示します。不慮の災難や突発事故、精神障害や神経性の疾患にも注意が必要です。
木星と天王星がオポジションで凶座相。
訴訟問題における敗訴の危機、投機による損失、相続・財産に関しての紛争、権威者や上位者と争って損害を受けることを示します。
満20歳から満23歳のとき。
火星と木星がスクエアで凶座相。
投機や賭け事、不正な行為によって損失を招くこと、金銭的なトラブルが訴訟事件に発展すること、所属する社会からボイコットされる危険があることを示します。
長州藩が京都へ諜報活動要員として派遣した6人のうちの一人として、杉山松助・伊藤俊輔(後の伊藤博文)らとともに上京し、尊皇攘夷派の大物であった久坂玄瑞・梁川星巌・梅田雲浜らに感化を受け9月に帰藩後に久坂の紹介で吉田松陰の松下村塾に入塾。

満22歳から満23歳のとき。
太陽と木星がセクスタイルで吉座相。
社会的な名声と富の会得、財政的な繁栄、善き友の援助、上位者の引き立てなど全て成功と発展へと向かう幸運期を示します。それまで下積みの境遇にあった人なら、有力者に認められ出世する時が来たことを示します。

満24歳のとき。
月と土星がセクスタイルで吉座相。
平常の努力が認められる時であり、本人の厳正な態度から信用と尊敬を受けること、年長者から厚遇されること、組織と集団に恵まれることを示します。そのほか商売上の利得、公共からの人気、相続問題についての吉兆など、物事は全て「人の和」を生かすのが良く、人格を唯一の材として自重しながら進むことによって幸運が将来されます。

満25歳のとき。
月と金星がトラインで吉座相。
感情面の安定により幸福感を味わえる時です。ロマンティックなテーマは多いに前進し、多くは男女両性を結婚に導きます。結婚した人であれば、子供の誕生と家庭的な喜びを得られます。仕事上の友情と、社交や娯楽についても幸運があり、芸術性に富んだ友人によって楽しみを与えられやすい。金銭的には堅い取引や堅実な投資から利益があります。
満25歳から満26歳のとき。
水星と天王星がトラインで吉座相。
良い発想や直感のひらめきに恵まれること、的確な状況判断、新しい思想・知識・技術に対する研究的な関心が高まること、ユニークな企画や考案が成功することを示します。
俗論党(長州の門閥の家柄によって構成された保守派で、当時長州の政権を担っていた)を倒すため奇兵隊に参加。

満27歳のとき。
太陽と冥王星がスクエアで凶座相。
有力な後援者や支持者を失うこと、暗黙の脅威を受けたり凋落すること、努力が潰え去ること、不利な環境や情勢の変化など、全て失意につながる不運な変化が起こることを示します。

満29歳のとき。
太陽と水星が合。
知識欲や研究心が高まること、勉学や教育への道が開かれること、若い人々との共同に成功すること、文筆・出版・考案・発明など全て精神活動に関したことから成功と利益が得られることを示します。

満29歳から満30歳のとき。
金星と天王星がスクエアで凶座相。
恋愛に関するスキャンダルによって評判を傷つけること、金銭問題で苦境に立つこと、全体に共同・調停・和解に関したことは不運であることを示します。
29歳のとき、友子夫人と結婚。この結婚を聞いた、以前山縣と関係をもった津山太夫が「追ゆきし螢は人に取られけり」の一句を山縣に送っているそうです。

満30歳のとき。
月と火星がセクスタイルで吉座相。
積極的なビジネス活動による幸運を示し、大きな願望を前進させたり地位を向上させる好機を示します。新しい企業や企画は大体成功します。若い男女にとっては恋愛事件を起こすことを示しますが、この時期の求婚や結婚は結果が良いとは言えません。

満31歳から満32歳のとき。
太陽と土星がトラインで吉座相。
社会的地位や人生基盤が固まること、尊敬と信用の増加、責任ある要職に就くこと、年長者から厚遇されること、恒久的な利得、特に相続問題や土地・不動産に関した事柄は好転することを示します。

満32歳のとき。
金星と木星がスクエアで凶座相。
贅沢と派手好みのために社会生活が困難になること、不注意な口論、投機による損失、衣装や異性のために金銭を消費することを示します。

満34歳から満35歳のとき。
火星と土星がセクスタイルで吉座相。
勇気と活動力が増すこと、勤勉な人であれば権威が増したり名声があがること、事業や組織の設立・運営・管理に関した事柄は都合よくいくことを示します。

満35歳のとき。
月とカイロンが合。
感情的に癒される時期だったのでないでしょうか。

満39歳のとき。
月と冥王星がトラインで吉座相。
復興、あるいは再起を意味し、政治的な敗北や衰退した事業を挽回する手掛かりが得られることを示します・学問や技術の習得、資格や免許の習得についても幸運があります。また、表面には出ずに内部のアドバイザーとしてふるまう立場に置かれている人は、それ相応に業績をあげられます。物事は全て基礎を作る時であり、物質的な利益より将来の飛躍を期しての知的・精神的蓄積に利があります。

満43歳から満44歳のとき。
火星と金星の合。
情熱的な性格になること、情愛が豊かになること、情にもろくなること。仲間と連合して働くことから得られる利益、共同出資や共同作業による成功を示します。

満45歳のとき。
水星と土星がスクエアで凶座相。
気の進まないことに従事させられること、実際以上に束縛感や恐怖心を持つこと、出生図次第では偽造や不正行為に関わること、特殊な意味では旅行をしたり孤独になることによって悩みから解放されることを示します。

満48歳のとき。
太陽と海王星がオポジションで凶座相。
醜聞や背任行為によって名声を失うこと、虚偽の主張をすること、他人の提案による計画で詐欺やペテンにかかること、不健全な欲望や習慣を持つことなど、全て当惑したり後悔するような不運な事件が起こることを示します。

満52歳のとき。
水星と火星がセクスタイルで吉座相。
活動的な気分になること、前進に役立つ目覚ましい情報を得ること、うまい仕事上の作戦を思いついたり機略が冴えること、命令したり指揮する能力が増すこと、全体に昇進と向上を招くことを示します。

満57歳のとき。
月と金星がスクエアで凶座相。
感情的な傷害を意味します。異性による悲しみ、失恋、女性との争い、近親者との不和を示し、親族関係の金銭トラブルも懸念されます。結婚については家族が反対者となりやすい。また、この進行座相はしばしば子供を失うことを通して家庭的な紛争が起こってくることを示します。友情や社交生活も後退し、浪費や贅沢によって金銭を失いやすい。

満57歳から満58歳のとき。
水星と天王星がオポジションで凶座相。
興奮気味で話したり慌てた状態で行動を起こすための失敗、不用心な批判によるトラブル、文書や印刷物によって害を受けること、社会的に追放される危険があることを示します。

満58歳のとき。
太陽と冥王星がトラインで吉座相。
人生上の大きな決定をすること、ビッグプロジェクトやビッグビジネスにかかわること、権威や権限を伴う地位に就くこと、政治や事業に携わる人であれば支配力が増し野心を達成する好機が訪れることを示します。

満59歳のとき。
月と水星の合。
精神活動に良い時期を示し、新規の企業・商売の活状・出版企画の成功・旅行による利益など、全体として繁栄を示します。心は機敏で活発ですが、落ち着かなくなりやすい。繁忙期とはいえ、この時期に課せられる義務や責任をいかに処理するかによって本人の評価が決まります。

満62歳から満63歳のとき。
火星と天王星がトラインで吉座相。
向こう見ずになること、大胆な着想を得たり改革の好機に恵まれること、障害を克服すること、創造・発明・新規の産業に関した事柄は大体有望であることを示します。

満63歳のとき。
金星と木星がセクスタイルで吉座相。
社会の慣習に適合する能力の増加、礼儀作法の改善、幸福な恋愛事件、芸術的な興味から物質的な利益を得ること、優秀な人々から愛されること、社会的成功者や目上の幸運に従って行うことは大体成功することを示します。

満65歳から満66歳のとき。
水星と木星の合。
成功への道が見つかること、建設的な考えと正しい見通し、豊富なアイディアに恵まれること、知的・文学的仕事による成功、著作・出版・講演・教授に関した事柄から利益を得ることを示します。

満66歳のとき。
水星と土星がセクスタイルで吉座相。
義務の意識や責任の自覚を持つこと、精神集中力が増すこと、まじめな業務・研究・著述に良い時を示します。

満67歳のとき。
太陽と月が合。
男性にとっては幸運期を示し、職業上の名誉と昇進、世間的な引き立て、繁栄、利得、新しい友人を得たり良い紹介者に恵まれることを示します。
一般的な環境や状況に新しい生気が与えられる時であり、独立・転職開業など、全て新生活へのスタートに良い時期を示します。周囲の注目を集めやすい時期でもあり、そのためにも自分自身の意志と行動を明確にする必要があります。またこの進行座相は、対社会的な事柄や仕事の上で重要な人物と出会う機会をもたらします。各界の一流人が出席する会合や招待なども、本人の個人的イメージやキャリアに箔を付ける者として積極的に利用するのが良いでしょう。

満67歳から満76歳のとき。
木星と土星がセクスタイルで吉座相。
出生図の木星が強ければ法律による利益、遺産相続による資力の増加、尊敬と信頼を勝ち取る能力が増すこと、思わぬ権利や責任ある地位を得ることを示します。

満74歳のとき。
月と火星がトラインで吉座相。
積極的なビジネス活動による幸運を示し、大きな願望を前進させたり地位を向上させる好機を示します。新しい企業や企画は大体成功します。

満75歳のとき。
月と水星がセクスタイルで吉座相。
精神活動に良い時期を決めし、新規の企業・商売の活況・出版企画の成功・旅行による利益など、全体として繁栄を示します。心は機敏で活発ですが、落ち着かなくなりやすい。繁忙期とは言え、この時期に課せられる義務や責任をいかに処理するかによって本人の評価が決まります。

満79歳のとき。
月と木星がトラインで吉座相。
非常に良い座相で、幸運期を示します。過去の努力から報酬を得たり待ち望んだ朗報が届くこと、健康の回復・仕事の発展と拡張・物事の改善と好機にに恵まれることを示し、それに富と名声も加わります。特に法律・保険・財産に関した事柄は良い方向に導かれます。男性にとっては結婚もあり、女性にとっても良く、健康の増進・享楽・利益など全て喜びごとが招かれることを示します。

満80歳から満82歳のとき。
火星と土星がトラインで吉座相。
勇気と活動力が増すこと、勤勉な人であれば権威が増したり名声があがること、大体事業や組織の設立・運営・管理に関した事柄は都合良くいくことを示します。

満83歳のとき。
太陽と天王星がオポジションで凶座相。
非難や中傷によって地位や信用が危機にさらされること、公けの紛争や強い敵を持つこと、訴訟や告発など、全て突然に襲ってくる災厄や損害を示します。
病により死去。


ターニングポイントは何と言っても満20歳のときでしょう。アスペクトが4つも形成されています。このアスペクトはこの時期に始めたこと、即ち政治活動への参加ということになりましょうか、全てにかかってくるような気がします。まさに吉兆混合です。

   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社

伊藤之雄 2002 政党政治と天皇 講談社
伊藤之雄 2009 山縣有朋ー愚直な権力者の生涯ー 文藝春秋
福田和也 2009 人間の器量 新潮社
御厨貴 2003 歴代首相物語 新書館
2013-02-24

思いつきホロスコープ診断17

初代内閣総理大臣伊藤博文のホロスコープを診てみます。 

天保12年9月2日(1841年10月16日)、日周防国熊毛郡束荷村字野尻(現山口県光市)生まれ。

天秤座の第三旬の太陽。
支配星は金星。
公正な判断力を持ち、相反する意見の調停を図ることに優れた天分があります。
力に頼らず、穏健な理論と術策を持って物事を解決することを得意とし、対等の権利や利害の絡む交渉に駆け引きの巧みさを発揮します。
社交性と饗応の才があり、よく人の愛顧と厚遇を獲得します。
内心には興奮しやすい自我がありますが、平和な人生観がそれに打ち勝ちます。
第三旬ということから、これに水星の影響が加わります。
理知的で快活な好感の持てる人柄が加わります。
いつも上機嫌で良く話題を選び、周囲を明るくします。
論理的な思索力があり、建設的な人生観を持っています。
しかし、水星の否定的な性質が現れると、利口さが皮肉に傾きます。
強い正義感が痛烈な非難となります。

蠍座の月。
確定的で堅実な性格です。
自己信頼の念が強く、何事に対しても率直かつ真剣で、そのファイトによって過労もいとわず戦い抜きます。
保守的で変化を嫌いますが、自分の目的にかなうと見れば進んで改革の実行者となります。
感情が激しく、怒りもし、嫉妬も執念も燃やします。
激しい性的欲求の持ち主ですが、自生することが出来ます。
自分の弱点をよく知っているからです。

月と水星の合(0度)。
感情と知性が合わさります。
知識と応用力の実用性に富み、変化の多い日常業務を機敏にこなしていく才覚があります。
男性は若い女性に親しまれやすく、利発な妻に恵まれます。

金星、水星、天王星が水星を中心に調停(メディエイション)。
協調性・知性・革新性のそれぞれの良さが引き出されます。
金星と水星の調和座相(60度)。
陽気な気分にあふれ、親切で調和的な人柄です。
若い男女との交際を好み、男性は自分より年下の人と結婚します。
水星と天王星の調和座相(120度)。
革新的な精神を持ち、独立的で他人に掣肘されない性格です。
鋭い認識力があり、判断が正確です。
特殊な才能に秀でた人となりやすく、特に自分の専門については抜群の記憶力の持ち主です。
金星と天王星の凶座相(180度)。
異性をうかつに性的に挑発しやすく、インモラルな恋愛事件が多いでしょう。
自由気ままな考えとわがままな感情を持つため共同に失敗します。

金星と天王星の凶座相のこの部分は他の調和座相で大分相殺されたと思います。
ただ、晩年は偉大な功績をあげたことによる自負の心が強く出、自己が肥大して周囲との共同に失敗した、という側面もあったようです(歴代首相物語より)。この座相はT-スクエアも形成していますので、克服するのは難しかったのかもしれません。

火星と土星の合(0度)。
情熱と忍耐力の結合。
精力を抑圧する傾向があり、意地悪く爆発的な気質を持ちます。
運命的に試練の多い境遇に置かれやすいけれど、困難に耐え抜く力は十分にあります。
不運な傷害にあったり、頑固な疾患を持ちやすいでしょう。

太陽、火星、冥王星が太陽を中心に調停(メディエイション)。
自己・情熱・権力が互いを高めあいます。
太陽と火星の調和座相(60度)。
強固な意志と精力に満ちた強い体質を与える座相です。
勇敢で決断力に富み、指導力や支配力もあります。
自分の意図するところをよく自覚しており、何事にも主導的立場で采配処理していくことを好みます。
火星と冥王星の調和座相(120度)。
スーパーマン的体力と並はずれたパワーを持ちます。
力の表示を好み、強権を熱望します。
強力な自信は必然的に偉大な野心を持たせます。
これらはよく調整されれば人生においてすべてを破壊することなく偉大な業績の達成が可能となります。
太陽と冥王星の凶座相(180度)。
自己顕示欲が強く、自己の能力を過大評価する傾向があります。
狂信的な大望を持ちやすく、支配的地位を渇望します。
運命的には社会的背景や後ろ盾となる人を失いやすい。
人生の重大事に信念を失う危険も生じます。

金星、木星、天王星が木星を中心にT字型十字(T-スクエア)。
金星と木星の凶座相(90度)。
極端に感情に走りやすい性質があり、世辞を喜ぶ感覚もあるようです。
木星と天王星の凶座相(90度)。
独善的になりやすく、仲間を無視して自分だけが抜きんでようとするため、友情を失います。
主義や見解の相違が共同事業を失敗に導きます。


 プログレス法で見る人生上の転機。

おそらく太陽と水星が合を形成した満31歳のとき。
太陽と水星の合は知識欲や研究心が高まること、勉学や教育への道が開かれること、若い人々との共同に成功すること、文筆・出版・考案・発明などすべての精神活動に関したことから成功と利益が得られることを示します。

太陽と木星が合を形成した68歳のとき(没年でもある)。
幸運期を示し、富と成功への道が開けること、大望を持つことなど、人生最高の転機が訪れることを示します。精神は寛大で高尚であり、また信義を重んじることになります。
いわずとしれた在朝鮮人に刺殺された年。これがなかったら、伊藤は朝鮮総督府としての輝かしい未来が約束されていたかもしれません。


全体的にみると、もっとも伊藤らしいのでは「太陽、火星、冥王星が太陽を中心に調停(メディエイション)。」でしょうか。
「勇敢で決断力に富み、指導力や支配力もあります。」「スーパーマン的体力と並はずれたパワーを持ちます」
そんな感じがします。
他には火星と土星の合の「不運な傷害にあったり、頑固な疾患を持ちやすいでしょう。」も気になります。本人の能力次第ではどんなことでもかなえられそうなホロスコープですが(メディエイション2つにT-スクエア1つでバランスも良い)、宿命的ともいえる運の悪さがもったいない。
太陽星座である天秤座は優れたバランス感覚を授けますので、政治家に向いていたのではないでしょうか。特に明治維新後の混乱期では、その調整能力がいかんなく発揮されたように思います。


   参考文献
 〈占星術関連〉
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
 
 〈政治関連〉
福田和也 2009 人間の器量 新潮社
御厨貴 2003 歴代首相物語 新書館
2012-11-14

思いつきホロスコープ診断16

2012/07/14 22:24 参照数126

徳川家康のホロスコープを診てみたいと思います。
もはや何がしたいのか謎ですが、政治というものをホロスコープという見地から見てみたいのです。

天文十一年十二月二十六日 三河国岡崎(現・愛知県岡崎市)生まれ
西暦にすると1543年1月31日 

水瓶座の第二旬の太陽。
進歩性と革新精神、独創性と飛躍的な発想力の持ち主です。未来を先取りした新時代の寵児となる人がいる半面、体制に与せず過激な反逆児となる人も多くいます。自己の信念に忠実であるため個人主義者の様に見られやすいのですが、実際は同志的連帯を求める気持ちがきわめて強いです。
第二旬の太陽。天王星に加えて水星の影響を受けます。天王星の構成力に水星の知性が加わり、頭脳明晰な学問好きな人となります。意識のボルテージがきわめて高く、論理を組み立てたり言葉を操ることが巧みで、特異な思想を打ちたてます。ただし、水星の否定的性質が現れると神経的奇矯さをコントロールできなくなります。怜悧さが冷酷さとなり、鋭い知性を間違った企てのために使うようになります。

獅子座の月。
誇り高く高尚な性格です。生来人の上に立つ器量があり、頼まれると面倒なことでも引き受けて世話をします。自分の存在を強く意識しているので、称賛されることが好きです。しかし、ときには尊大で横柄な面が現れます。教養のあるなしを問わず大きな包容力の持ち主で、人の情愛には最大の反応を示します。

太陽と冥王星のコンジャクション(0度)。
外見は柔和でも表面に現れない権勢欲があり、主導的立場を強く求めます。自己本位な世渡りをしやすく、自分の野心のために権力者に近づく独特の才能もあるようです。現状刷新力と共に不可思議な人格の転換を遂げます。

太陽と月のオポジション(180度)。
意思と感情との間に葛藤を生じやすく、荒々しく好戦的な性格から仲間から孤立しがちです。職業上の問題で父親と意見が対立したり、上位者の反対を受けることもしばしばです。性格の合わない人と結ばれやすく、男性は社会的に成功しても家族の不満を招きやすいでしょう。

月と冥王星のオポジション(180度)。
気質的な反発性を持ち、虚栄と不快な自惚れもあるようです。自尊心を傷つけられたり侮辱されたりすると許さぬ方で、嫉妬と同種の感情の興奮に注意を要します。家族に対する関心が薄れやすく、肉親との絆を破る傾向があります。夫婦関係では、人に知られぬ悩みを持つでしょう。

月、冥王星、海王星が海王星を中心にメディエイション。
感情、権力、理想がときに反発しながらもお互いを高めあいます。理想を実現する上で自身の感情や権力がものを言うでしょう。
月と海王星のトライン(120度)。優れたインスピレーションと幻想的な才能を持ちます。同情心が強く慈善的関心もあります。大きな名声を得る半面、自己陶酔的な面があり、非現実的な望みを持ちやすいでしょう。

この三天体が作るアスペクトについては、

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 決定版 西洋占星術実修 (エル・ブックスシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


の中で、「豊かな想像力、鋭い直観力、浄化された精神活動を表します。ただし、時流に乗れないほどの超越的な面があるために、現実と理想のギャップをかかえることになるでしょう。また、神秘的なものや霊的なものに魅せられやすく、そのために人生が不安定なる可能性があります。」と恐ろしげなことが書かれています。
こちらの本、所持してはいるものの吉座相と凶座相の分け方がほとんど曖昧なところや、書きぶりがちょっと斬新過ぎるところが気になるのであまり使用しておらず、参考文献にも加えてはいないのですが、今回ちょっと取り上げてみました。
っていうかこの調停の座相、管理人も持ってるんですよね(^_^;)。神秘的なものや霊的なものに魅せられやすいというのはあたっています。このことによって身を滅ぼすようなことがないよう気を付けます(笑)。
ただ、冥王星と海王星の吉座相(60度)は1940年から1989年生まれの人が皆持っている座相です。月は動きが早くてしょっちゅう調停を形成する座相をとりますから、この複合アスペクトを持ってる人はけっこういると思われます。150度、150度、60度からなるヨードという座相を形成している場合もありますね。

月、冥王星、土星が土星を中心にT-スクエア。
感情、権力、忍耐が不協和音を奏でます。権力を得るために感情を犠牲にしたり、忍従を強いられたり、ということがあるかもしれません。
月と土星のスクエア(90度)。劣等感を持ちやすく、常に心に不満を抱えていて憂鬱です。取り越し苦労をしやすく、自信欠如のために好機を失います。悪友が困難の原因を作りやすく、他人の干渉に悩みます。満たされない寂しい人生となりやすく、男性は妻運に恵まれない傾向があります。

火星と土星の吉座相(120度)。
並々ならぬ忍耐力と不墝不屈の精神の持ち主です。質実剛健、用意周到な性格でしょう。老いて盛んなバイタリティを持ちます。同情を退け冷酷な見せかけをするのが欠点ですが、権威ある地位を維持し得る素質があり、長期の努力によって野心を達成します。

大惑星のアスペクト

海王星と冥王星の吉座相(60度)。
精神や意識の面での内面的な革新、漠然とした状況を急激に変化させる内的な力を示す。無から有を生み出す冥王星の潜在的なパワーが海王星のユートピア思想と結びつき、人類に新時代の幕開けを夢見させたといえる。神秘的能力が加わり、超自然現象についての追求が求められる。精神的な真理への目覚め。
「海王星と冥王星」で記事にしました。http://32894990.at.webry.info/200906/article_3.html

土星と冥王星の凶座相(90度)。
極端に利己的な野心を持ち、地位や権力に対する強迫観念もあるようです。自分の目的を冷酷非情な手段によって遂げようとするため、これが原因で自滅を招きます。処理の困難な作業に一人で耐え続ける不運があり、他人の成功によって運を妨げられやすいでしょう。
これは戦国時代を生きた武将たちの世代的な特徴といえそうです。

木星と天王星の吉座相(60度)。
楽天主義的な独立精神を持ちます。宗教や哲学への独創的な見解と共に、高度の知識や学術への理解力があります。幸福な理想と高い政治理念を持ち、新しい事物に対する先見力と予知能力もあります。予期せぬときに利得を得たり、至福の好機に巡り会うでしょう。社会事業や公的な共同事業による成功も期待できます。


「外見は柔和でも表面に現れない権勢欲があり、主導的立場を強く求めます。自己本位な世渡りをしやすく、自分の野心のために権力者に近づく独特の才能もあるようです。」
「並々ならぬ忍耐力と不墝不屈の精神の持ち主です。質実剛健、用意周到な性格でしょう。老いて盛んなバイタリティを持ちます。権威ある地位を維持し得る素質があり、長期の努力によって野心を達成します。」
そんな感じですねぇ。

「極端に利己的な野心を持ち、地位や権力に対する強迫観念もあるようです。自分の目的を冷酷非情な手段によって遂げようとするため、これが原因で自滅を招きます。」
土星と冥王星の凶座相であるこの部分は、火星と土星の吉座相によって大分マイナス面が和らいだと思われます。

冥王星を含むT-スクエアは平清盛を連想しました。清盛も一介の武士から頂点まで登りつめた人ですよね。もっとも、清盛の誕生日はニュースの記事を読む限り太陽暦じゃなくて太陰暦かも?と思い始めているところなんですが。


外見は柔和でも表面に現れない権勢欲があって主導的立場を強く求める、権威ある地位を維持し得る素質、忍耐の人、質実剛健で用意周到な性格、老いて盛んなバイタリティ、権力者に近づく独特の才能のある人、どれも従来の家康像の範疇を出ないもので、正直言ってつまんないです(爆)。
冥王星が目立つのは、やはり彼が権力者だったからでしょうか。大惑星のアスペクトに関しては、戦国時代という時代の特徴だったと思われます。家康を語るなら、まず戦国時代について勉強する必要がありそうです。


関ヶ原の合戦のあった57、58歳、西暦1600、1601年のときは、プログレス法でオーブを2度と甘くとると、太陽と水星の合が形成されています。田中角栄さんが総理になった時と同じ座相です。太陽と水星の合は知識欲や研究心が高まること、勉学や教育への道が開かれること、若い人々との共同に成功すること、文筆・出版・考案・発明などすべての精神活動に関したことから成功と利益が得られることを示します。

この他の人生上の転機については余裕があったら追加していきたいと思います(^_^)/


   参考文献
秋月瞳 決定版西洋占星術実習 2009 学習研究社
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
2012-11-13

思いつきホロスコープ診断10

2012/03/03 13:53 参照数69

やりかけで放置していた西園寺公望氏のホロスコープを診てみたいと思います。
明治・大正時代が好きと言っている割には政治史など無知なことが多くて恥ずかしいのですけれど、とりあえず。

最後の元老西園寺公望。嘉永2年10月23日、西暦にすると1849年12月7日京都生まれ。

射手座の第二旬の太陽。
高度の精神性と自由闊達な行動力の持ち主。視野が広くグローバルな意識で物事を認識できる人であり、学術研究や哲学的思索を好みます。また、どのような境遇に置かれても精神の自由と行動の独立性を確保しようとする気持ちにも激しいものがあります。
木星の理想主義に、火星の情熱が加わります。
エネルギッシュで実行力に富むばかりでなく、情緒や愛情も豊かです。弾力性と抵抗力に富み、大成功を勝ち取る素質を備えています。しかし、火星の否定的性質が現れると、ひどく衝動的で強情、誤った行動や激しい感情を自分で制御することが出来なくなり、つまらないことにエネルギーを浪費します。

乙女座の月。
考え深く冷静な性格です。神経質で小心ですが、批判力は優れています。現実感覚に富み、実利的な取引をします。細部を見落とさない注意深さがある半面、度を越して小うるさく感傷的なやり方をする傾向があります。論争好きで一言多いため、仲の良い友人を失いやすいでしょう。本質的に冷たい気質ですが、異性に親切なため、かなりの人気を集めます。

天王星と冥王星の合(0度)。
体制の崩壊と新たな建設という意味を持つ、強力な座相。否応なく変革に見舞われる傾向があります。

天王星・冥王星と月・木星がインコンジャクト(150度)。
天王星・冥王星の合に月がアスペクトをとっていることから、体制の崩壊という変革が自身に降りかかります。

月と木星の合(0度)。
社会的地位の高い人物から援助を受けやすく、容易に財産を築くことが出来ます。

太陽と水星の合(0度)。
知的・合理的な判断力を持ち、良い意味での実利性もあります。知性をもっておおらかに自己を表現することが出来るでしょう。

太陽・水星と月・木星がスクエア(90度)。
社会的地位の高い人物から援助を受けやすいものの、自己主張からそうした人物と対立しがち。

水星と土星のトライン(120度)。
堅実で統一のとれた精神と、論理的な思考力を持ち合わせます。律儀で正直な人柄で、ある程度の野心と政治的な洞察力もあります。

太陽と月がスクエア(90度)。
意思と感情との間に葛藤を生じやすく、家庭環境や対人関係に悩むことがあるかもしれません。男性は社会的に成功しても家族の不満を招きやすいでしょう。

目上の人から可愛がられるタイプの人だったのかなーというのが最初の印象です。
エネルギッシュで自己主張が強いために、そうした人たちと反発することも多かった気もしますが。
また、アスペクトがとても多いです。特別な人生を歩むべくして歩んだ人だったのではないでしょうか。
時代の変革をまともに食らってしまい、波乱万丈な人生を歩んだという印象も受けます。
太陽と月のスクエアから、自分の意思と感情が上手く噛みあわなくて悩むこともあったのでは?と思ったりもします。「男性は社会的に成功しても、家族の不満を招きやすいでしょう。」西園寺公望氏は生涯正式な妻を持とうとはされませんでしたね。お父上もそうだったようですが。
「どのような境遇に置かれても精神の自由と行動の独立性を確保しようとする気持ちにも激しいものがあります。」国外の重要な会議に女中だか妾だかを伴って参加したことがあったように思います(うろ覚え)。どのような状況におかれても自分のやり方を通す芯の強い方だったのではないでしょうか。

せめて西園寺公望の自伝ぐらいは読んでおけよ、自分(>_<)


   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社

伊藤之雄 2002 政党政治と天皇 講談社
プロフィール

ゆきめ

Author:ゆきめ
ブログタイトル:しおんのいだしぎぬ。

日々のこと、趣味について語りたいと思います。
心理学、西洋占星術、歴史(主に院政期)など。
よろしければおつきあいくださいませ☆

2012年11月6日ウェブリブログから移行しました。記事の上にある参照数とブログ気持ち玉はウェブリブログのときのものをそのまま載せたものです。

公募小説の投稿などは「遠野紗雪」という名前を使っています。
note、「小説家になろう」サイトにも投稿しています。

このブログ内の文章の無断転載等はおやめ下さい。

コメント本文にURLを記載したい場合は、URLかメールアドレスのところにでも張って、その旨をお書きください(スパムコメント防止のため)。
お手数おかけしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター