FC2ブログ
2015-07-17

思いつきホロスコープ診断4

書き途中です。
以前に診断したものとはだいぶ違うものになりそうです(汗)。

2008/08/24 15:36 参照数93

鳥羽院のホロスコープを診てみます。

康和五年一月十六日 子三点の刻 京都生まれ
西暦にすると1103年2月24日 0時30分頃 

〈ユリウス暦で診た改訂後〉
魚座の太陽。

乙女座の月。

太陽と月がオポジション(180度)。

これに土星がそれぞれスクエア(90度)で、T-スクエア。

水星と木星がオポジション(180度)。

これに天王星が加わってメディエイション(調停)。

活動宮が冥王星が一つだけと、少ない。

〈改定前〉
ASC付近に土星があります。
試練や障害に遭いやすく、それらを乗り越え成長することがこの方の人生のテーマです。人生の初期において特にこの傾向が見られます。忍耐力に長けた、努力型の人です。

太陽と水星が魚座、第4室で合。
太陽と水星の合は自己表現力に富む反面、何事も大胆に断言したがる傾向のあることを示します。知的・合理的な精神の持ち主です。
これらが第4室にありますから、知性に恵まれ、家督の相続人として一家の中心的存在になることを示します。成長期には両親との関係が順調でなく、若年期に多くの志望を持ちますが、現実の社会生活には挫折しやすいでしょう。
魚座の太陽。奉仕精神に富み、いかなる環境や立場にも素直に馴染める順応性の持ち主です。ただ、意志薄弱で利用されやすいのが欠点です。

これに土星が射手座でスクエア。
家督相続や晩年期において不運や障害に遭いやすいことを表します。
年齢とともに威厳と人格的な深みが加わります。

月が双子座、第7室に入室。
陽気な人柄で、機知に富みます。
密接な対人関係を持ちやすいことを表します。結婚は情緒生活の中心にあり、最大の幸福の源であると同時に最大の悲しみの源ともなるでしょう。

月と木星が不調和。
不用意に物事を楽観視する傾向があり、それ以上に無頓着でともすると凡庸です。不誠実な友人のために損失を被りやすい。男性は妻や母親との関係に円滑さを欠きがちです。

月が海王星と冥王星とで調和。
自身の感情や対人関係が、理想と権力を追求する上で有利に働きます。
月と海王星の調和は同情心が強く、慈善活動に関心のあることを示します。大きな名声を得る反面、自己陶酔的な面があり、非現実的な望みを持ちやすいでしょう。
月と冥王星の調和は、多情多感で爆発的な気質の持ち主とはいえ、気位が高く自分で感情をコントロール出来ることを表します。環境を支配する能力とともに、人間関係を政治的に利用する特殊な能力を持ちます。

火星と金星が不調和
好色、多情な性質を持ちます。暴力的な素質とともに愛する者と争う性質があり、無分別な恋愛事件が多いでしょう。

金星と天王星が調和
変わった恋愛観の持ち主で、奇妙だが幸福な恋愛エピソードを多く持つでしょう。共同生活に調和する性質とともに、人間関係を機敏に調整する能力があります。


「奇妙だが幸福な恋愛エピソードを多く持つ」がツボ三院御幸のことが思い出されます。あの頃って、鳥羽院にとってはけっこう幸福な時期だったんじゃないかと思う。院政を行うのって自分の思い通りにはなるけど、大変で苦労も多いし。
他の事は全て自分の思い通りになっても、肉体的には璋子を満足させられない白河院。白河院の専横で自身の権限はほとんどないけれど、璋子の夫であり、彼女を独占している状態の鳥羽院。三人の関係を天然で調整する待賢門院璋子。鳥羽院が順応性に富んでいたことも、この関係が成り立っていたことの一要因かも。白河院が崩御したことでこの均衡は崩れてしまうのだけれど、鳥羽院の優越感は大きかったんだろうなぁ。

「環境を支配する能力とともに、人間関係を政治的に利用する特殊な能力を持つ」月と冥王星の調和座相は、白河院にもありましたね。院政期は白河院・鳥羽院の長寿と、私的な人間関係を‘院近臣,という形で政治的に上手く利用したこととで成立したんでしょうね。

この人、晩年にはすごい投げ出しちゃった感があるのよね。信用していた年長の前関白には皇子を呪詛したって噂が立ってるし、マイ・フェア・レディだったはずの皇后はいけすかない関白と組んでぎゃあぎゃあ言って来るしで、「俺はもう疲れた。もうお前らの勝手にしろよ。どうにでもなれ」みたいな。愛児には先立たれるし、疑心暗鬼にはかられるしで、最晩年はけっこう不幸かも(-.-)。美福門院との関係も最初は楽しかったかもしれないけれど、だんだん‘若い後妻に好き勝手されちゃってる老いた夫,みたいな風情が漂ってるし。性格的にも利用されやすいところがあったのかもね。



歴史上の人物のホロスコープ診断、どうせなら藤原頼長とか藤原能信とかアクの強い人物のをやりたいなぁ。頼長は冥王星(権威欲と破滅性)、能信は天王星(革新性とエキセントリックさ)が強く影響していると予想。誕生日がわからないのがとっても残念。
なか②ステキだったのは禎子内親王。女王様のホロスコープっぽかった(笑)。出生時刻を調べてからやります。どっかに記載されているといいんだけどな。

   参考文献
岡本翔子 心理占星学入門 2000 扶桑社
石川源晃 1992 [演習]占星学入門 平河出版社
石川源晃 1991 [実習]占星学入門 平河出版社
流智明 1986 占星学教本 JICC出版局
ルル・ラブア 2005 占星学 実業之日本社
スポンサーサイト



プロフィール

ゆきめ

Author:ゆきめ
ブログタイトル:しおんのいだしぎぬ。

日々のこと、趣味について語りたいと思います。
心理学、西洋占星術、歴史(主に院政期)など。
よろしければおつきあいくださいませ☆

2012年11月6日ウェブリブログから移行しました。記事の上にある参照数とブログ気持ち玉はウェブリブログのときのものをそのまま載せたものです。

公募小説の投稿などは「遠野紗雪」という名前を使っています。
note、「小説家になろう」サイトにも投稿しています。

このブログ内の文章の無断転載等はおやめ下さい。

コメント本文にURLを記載したい場合は、URLかメールアドレスのところにでも張って、その旨をお書きください(スパムコメント防止のため)。
お手数おかけしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター