FC2ブログ
2014-10-16

「師長と公継3」

「ときどき不思議に感じることがあります」
つかの間、公継の表情があどけないものになる。
「なんのことかね?」
「お師匠様は私や孝定さん夫婦にはとても優しいのに、他の者にはそっけないことです」
「そっけない? そうかね。そんなつもりはなかったのだけれどな」
「それに、楽器に対してもとても優しいのに」
「まあ、楽器は私を裏切らないからね」
そう言って師長はくすりと笑った。
そうだ。楽器は裏切らない。
人間はすぐ裏切る。
二度の配流で、私はそれを痛感した。
だから決めたのだ。
自分のことだけを考えることが許されるようになった今は、心許せる者だけを傍近くに置こうと。
「私語はここまでだ。さあ、特訓を開始するよ」
「はい」
公継はまた真剣な表情になった。


明けて建久一年(1190年)、十月二十六日。
とうとうこの日がやって来た。
公継が初めて京官除目の執筆を勤める日である。
公継は数え年で十六歳。
三か月前に参議になったばかりであった。

除目の執筆は見事なものであった。
礼儀に叶い、動作もきびきびとしていてそつがない。
字もきれいだ。
九条兼実殿でさえも、感心したように低く唸っている。

除目執筆が終わると、実定は泣いていた。
その様子を見て、
「私も跡を伝えるべき在俗の息子を持てていたらよかったよ」
師長が呟く。
「少なくとも、私がおります。私が伝えます」
公継の目も、言葉も、大変力強いものだった。
「少なくとも、か……」
公継は、あやどのの生んだ赤子の父親が私かもしれないことに気づいているのかもしれない。
聡しい子供だから。
師長はあえて問いただそうとはせず、
「そうだな」
と言うにとどめた。


あやどのの生んだ赤子は幼名を「なま」、元服後の名前を孝時と言い、琵琶西流家を継いだ。

また、孝時の姉・讃岐の局の孫はかの有名な西園寺実兼。
娘を次々と皇家に嫁がせた人物である。
讃岐の局の父親がどちらだったかも、また疑わしい。
仮に師長が父親だったとすれば、師長の血は今も皇家に流れていることになる。

なんにせよ、師長の儀式次第は公継の家系徳大寺家に、楽道は孝時の琵琶西流家に、それぞれ受け継がれていったのである。



*****
自分の妾を下げ渡し(当時的には名誉なことだったのですが)、下げ渡してからも関係を続ける男。
最低ですね(笑)。
いや、関係を続けていたというのはただの私の小説的設定なのですが。
ただ、孝時を師長が溺愛していたのは事実でして、行道の間も抱き歩き、衣をおしっこでぬらされて慌てふためいた、という逸話が文机談に残っています。

文机談全注釈文机談全注釈
(2007/11)
岩佐 美代子

商品詳細を見る

可愛いv(←50近いおじいさんのことを可愛いというのはいかがなものか。でも私、師長好きなんですよ~)
文机談には師長の黒い側面も載っており(若い時分の話ですが)、一筋縄ではいかない人物だったようなのですが、またそれもよい。
というかそういう人物でなければあの混乱の時代を生き抜けませんって(^_^;)。

師長の息子たちが清盛の起こしたクーデターの際に皆出家したというのは元木泰雄先生の「保元・平治の乱」の127頁に書かれているのですが、どの日記のどこに書かれているかは不明です。
詳細を知りたいんだけどな。

保元・平治の乱 平清盛 勝利への道 (角川ソフィア文庫)保元・平治の乱 平清盛 勝利への道 (角川ソフィア文庫)
(2014/02/20)
元木 泰雄

商品詳細を見る


子供の数は少なくないのですが、子孫が続いているかは不明な人物でしてね。
辿っていくと途中でぷつりと消えてしまうという。
娘にしても、その娘が子供を産んでいるかまではわからなくて。
師長、引いては頼長の血脈が、後世に残っていないというのが残念なのですよ。
それで落胤説をとってしまったというのもあります。
単にその方が面白いからというのもありますが。
まあ妙音院師長は「家」は残せなかったけれど、「血」自体は庶民の誰かに受け継がれている気がしてます。
配所で子供作ってるかもしれないしね(笑)。

師長のことはこのブログでもちょこちょこ書いてます。
気になった方はホームで検索していただければ。
また、師長と孝時については以前小説を書きました。
よければこちらもご覧ください♪
http://shionnoidashiginu.blog.fc2.com/blog-entry-35.html
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆきめ

Author:ゆきめ
ブログタイトル:しおんのいだしぎぬ。

日々のこと、趣味について語りたいと思います。
心理学、西洋占星術、歴史(主に院政期)など。
よろしければおつきあいくださいませ☆

2012年11月6日ウェブリブログから移行しました。記事の上にある参照数とブログ気持ち玉はウェブリブログのときのものをそのまま載せたものです。

公募小説の投稿などは「遠野紗雪」という名前を使っています。
note、「小説家になろう」サイトにも投稿しています。

このブログ内の文章の無断転載等はおやめ下さい。

コメント本文にURLを記載したい場合は、URLかメールアドレスのところにでも張って、その旨をお書きください(スパムコメント防止のため)。
お手数おかけしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター