FC2ブログ
2019-06-04

氷の調べ4

その日の深更、茅子は久しぶりに琵琶を奏でた。荒々しい弾き方だ。 気が立っているのかもしれない。
(穏子さまの実の兄への恋慕は、穏子さまの欠点ということになろう。お伝えすれば、右大臣さまはお喜びになるに違いない。でも……)
 茅子は迷っていた。
(穏子さまの、あの痛々しい表情。今まで自分に見せていた、曇り気の全くない笑顔とは対照的な……。そうあんな笑顔、私は向けられたことがなかった。笑顔だけじゃない。右大臣家の人々からは優しくしてもらったことさえ、なかった。両親以外の人に、こんなに良くしてもらったのは初めてだわ。それなのに、私はその穏子さまを裏切るの? そんなことをして、許されるの?)
 自問自答を繰り返しながら、茅子は琵琶を奏でる。すると、どこからか琵琶の音がした。茅子の音色に折り重なるように、その琵琶は音を奏でる。きらきらしい音色。それでいてどっしりとした、全てを受け止めてくれるような、重々しい音調。
(この音は、以前私に合わせて弾いてくれた、あの琵琶だわ)
 その琵琶は優しく、いたわるように茅子の音との距離を詰める。茅子の荒い弾き方を諭すかのように。
(暖かいなにかで、包み込まれているような心地。どこか懐かしいような……)
 茅子は演奏を続けた。演奏が終わる頃には、茅子の荒んだ気持ちはだいぶ和らいでいた。
(ありがとう。お礼を言うのは、これで二度目ね)
 茅子は琵琶の主に小さく礼をして、琵琶を引っ込めた。

 茅子はそれからも、深更になってから琵琶を弾いた。するとあのときの琵琶が、茅子に合わせて音を奏でてくれた。茅子にはそれがうれしかった。
(この邸の人間という他は、名前もなにもわからない琵琶の使い手。でも、この琵琶の使い手だけには、私は全てを委ねられる気がする。それはなんと、幸せなことだろう)
 茅子が弦を小さく弾く。琵琶の使い手が些細な失敗をしたので、それを咎めたのだ。琵琶の使い手は、それに反応して、少し大きな音を出す。失敗を、ごまかすかのように。それがおかしくて、茅子は少し笑ってしまった。
 合奏をしている間は、茅子は右大臣のことも、穏子のことも忘れることが出来た。
 茅子は右大臣にまだ穏子のことを報告していなかった。あたりさわりのない文を送って、のらりくらりと追求をかわしていたのだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆきめ

Author:ゆきめ
ブログタイトル:しおんのいだしぎぬ。

日々のこと、趣味について語りたいと思います。
心理学、西洋占星術、歴史(主に院政期)など。
よろしければおつきあいくださいませ☆

2012年11月6日ウェブリブログから移行しました。記事の上にある参照数とブログ気持ち玉はウェブリブログのときのものをそのまま載せたものです。

公募小説の投稿などは「遠野紗雪」という名前を使っています。
note、「小説家になろう」サイトにも投稿しています。

このブログ内の文章の無断転載等はおやめ下さい。

コメント本文にURLを記載したい場合は、URLかメールアドレスのところにでも張って、その旨をお書きください(スパムコメント防止のため)。
お手数おかけしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター