FC2ブログ
2014-02-27

好きなフィギュアスケートのブログ

日々のたわ言さま
http://14917951.at.webry.info/

伊藤みどり以前からかな?フィギュアスケートを観ていらっしゃるオールドファンで、歯に衣せぬ物言いが心地よいです。
私がもやもやしていることをズバッと書いてくれたりするので、最近はこちらのブログにコメントするだけで気が済んじゃってます。
トリノからバンクーバーまでは自分でもフィギュアスケートの記事を書いていて、それによって気持ちの整理をつけているところがあったのですが、茶番クーバーを観てそういった気も起こらなくなり、すっかり冷めてしまっていました。
(当時の記事はウェブリブログに非公開で保存しています。)


Mizumizuのライフスタイルブログさま
http://plaza.rakuten.co.jp/mizumizu4329/
陰謀論者乙と言われようが、やっぱり一番説得力があると思うブログです。
それに、上で取り上げた「日々のたわ言」さまでも陰謀論(っていっていいのかな)は唱えています。
ニワカではなく昔からフィギュアスケートを観ており、この競技の酸いも甘いもかみ分けてる方です。
その方がジャッジや国の駆け引きは今に始まったことではなく、昔からある、と書いているんです。
説得力が違うでしょう。

Mizumizuさまのブログですが、 格調高く(これはちょっと褒めすぎ?)、読み手をぐいぐい引っ張っていく文章力も気に入っています。
数年ぶりにブログを更新されていてうれしかったです。
「日出処の天「使」は皇帝になれるか」という記事は筆が走りすぎていないか、とは思いましたが(笑)。


選手の努力が無駄だだなんてことにはならないんだから、陰謀なんてない、というような意見を見かけます。
それはただの希望的観測であって、論拠にはならないよなあ。
正直ちょっと平和すぎるというか、お花畑はどっちだよ、って思います。


どちらのブログも盲信しているわけではありません。
嫌韓なわけでもありません(ちょっと呆れる部分は多いけれど)。
以前自分のことを右翼だと書いたことがありますが、そこまではいかないかなあと最近では思っています。
自民党を支持してはいますが、これも決して「絶対的に」ではない。
陰謀論者で嫌韓の某ブログがブログに自民党支持、ということをリンク貼って載せていて、これはちょっといき過ぎじゃない?と思った次第。


どのブログが好きでもいいけれど、自分とまったく同じ考えの人なんていないんだから、好きなところだけつまみ食いしてればいいんじゃないかな~と最近では思っています。

おしまい。
スポンサーサイト



2014-02-25

感動をありがとう!

ソチオリンピック女子フィギュアスケート、浅田真央選手のフリー演技、本当に感動しました!

ショートがあんな低い点数だったら普通は心が折れちゃうって

にもかかわらず次の日のフリーでは自分のスケートをやりきった浅田選手。

すごいとしか言いようがない

なんていうか、諦めないことの大切さみたいなのを教えられた気がします

8トリプル、ギネス認定されてほしいなあ。

アンダーローテは「大人の事情」のような気さえするよ……。

大体今後何十年、この挑戦をする選手は現れないと思う。

ヨナ選手の歴代最高得点がギネス認定されてるんだからいいじゃん。

というか今大会、みんな点数が高くてこの記録も霞んでるよね

浅田選手、さいたまワールドでは世界最高得点の記録を塗り替えちゃえ!

ISUはそんなことはさせないだろうけどね
2014-02-03

有名人ホロスコープ診断7

麻生太郎氏のホロスコープを診てみたいと思います。

麻生太郎。

昭和15年 1940年9月20日 福岡県飯塚市生まれ

乙女座の第三旬の太陽。
公序良俗を尊ぶ心と実務能力の持ち主。
支配星の水星は、この星座において実利的な知性と良い識別眼を授けます。
社会への接触欲と合理的な処世方針を持ち、有用な存在となります。
緻密な計画性と几帳面さがあって、仕事は正確で良心的です。
遠慮深いところがありますが自尊心は強く、批判精神が発達しているために倫理観にも厳しいものがありますが、内心では世俗離れした夢を持っています。
第三旬の太陽。
生活に根差した本能的な賢さがあり、よく活動して、実質的な利益のある結果を創造します。

牡牛座の月。
温順で穏やかな性格です。
誠実で忍耐強さもあり、人に信頼される徳望を自然に備えています。
感覚的な快楽を好み、安楽な生活を求めすぎることが弱点ですが、概して経済的にも安定した満足できる人生を送ります。

太陽・火星・海王星が乙女座で合。
意志・情熱・ロマンが乙女座的に働きます。
太陽と火星の合。
男性的な高貴な性格と肉体的なたくましさを与えます。
大胆で勇気があり、体力が続く限りよく働く人となる。
主導的立場に適しますが、短気で衝動的に行動しやすいことが欠点です。
人生に対する意欲が旺盛なためか、意志と欲望との間に葛藤も生じます。
太陽と海王星の合。
直感的・空想的な人柄です。
創造的な才能と心理的表現力に富んでいます。
かなりの名声を得る半面、奇妙な醜聞の犠牲となりやすいでしょう。
火星と海王星の合。
ダイナミックな感情表現と活動的なイマジネーションを与える座相です。
新しい形式を創造する力があり、新奇な方法での実験を好みます。

太陽・火星・海王星の合に天王星が牡牛座でトライン。
これに天王星の改革性が加わり、進歩的な行動をとることが出来ます。
牡牛座ということで、粘り強さも加わることでしょう。
特に太陽と天王星の吉座相は思想的リーダーとしての素質があり、自己の信念や主義に基づく行動によって独立した地位を得ます。
公共の支持を得やすく、一切の公的・政治的活動に有望で、革新的な施策や新しい組織法の試みが成功をもたらします。
団体の企画創立者としてもすぐれています。
火星と天王星の吉座相は大胆で決断力に富み、自由と独立を強く求める性格です。
革新的な着想と独自の発明的創造力を持ちます。
偉大な建設的なエネルギーがあり、予期せぬ方法によって目的を成就します。
海王星と天王星については以前記事にしたのでそれをご覧ください。
「天王星と海王星」http://shionnoidashiginu.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

太陽・火星・海王星の合に木星・土星の合も牡牛座でトライン。
木星と土星の合は特別に大合(グレートコンジャクション)と呼ばれており、重責を完遂する能力と偉大な業務執行力を与えるとされます。
人生上の試練が人格の円熟化を促します。
ただ、試練に負けてしまうとせっかくの幸運や好機も逃してしまうでしょう。

これが太陽・火星・海王星の三惑星とトラインということで、意志と情熱でもってロマンを現実にする力が有力に働いたと思われます。

マジョリティが二つあり、両方とも乙女座と牡牛座という地の星座でなっている。
乙女座と牡牛座の性質が目立ちます。
繊細で几帳面、そして慎重で穏やかな人でしょう。

11ある主要天体の内7つが地の星座。
この方も「地の人」ですね。
自民党の政治家には多いですね、今のところ。

オポジションがない。
その結果、複合アスペクトも0です。
出生図にオポジションのない人は、自分の目的を対外的に表現しようという意志に欠けるきらいがあります。


「太陽・火星・海王星の合に天王星が牡牛座でトライン。」はどれも政治家として理想的な配置ですね。

「かなりの名声を得る半面、奇妙な醜聞の犠牲となりやすいでしょう。」なんであんなに批判されていたのか、今となってはわかりません……。この座相が関係しているのかもしれませんね。

木星と土星のグレート・コンジャクションは佐藤栄作氏も後白河院も持ってましたね。

最近国会中継で安倍総理と一緒にいるところをよく見るのですが、本当に仲がいいんですね。
親戚ならしいですし。

同じ乙女座&ステリウム持ちということで気も合うのではないでしょうか。

口が悪いイメージのある麻生さんですが、水星の配置は悪くありませんでした。
風の星座に一つだけということで、水星にかかる比重が大きいために、それが負担になっているのかもしれませんね。
論理的な思考を言語コミュニケーションだけでとろうとする傾向があるのかもしれません。


   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
松村潔 2004 完全マスター西洋占星術 逸話社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社

櫻井よしこ 2011 宰相の資格 産経新聞出版
御厨貴 2003 歴代首相物語 新書館
プロフィール

ゆきめ

Author:ゆきめ
ブログタイトル:しおんのいだしぎぬ。

日々のこと、趣味について語りたいと思います。
心理学、西洋占星術、歴史(主に院政期)など。
よろしければおつきあいくださいませ☆

2012年11月6日ウェブリブログから移行しました。記事の上にある参照数とブログ気持ち玉はウェブリブログのときのものをそのまま載せたものです。

公募小説の投稿などは「遠野紗雪」という名前を使っています。
note、「小説家になろう」サイトにも投稿しています。

このブログ内の文章の無断転載等はおやめ下さい。

コメント本文にURLを記載したい場合は、URLかメールアドレスのところにでも張って、その旨をお書きください(スパムコメント防止のため)。
お手数おかけしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター